【鹿の子百合】カノコユリ 

【鹿の子百合】カノコユリ 

 

カノコユリ(鹿の子百合、学名: Lilium speciosum)ユリ科ユリ属の多年草[2]。別名、ドヨウユリ(土用百合)、タナバタユリ(七夕百合)。

分布は、九州(主に薩摩半島から長崎県沿岸)や四国(愛媛県や徳島県の山間部)、台湾北部、中国・江西省に自生しており、九州でもっとも自生密度が高いのが甑島列島である[3]。草丈は1〜1.5m、花期は7〜9月。約10cmの花が美しく、昔から観賞用に栽培もされている。和名は花弁に鹿の子模様の斑点があることから。
江戸時代にはフィリップ・フランツ・フォン・シーボルトがカノコユリの球根を日本から持ち出し、初めてヨーロッパで知られるようになった日本のユリとされる[3]

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。