ワクチンを打つのは本人の自由意志に任せるべきでしょう,AKB48,STU48,HKT48,NMB48

ワクチンを打つのは本人の自由意志に任せるべきでしょう,AKB48,STU48,HKT48,NMB48

良いと思って行うことも時には大きなお世話になることがある。

先月インフルエンザワクチンをAKBグループ全員に強制接種したのだけど

今月になって体調不良で倒れるメンバーが続出。。

メンバー本人は悔しい思いをしているし、ファンにとっては心配事が続いている。

運営側にとっても不本意なことである。

インフルエンザワクチンについては賛否両論あるけど

今回のことで

「インフルエンザワクチンを打てば絶対かからないと言うのは間違い」

ということが証明されたわけだから強制接種する理由がありません。

ワクチン打つかどうかは本人の自由意志にまかせるべきでしょう。

打たなくてもインフルにならない人もたくさんいるのだから

打つことでリスクを高める必要はないでしょう。

リスクというのは副作用のことです。

もしメンバーがこんなことになったらと思うと心配でたまりません。

↓↓↓

全日本民主医療機関連合会【新連載】54.ワクチンの副作用

 

インフルエンザワクチンは要するにウイルスを体内に強制的に打ち込むという野蛮な療法なので、本人の体力が落ちているときに行うとウイルスが増殖して病気になります。

特に多忙なアイドルは普段から激しいライブやレッスンでのパフォーマンスや過密スケジュールで体力が落ちているでしょうから。

そのような状態でウイルスを強制的に体内に入れられたら逆効果。

ウイルスが猛威を振るう。

激しいパフォーマンスで普段から体力の限界まで追い込むことも多いアイドルたち。

そのようなメンバーたちに必要なのは十分な休養と栄養であって、ウイルスは必要ないだろう。

もしワクチンを打つのであれば、打つ前に健康診断をまず行い病気や疲労感、感染症がないことを確認すること。

体力が落ちているメンバーや免疫力が落ちているメンバー(口内炎とか、できもの、炎症などがある場合)には打ってはならない。

打つ前の最低2日は活動は休止して体力温存すること。

打った後は抗体ができるまで2週間かかるので

その2週間は体力を温存するために体力を消耗するダンスや過密スケジュールなどは避けて安静にすごさねばならない。

このような前後の配慮を行うことが必要。

それが無理なら強制的なワクチン接種は避けるべきでしょう。

メンバーがインフルになると、メンバー本人は苦しいし、ファンは推しメンがインフルで倒れると心配でたまらない。

公演や握手会でメンバーに会えることを楽しみにしてるファンには、急な予定変更でスケジュールが台無しになる。平日の公演だと仕事を休んでスケジュール調整している場合も多いだろう。

ワクチン接種するかどうかは本人の自由意志で。

ワクチン打たない自由も保障されるべきだと思います。

+++

インフルエンザのワクチンについて

あまり日本では報道されていませんが

ワクチンの副作用はあります。

こちら

全日本民主医療機関連合会【新連載】54.ワクチンの副作用

+++

ワクチン推進派議員、インフルワクチン後に死亡(米)

ニューヨーク州の上院議員、ホセ・ペラルタ氏は、熱心なインフルエンザワクチンの推進者。自分のツイッターでもしきりと接種を勧めていた人です。そ の彼は突然の発病でエルムハースト病院に入院しましたが、2週間後には手の施しようがなく、死亡に至りました。まだ47歳でした。本人はインフルエンザワ クチンを受けてから具合が悪くなったと述べていたとのことです。

 

https://nypost.com/2018/11/23/new-york-state-senator-jose-peraltas-cause-of-death-revealed/

http://wonderful-ww.jugem.jp/?eid=2014

より

+++++++++++++++++++++++

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。