就職をめぐる親と子の対立、親の意見に説得力があるかどうか検証する方法

就職をめぐる親と子の対立、親の意見に説得力があるかどうか検証する方法

こどもが「○○をやりたい」というとき

よく反対する親がいます。自分が経験したことのない世界は怖いからやりたくないという古い固定概念で生きているタイプです。

子供と親の意見が対立するとき、

親の反対意見に説得力があるかどうかは、2パターンがあります

  1. 親がその道の先生や先輩、経験者である場合

説得力はあります。

親は経験者でありその道のスキルをもち、こどもの技術や素質をみる能力をもっています。

そのような親の意見は説得力があるので、子供としてはその意見を尊重し、意見のなかから自分にとって役にたつことを選んで自分のものとして吸収すれば、自分のやりたい道に進む近道になります。

2. 親がその道の経験をしたことがない場合

親の意見には説得力がありません。

自分でやったことがない人の意見は、妄想ぐらいの価値しかありません。

その程度の意見よりはGoogleで検索して調べた方がずっと役に立つ情報が集まります。

++++++++++++

どんな道であれ、成功している親なら、なにもいわなくても結果が語ります。

こどもたちはその背中をみて

「わたしもそうなりたい」「わたしもそういう仕事をしてみたい」

と思うでしょう。

そうでなく、親とはちがうことをやりたいという子供は、親を超えて大きな成功をする可能性が高いのです。

経験したことがない世界に挑戦したいという子供がいたら誇りに思うべきでしょう。

親としてできなかった世界に向かう子供を頼もしいと思い応援するのが親の誇りでもあります。

こどもが親を超えることで人類のレベルがあがっていくのです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。