インフルエンザのワクチン、副作用について報告されている

インフルエンザのワクチン、副作用について報告されている

インフルエンザのワクチン

するかしなかは個人の自由なんですが

強制的にやらされている風潮もあるようで、

AKBグループのメンバーも強制的にインフルエンザのワクチンを接種させられているのか

泣きながら注射しているようすが報道されたりしていました。。

打つ自由があるなら、打たない自由も保障されるべきだと思いますが。

さてインフルエンザのワクチンについて

あまり日本では報道されていませんが

ワクチンの副作用はあります。

こちら

全日本民主医療機関連合会

【新連載】54.ワクチンの副作用

 

 

副作用が、顕在化して発病に至るかどうかは、本人の体調次第というところでしょうか。

 

以下のような副作用の情報もあるのでお知らせします。

+++

【関連URL】

https://nypost.com/2018/11/23/new-york-state-senator-jose-peraltas-cause-of-death-revealed/

 

+++

以下、http://wonderful-ww.jugem.jp/?eid=2014

より引用です。

 

ワクチン推進派議員、インフルワクチン後に死亡(米)

ニューヨーク州の上院議員、ホセ・ペラルタ氏は、熱心なインフルエンザワクチンの推進者。自分のツイッターでもしきりと接種を勧めていた人です。その彼は突然の発病でエルムハースト病院に入院しましたが、2週間後には手の施しようがなく、死亡に至りました。まだ47歳でした。本人はインフルエンザワクチンを受けてから具合が悪くなったと述べていたとのことです。

 

「インフルエンザと戦うためにあらゆることをすべきだ」と力説し、医薬産業界とも協力してきた議員の死因は、インフルエンザではなく、「敗血症性ショック」でした。
敗血症(SEPSIS)は、グラム陰性桿菌などの「細菌感染」により、突然の発熱、頻脈、血圧低下、意識の低下、呼吸困難などの症状が出ます。

議員の妻の証言によると、「病院にかかるまで、彼は一週間ほど耳の圧迫と頭痛を訴えていたが、病院では物を言うことも大変で、後は悪化する一方だった。
本人はフルショットに関係する症状だと考えていた」
「彼の体そのものが毒物になっていた」
「彼は本当に健康な人だった。あの年齢でこんなに早く死ぬなんて…」

敗血症になると全身の血液循環が阻害されるため、各機関に血液が流れなくなります。その影響を最も強く受けるのが脳で、血流が絶たれることにより意識が混濁し、言葉が出なくなるなどの重大な症状にいたります。それがさらに他の器官に及ぶと、全身の臓器がはたらかなくない。多臓器不全として死に至るわけです。

一方、この敗血症と似た病態に、「全身性炎症反応症候群(SIRS,systemic inflammatory response syndrome)」があり、これは感染の要素はないが、何らかの原因で免疫細胞が大量の炎症性サイトカインを血液中に放出することによる急性炎症です。
ところで、ワクチンを接種すると、「免疫細胞が大量の炎症性サイトカインを放出する(=免疫反応が高まる)」ことはよく知られています。

この議員の死亡とワクチンの関係はまだ裏付けられていませんが、インフルエンザワクチンは一般的な副作用だけでなく、ギラン・バレー症候群や呼吸困難など強いアレルギー症状を起こすのも事実、そして多数の死者を出しているのも事実。予防接種は健康を守るどころか、重大な健康被害を招く側面もあることを忘れないようにしたいものです。

2018,12,13

http://wonderful-ww.jugem.jp/?eid=2014

https://nypost.com/2018/11/23/new-york-state-senator-jose-peraltas-cause-of-death-revealed/

Queens state Sen. Jose Peralta suffered sudden septic shock, his despondent widow told The Post Friday of the lawmaker’s tragic, Thanksgiving eve death.

“All they said is that he was septic,” Evelyn Peralta said Friday afternoon, after meeting with officials with the city Medical Examiner’s office.

“And that led to organ failure,” she said of her 47-year-old husband, the state Senate’s first Dominican-American member.

“They need to do additional tests,” she said. “There is no final conclusion yet. They don’t know” what caused the fatal blood infection, she said.

“His body was poisoning itself.”

She added, tearfully, “I just came back from viewing the body. The doctor said it’s rare, [given] his age and that it happened so quick … he was healthy. He was a healthy guy.”

The senator, who represented a Queens district that included Corona, Elmhurst, Jackson Heights and Woodside, had complained of pressure in his head and shortness of breath before developing a fever on Tuesday, the widow had said.

A doctor “didn’t find anything” at the time. But by Wednesday, he was having trouble breathing and when he became incoherent, she rushed him to Elmhurst Hospital.

Now, she said, she is making funeral arrangements.

“Just please write something nice,” she said, her voice breaking. “He was a nice person.”

The Peraltas have a 13-year-old son, Myles; he also had a son Matthew, 21.

The Democrat served for eight years in the state Assembly, then took his seat in the Senate in 2010. He had been defeated in this year’s primaries.

Tributes have been pouring in on social media, with colleagues describing him as a tireless advocate for the people of Queens.

Sepsis is often caused by the immune system overreacting to an infection; releasing chemicals into the blood that trigger widespread inflammation.

In extreme circumstances, the inflammation can lead to organ damage and failure, a dangerous condition called “septic shock.”