食事のときはコップ1杯ぐらい水は飲もう

食事のときはコップ1杯ぐらい水は飲もう

 

脱水になってるのに気づかず水を飲まない人が60%

「人間の口渇感は、非常にいい加減なものです。

特に運動の後、脱水になっても、約6割しか飲まないのです。

特に、冷たい水を飲むと、もっと少ない量、1割ぐ らいでも満足してしまいます。

自分が満足しても、水が足りてないんだという気持ちで意識し、

プラス1杯飲むなどの工夫が必要だと思います。」(永島教授)

重要な大原則は、薬のように、時間を決めて飲む

具体的には、3度の食事にコップ1杯くらいずつの水分をとることが必要です。

そして食事と食事の間にも必ず水分補給。

つまり午前中なら10時ごろのお茶の時間

そして午後なら3時ごろのお茶の時間

それで合計5回とることになります。

さらに大切なのは、お風呂の前後、1杯くらいの水分をとること。

そして、夜寝ている間には水分をとれないため、寝る前にコップ1杯、そして起きた時にコップ1杯

こうして1日8回の水分補給を、毎日欠かさずに行います。

大事な原則とは、のどが渇いていなくても時間を決めて飲むこと。
この8回とっていても、それ以外で喉が渇いた時は、もちろんなるべく意識して飲むこと。
こうしてこまめに少しずつ水分を補給することが大切なのです。

メタボ、肥満、糖尿病への対策は十分ですか?