紅葉した葉っぱを食べる!? 活性酸素を抑える食材と料理

紅葉した葉っぱを食べる!? 活性酸素を抑える食材と料理

2018年10月19日 オフ 投稿者: mofmofP

紅葉はスーパーフードとして注目を集めており、最近では紅葉サイダーや紅葉茶・紅葉ラテアイスといった商品が販売されています。香りはシソのようで、ローズヒップやベリーを思わせる上品な酸味が特徴的なんだとか。

【紅葉に含まれる栄養成分・期待できる効果】

<ポリフェノール(アントシアニン)> 紅葉にはポリフェノールの一種である抗酸化成分「アントシアニン」が豊富に含まれており、活性酸素の発生を抑制しながら若々しい肌・身体を維持する効果が期待できます。

また、アントシアニンを摂取することで血糖値の上昇が穏やかになり太りにくくなります。 アントシアニンは熱に強いので天ぷらなどの揚げ物料理に応用すると良いでしょう。ビタミンCと一緒に食べると相乗効果が期待できるので、是非レモンを絞って食べることをおすすめします。

活性酸素、酸化ストレスに直接アプローチ「戸隠の電子水」

電子水電子水

 

アンチエイジング効果の高い「紫色」食材

紫色の食材に含まれる「アントシアニン」のアンチエイジング効果に期待!

紫色の食材に含まれる、ポリフェノールの一種である「アントシアニン」は高い抗酸化作用があると言われてます。これには、老化や病気、疲労の原因となる活性酸素の除去に効果を発揮するファイトケミカルが多く含まれており、悪玉コレステロールの酸化を抑えてくれる効果が期待できます。この抗酸化作用がダイエットや美容、健康のために欠かせない働きをするのです。 「アントシアニン」の強い抗酸化作用により、活性酸素を体内に溜めず、健康的な痩せ体質づくりに役立ち、血行促進も期待ができます。ダイエット面では、血行促進は痩せやすい体づくりには欠かすことができません。血行を促進して体を内側から温めることにより、痩せるだけでなく、冷えやむくみ、疲労回復、自律神経を整える、肝機能の補助するなど、その他の嬉しい効果も期待できるのです。 そして、抗酸化作用は老化の進行を止めてくれる役割があり、免疫力のアップから女性には嬉しいアンチエイジングの効果が期待できます。美肌効果、シミやしわなども改善にも良いと言われています。

なす料理がおすすめ

「アントシアニン」は、熱に非常に強い成分で、加熱調理しても成分の質が変わらず、効能はそのまま残ります。しかし、水に溶けやすいので、煮物料理や水にさらすことは避けるようにしましょう。これらの食材の色を楽しみたいなら、さっと茹でる、炒める程度がオススメです。また、酸性のものと合わせると赤色になり、安定する性質があります。酢やレモン汁で色どめして調理したり、マリネにしたりするのがオススメです。

秋サケと野菜のみそバター蒸し

サケは良質なたんぱく質を含む食材で、血液をサラサラにする効果があるといわれるEPAや、脳細胞を活性化するといわれ ているDHAといった脂肪酸を豊富に含んでいます。さらに、血液を作るときに必要となるビタミンB6、ビタミンB12、カルシウムの吸収に必要なビタミン Dなど、ビタミン類も多い優秀食材です。

 また、サケの赤い色は、「アスタキサンチン」という抗酸化物質で、活性酸素を除去する効果が期待されています。運動量が多くなると大量の酸素を取り込み、体内での活性酸素の発生も多くなるといわれているので、このような酸化を防ぐ食材を意識的に取りましょう。

参考

https://news.nicovideo.jp/watch/nw3994964

https://news.nicovideo.jp/watch/nw4041064

https://news.nicovideo.jp/watch/nw3994964

 

 

活性酸素、酸化ストレスに直接アプローチ「戸隠の電子水」

電子水電子水