【アルコールと高血圧】2週間の禁酒で血圧は下がる

【アルコールと高血圧】2週間の禁酒で血圧は下がる

アルコール飲料の種類を問わず,アルコール摂取量が増えると血圧値は高くなり,高血圧の有病率が高くなる.

わが国の男性高血圧患者の35%程度はアルコールによる高血圧である.

アルコールによって高くなった血圧値は,節酒により1,2 週間程度で低下する.

節酒による血圧低下は,高血圧で服薬している人にも服薬していない人にも,ほぼ同等に生じる.

アルコールによる血圧上昇の機序には神経系への作用,血管内皮への作用,レニン-アンジオテンシン系への作用,副腎への作用,カルシウム代謝への影響などが関与していると考えられている.

アルコール23 g(ビール中瓶1 本,あるいは日本酒1 合程度)の節酒により,収縮期血圧は4~5 mmHg 程度低下する.

飲酒量が増えるほど脳卒中・心筋梗塞発症率は上昇するが,心筋梗塞に関しては脳卒中とはすこし異なり,飲まない人のほうが少量飲む人よりもやや発症率が高くなる.

この結果より,少量の飲酒が心筋梗塞を予防すると解するかどうかは,今後さらなる研究が必要である.

 

出典: 医学のあゆみ Volume 254, Issue 10, 919 – 923 (2015)
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。