【四国八十八ケ所巡り】57番 栄福寺 (愛媛県今治市)

【四国八十八ケ所巡り】57番 栄福寺 (愛媛県今治市)

 

栄福寺(えいふくじ)は、愛媛県今治市玉川町にある高野山真言宗の寺院。本尊は阿弥陀如来四国八十八箇所第57番札所。

本尊真言:おん あみりた ていせい からうん

ご詠歌:この世には弓矢を守る八幡(やはた)なり 来世は人を救う弥陀仏(みだぶつ)

寺伝によれば、弘仁年間(810年824年)巡錫に来た空海(弘法大師)が、嵯峨天皇勅願により、瀬戸内海の風波海難の平易を祈って府頭山々頂で護摩供を修し、その満願の日に海はおさまり海上に阿弥陀如来が影向した。その尊像を山頂に引き上げ堂宇を建て本尊として開基したと云われている。その後、貞観元年(859年)大和・大安寺の行教上人が宇佐八幡から京都山城に分社の男山八幡(石清水八幡宮)を創建するため近海を航行中暴風雨に遭いこの地に漂着した。上人は府頭山の山容が山城の男山に似ており、しかも阿弥陀如来は八幡菩薩の本地仏であることから、この山頂の境内に八幡明神を勧請し神仏習合の「勝岡八幡宮」を創建した[1]

境内

  • 本堂:本尊阿弥陀如来坐像は秘仏。現住職が本堂で婚礼を挙げた時に開帳された。
  • 大師堂:大師像を拝顔できる。
  • 薬師堂:薬師如来半跏像を拝顔できる。
  • 金毘羅
  • 鐘楼
  • 句碑:弘法子[3]「四国路は遍路道より明けの春」が手水舎の横にある。

八幡宮への西からの上り口付近から右に入って行く。山門はなく右手に鐘楼があって、折り返し参道奥に本堂がある。本堂右手前に大師堂、その右に薬師堂、金毘羅堂、庫裏・納経所がある。

交通案内

鉄道
バス
  • 今治桟橋、今治駅よりせとうちバス 松山市駅行き、木地口・葛谷行き、鈍川経由神子森行き「大須木」下車
  • 松山市駅よりせとうちバス今治、大三島ゆき特急バス「大須木」下車
  • バス停より1.4km
道路

前後の札所

四国八十八箇所
56 泰山寺 (3.1km)57 栄福寺 (2.4km)— 58 仙遊寺

 

2014年3月の訪問

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。