【ドローン】海外の規制 国別リスト 2020年6月ver

【ドローン】海外の規制 国別リスト 2020年6月ver

随時更新しています。

 

区分 ドローンについて 調査日 参考URL
スイス 特別に許可を取らずともドローンを何処でも自由に飛ばすことが可能、25人以上が集まる場所の上空での飛行禁止や、航空法における0.5KG~30kgモデルのドローン飛行の規制(2019.3スイス政府は登録制を検討している) 2019.3 https://viva-drone.com/drone-switzerland-regulation/
ニュージーランド 土地の所有者に許可を得る、その他場所により規制あり。 2019.8 https://nzlife.net/archives/18578
フィリピン 趣味飛行の際には登録等必要なし 2019.03 https://drone.bar/dronelaws/philippines/
オーストラリア レクリエーション目的のドローン飛行について、ライセンスや飛行許可の取得は必要ありません。詳細は参考URL https://dronebangkok.live/2018/06/11/australia-drone-laws/
アメリカ 250gを超える機体はFAA(アメリカ連邦航空局、日本でいう国土交通省)に登録し、IDを貼りつけなければならない。ID5ドルで3年間有効。FAAのサイトで登録できる。 2020.6 https://faadronezone.faa.gov/#/login
イギリス 仕事として飛ばす場合、必ずCAAの許可をとること、高さ400フィート(約122m)未満、人や建物から150フィート(約50m)以上離れて飛ばすこと 2018.08 https://drone-nest.com/dronemeister/2503/
イタリア すべてのUAV/ドローン操縦者はUAV操縦のための資格を有する必要がある。 2016.08 https://dronebangkok.live/2016/08/05/drone-regulation-italia/
オーストリア 許可制 2020.6 http://wien.cocolog-nifty.com/operette/2017/11/post-a33d.html
カナダ ドローンの登録や、事前にオンライン上での試験合格が必要 2019.06 https://drone.bar/dronelaws/canada/
タヒチ 規制不明。空港の近くは禁止。モーレア、ボラボラ、ライテアワなど。 https://chipacopter.com/drone-tahiti/
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。