【瀬織津姫】浄化と癒やしの時代へ

【瀬織津姫】浄化と癒やしの時代へ

神は認識するものの意識の振動数に応じて形態や名前がさまざまに変化する。

罔象女神 (みつはのめのかみ)

『古事記』では弥都波能売神(みづはのめのかみ)、『日本書紀』では罔象女神(みつはのめのかみ)と表記する。 神社の祭神としては水波能売命などとも表記される。 淤加美神とともに、日本における代表的な水の神(水神)である。

丹生川上神社(奈良県吉野郡)などで淤加美神とともに祀られているほか、各地の神社で配祀神として祀られている。大滝神社(福井県越前市)摂社・岡田神社では、ミヅハノメが村人に紙漉を教えたという伝説が伝わっている。

 

淤加美神 (おかみのかみ)

淤加美神(おかみのかみ)、または龗神(おかみのかみ)は、日本神話に登場する神である。
『古事記』では淤加美神、『日本書紀』では龗神と表記する。

龗(おかみ)は龍の古語であり、龍は水や雨を司る神として信仰されていた。

高龗神は貴船神社(京都市)の祭神である。
闇淤加美神として祀られることもある。

「闇」は谷間を、「高」は山の上を指す言葉である。

先の貴船神社のほか、丹生川上神社(奈良県吉野郡)では罔象女神とともに祀られており、また、全国に「意加美神社」などと称する神社がある。

天之水分神 (あめのみくまりのかみ)・国之水分神 (くにのみくまりのかみ)

水分神(みくまりのかみ)は、水の分配を司る神である。「くまり」は「配り(くばり)」の意で、水源地や水路の分水点などに祀られる。
日本神話では、神産みの段でハヤアキツヒコ・ハヤアキツヒメ両神の子として天水分神(あめのみくまりのかみ)・国水分神(くにのみくまりのかみ)が登場する。
水にかかわる神ということで祈雨の対象ともされ、また、田の神や、水源地に祀られるものは山の神とも結びついた。後に、「みくまり」が「みこもり(御子守)」と解され、子供の守護神、子授け・安産の神としても信仰されるようになった。

天之は天界、国之は地上界。

天之久比奢母智神 (あめのくひざもちのかみ)・国之久比奢母智神 (くにのくひざもちのかみ)

 

「久比奢母智(くひざもち)」の名義は「くみ(汲)ひさご(瓠)もち(持)」
ヒサゴは水を汲む器。

天之は天界、国之は地上界。

 

これらはすべて瀬織津姫の化身。シリウスのソティスでもあります。

瀬織津姫など水の神の地上での化身、使いは龍や蛇になります。

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。