【海外旅行】ハーツのレンタカーなら国際免許が不要になるサービス

【海外旅行】ハーツのレンタカーなら国際免許が不要になるサービス

すべての国ではないですが、ハーツのHDLTというサービスを使うと国際免許をもらいに行かなくてもレンタカーを借りてドライブできます。

いままでは、日本国内で免許センターに行って2000円ぐらい払って国際免許を発行してもらってましたが、HERTSのHDLTを使えばそれが必要なくなるそうです。

これは神サービスですね。

以下↓↓https://www.hertz-japan.com/rentacar/productservice/index.jsp?targetPage=HDLT.jsp&POS=JP&lang=jaより抜粋

 

 

ハーツ運転免許証翻訳フォーム(HDLT)

Hertz Drivers License Translation Application Form


 

発行手数料無料でオンライン発行が可能!

 

ハーツレンタカーをより便利にご利用いただくために、運転免許証翻訳フォーム(HDLT)をご自身で発行していただける

オンラインサービスです。

このフォームは、下表のハーツレンタカー営業所で、お借り出し手続きの際にご提示いただければ、

国際運転免許証の携行は不要になります。

このフォームと日本の有効な運転免許証で運転することは合法的なことであり、

お客様には安心してご利用いただけます。

 

 

国際運転免許証と運転免許証翻訳フォーム(HDLT)の比較

  国際運転免許証 HDLT
取得方法 免許センターへ行き、

即日交付

オンライン上で印刷
有効期間 発行日より1年間 発行日より90日間
有効な国 ジュネーブ条約加盟国

(約90ヶ国)

アメリカ、カナダ、イギリス、アイルランド、フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、ベルギー、オランダ、ルクセンブルク、フィンランド、スイス、オーストラリア
発行手数料 東京都の場合 2,350円 無料
    (2019年4月現在)

 

 

・ 運転免許証翻訳フォーム(HDLT)と日本の運転免許証をあわせて携行してください。

・ このサービスは有効な日本の運転免許証をお持ちの方に限らせていただきます。

・ アメリカ・ジョージア州での貸し出し・運転に、運転免許証翻訳フォーム(HDLT)は

ご利用いただけません。国際運転免許証をご利用ください。

・ ハワイ・グアム・サイパンでは日本の運転免許証のみでご利用いただけます。

・ 上記、対象国以外ではご利用いただけません。

・ 原則、国境を越えてご利用いただくことはできません。ただし、上記対象国において

陸続きの隣国間を走行する場合にはご利用可能です。

・ このフォームは普通免許のみに対応しています。大型免許をご利用になる際は

国際運転免許証をご利用ください。

・ システム障害やメンテナンスによりご利用いただけなくなる場合があります。

日にちに余裕を持って発行されることをお勧めします。

・ 20歳未満の方は、運転免許証翻訳フォーム(HDLT)をご利用いただけません。

国際運転免許証をご利用ください。

お申込み手順

1.アップロード用運転免許証画像の準備

運転免許証に記載されている全ての文字および写真が鮮明な画像を

表面と裏面の2ファイルご準備ください。

2.画像ファイルのパソコンへの取り込み

準備した画像をパソコンに取り込み保存してください。

3.画像アップロードと運転免許証情報の入力

・下記のサイトにアクセスして画像のアップロードと運転免許証情報を入力してください。

・アップロードする画像は、jpg、jpeg形式に対応しています。(PDFには対応していません

・ アップロードする画像の解像度が高い場合、通信速度によりアップロードできない場合があります。

その際は、画像サイズを小さくしてからアップロードしなおしてください。

・入力完了後、送信ボタンを押してください。

入力フォームはこちら

 

4.運転免許証翻訳フォームの印刷

「送信」ボタンを押した後に表示される画面の内容を確認の上、画面を印刷してください。

・ 運転免許証翻訳フォーム(HDLT)はA4サイズで印刷してください。

・お使いのプリンター、ブラウザの設定によりA4サイズをご指定いただいても用紙が

2枚に分かれてしまう場合があります。

その場合は、1枚目に必要事項が印刷されていることをご確認の上、1枚目を現地にお持ちください。

5.現地カウンターにて提示

アメリカ本土でのレンタル契約の際に、下記書類をご提示ください。

・ 印刷した運転免許証翻訳フォーム(HDLT)、

・ 日本の運転免許証、

・ パスポート、

・ その他の必要書類(コンファメーションスリップやプリペイドバウチャー)

 

 

【 ご注意 】 

運転免許証翻訳フォーム(HDLT)フォームについて

・ 契約の際は必ず日本の運転免許証、パスポートと運転免許証翻訳フォーム(HDLT)を一緒にご提示くだ

さい。運転免許証翻訳フォーム(HDLT)は法的文書ではなく、日本の運転免許証の代わりにはなりません。

・ 運転免許証翻訳フォーム(HDLT)は法的な身分証明書ではありません。

パスポートおよび日本の運転免許証を携帯してください。

・ 運転免許証翻訳フォーム(HDLT)を所持していても、事故、違反などの際に警察の聴取、身元確認の

ため、相当期間拘束されることがあります。

・ 運転免許証翻訳フォーム(HDLT)は発効日から90日間有効です。

但し、日本の運転免許証に記載された有効日までとします。

・運転免許証翻訳フォームは、日本の運転免許証の記載事項の真否を立証するものではありません。

不正確な記載や虚偽の記載がある場合、ハーツ・アジア・パシフィック株式会社では何らの責任も負いません。

 

 

 

運転免許証翻訳フォーム(HDLT)のお問い合わせ

予約センター 0120-489 882 (9:00~18:00 土日祝、年末年始を除く)

++++++++++

感想

これはこれですばらしいです。

ただし、紙に印刷しないといけないのがめんどくさい。

一歩進んで、スマホの画面で見せるだけにしてもらいたい。

それとこれは世界的になんとかしてもらいたいのは、日本の免許証だけで世界中どこでも運転できるようにしてもらいたい。裏面を英語にするとかして世界対応免許にすればいいのに。

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。