~生き物、動物、植物

1/3ページ
生き物、動物、植物,1日1400kmドライブして走行距離ランキング日本一、2回。 日本の東西南北の端16箇所、鉄道駅1000箇所以上、インターチェンジ1000箇所以上、岬80箇所、神社100箇所以上、ダム50箇所以上、四国八十八ケ所巡礼、47都道府県一周、北海道の道の駅117箇所、現存の天守閣の全12箇所、日本三景、新日本三景、一般道でクマに遭遇。 グランツーリスモ6、グランツーリスモSPORT、完全攻略済み カラオケJOYSOUND某店・平均点月間ランキング1位 以上、達成済み。2019年現在。

【水芭蕉の森】静かでいいところですが、水芭蕉は、まだでした。アヤメが綺麗でした。群馬県、片品村

  • 2020.08.10

ミズバショウ(水芭蕉、学名: Lysichiton camtschatcensis Schott)は、サトイモ科ミズバショウ属の多年草。 湿地に自生し発芽直後の葉間中央から純白の仏炎苞(ぶつえんほう)と呼ばれる苞を開く。これが花に見えるが仏炎苞は葉の変形したものである。仏炎苞の中央にある円柱状の部分が小さな花が多数集まった花序(かじょ)である。開花時期は低地では4月から5月、高地では融雪後の5月か […]

【茶色 キノコ】小籠包みたいなキノコ ハナオチバタケ ハリガネオチバタケ  針金落葉茸

  • 2020.08.08

    小籠包みたいで美味しそうなんだけど。。。 [ハリガネオチバタケ  針金落葉茸 夏〜秋に広葉樹林(稀に針葉樹林)の腐葉上に散生〜群生する。傘は直径5〜30㎜、半球形〜鐘形〜クッション形、中央は盛り上がるものから凹むものまであり、明瞭なひだ状のしわがあり、平滑〜わずかに粗、乾き、無毛、新鮮なときにオレンジ色、古くなると淡褐色に退色する。ひだは直生〜離生、ごく粗、白色〜淡黄色 […]

【白いキノコ】名前不明 Lepiota cristata、でしょうか?

  • 2020.08.07

  Lepiota cristata、でしょうか? 名前、はっきりしませんが。。   傘の中心と縁に茶色い鱗状のものあり。その他はなめらかで白い。 Lepiota cristataは、一般的に臭いダッパーまたは臭いパラソルとして知られていますが、キノコ科のキノコであり、おそらく有毒です。一般的で広範囲に渡る種、レピオタ属で最も広く蔓延している真菌の1つです。ヨーロッパ、北アジア […]

【キノコ】なにこれ? 毒キノコだった(‘O’*)

  • 2020.08.06

  見たこと無いキノコみたら新種発見と思ってしまう笑 こちら↓↓↓これなに?   候補は、ニセクロハツ ニセクロハツ(偽黒初、Russula subnigricans Hongo)はベニタケ目ベニタケ科ベニタケ属クロハツ節の 毒キノコ。 主に夏、富山県から愛知県以西[1]のシイ林などの地上に発生する。傘は灰褐色でスエード状の質感があり、成長すると中央が窪んで浅い漏斗状になる。ひ […]

【オレンジの花】クワンソウ、カンゾウ、ワスレグサ

  • 2020.08.04

ワスレグサ Hemerocallis fulva は、キスゲ亜科の多年草の一種。 広義にはワスレグサ属(別名キスゲ属、ヘメロカリス属)(Hemerocallis)のことを指し、その場合は、ニッコウキスゲ(H. dumortieri var. esculenta)などゼンテイカもユウスゲ(H. Baroni var. vespertina)もワスレグサに含まれる。また長崎の男女群島に自生するトウカン […]

【白い花】タイサンボク Magnolia

  • 2020.07.25

タイサンボク(泰山木、大山木、学名:Magnolia grandiflora)とはモクレン科の常緑高木。 北米中南部原産。花期は5~7月頃。葉の表面には光沢があり、裏面は毛が密生しており錆色に見える。日本では公園樹としてよく植栽される。放置すると樹高20m以上にもなるが、よく分枝して剪定にも耐えるため、庭木として植えるところも多い。 タイサンボクはアメリカ合衆国南部を象徴する花木とされ、ミシシッピ […]

【紫の花】ハナハマサジ

  • 2020.07.21

    ハナハマサジ(学名:Limonium sinuatum、英名:Wavyleaf sea-lavender)は、イソマツ科イソマツ属に属する多年草または一年草で、イソマツ属の中では、最も広く栽培されており、半耐寒性の短命な宿根草である。 高さ45cm程度で、茎は直立し、角張っていて翼があって葉のように見える。葉は槍形で、葉縁はしばしば波打ち、浅く裂ける。花期は夏から初秋。 […]

【白い花】スイカズラ 

  • 2020.07.20

スイカズラ(吸い葛、学名:Lonicera japonica)はスイカズラ科スイカズラ属の常緑つる性木本。別名、ニンドウ(忍冬)やキンギンカ(金銀花)。 和名スイカズラの名は「吸い葛」の意で、細長い花筒の奥に蜜があり、古くは子どもが好んで花を口にくわえて甘い蜜を吸うことが行なわれたことにちなむ[1][2][3]。砂糖の無い頃の日本では、砂糖の代わりとして用いられていた。スイカズラの英名ジャパニーズ […]

【白い花】エゴノキ

  • 2020.07.18

エゴノキ(Styrax japonica)とはエゴノキ科の落葉小高木である。北海道-九州・沖縄まで、日本全国の雑木林に多く見られる。 和名は、果実を口に入れると喉や舌を刺激してえぐい(えごい)ことに由来する[3]。チシャノキ、チサノキなどとも呼ばれ[4]、歌舞伎の演題『伽羅先代萩』に登場するちさの木(萵苣の木)はこれである。 「齊墩果」が漢名とされる場合があるが、これは本来はオリーブの漢名である[ […]

【紫の花】ムラサキツメクサ

  • 2020.07.17

ムラサキツメクサ(紫詰草、Trifolium pratense)はシャジクソウ属の一種である。和名ではアカツメクサとも[1]、あるいは一般に赤クローバーとも呼ばれる。 ヨーロッパ、西アジアおよび北西アフリカ原産であるが、世界中に移入されている。以下の7変種が知られており、変種毎に分布も変わる。日本にはシロツメクサと共に牧草として明治以降移入されたようである。 多年生の草本で、大きさは株により 20 […]

【モグラ】モグラ塚 森の中の盛り土 モグラのトンネル  構造

  • 2020.07.16

森の中に盛り土みたいなのが、点在してる。なにかなあ。。 調べたら、モグラが掘り出した土らしい。 これを土竜塚(もぐらづか)と呼ぶらしい。 トンネルの構造をネットで調べてみました。 けっこう大規模らしく、30メーターから50メーター四方ぐらいまで広がってるとか。   トンネルを掘るのはモグラだけじゃないんですね。 ネズミも掘るらしい。 南半球にはモグラはいないらしい。 Wikipediaよ […]

【赤い花】ブッソウゲ、ハイビスカス

  • 2020.07.16

  ブッソウゲ、ハイビスカス ブッソウゲは、アオイ科フヨウ属の低木。扶桑花、仏桑華とも。沖縄では赤花ともいう。 ハイビスカスとも言うが、フヨウ属の学名・英名がHibiscusであることから、この名前は類似のフヨウ属植物を漠然と指すこともあって、複雑なアオイ科の園芸種群の総称ともなっている。  

【ピンクの花】ディモルフォセカ アフリカキンセンカ属

  • 2020.07.15

アフリカキンセンカ属(あふりかきんせんかぞく)は、キク科キク亜科キンセンカ連の属である。学名ディモルフォセカ Dimorphotheca。学名は「二形性の実」の意味。 オステオスペルマム属 Osteospermum に非常に近縁で、容易に雑種を作る。2属の区別は難しく分類は流動的で、近年では Nordenstam (1994, 1996) の系統解析により、オステオスペルマム属から Blaxium […]

【ピンクの花】マツバギク サボテンみたいな葉だけどサボテンじゃない

  • 2020.07.14

マツバギク(松葉菊、学名: Lampranthus spectabilis)は、ハマミズナ科(ツルナ科)マツバギク属(ランプラントゥス属[2])の多年草の種のひとつ。また、マツバギク属(Lampranthus)の総称のこと。本記事では、特に断らない限り、種としてのマツバギク(L. spectabilis)を説明する。 マツバボタン(スベリヒユ科)と名前が似ているが、別な植物である。また、マツバギク […]

【ピンクの花】コチョウラン

  • 2020.07.13

コチョウラン属は、熱帯域に分布するラン科植物の一群で、幅広い葉を折り重なるように着ける。洋ランとして広く栽培されるが、それには属間交配種が混じっている。 いわゆるコチョウラン、あるいはファレノプシスの名で流通しているものはアマビリスなどを中心とする交配品種であり、近縁属であるドリティスの血の混じったものが多く、厳密にはドリテノプシス属となるが、ほとんど区別されていない。 50種ほどの種が知られ、自 […]

【紫の花】ムラサキツメクサ モンシロチョウ 田んぼ

  • 2020.07.12

ムラサキツメクサ(紫詰草、Trifolium pratense)はシャジクソウ属の一種である。和名ではアカツメクサとも[1]、あるいは一般に赤クローバーとも呼ばれる。 ヨーロッパ、西アジアおよび北西アフリカ原産であるが、世界中に移入されている。以下の7変種が知られており、変種毎に分布も変わる。日本にはシロツメクサと共に牧草として明治以降移入されたようである。 多年生の草本で、大きさは株により 20 […]

【紫の花】ウスベニアオイ

  • 2020.07.11

ウスベニアオイ(学名: Malva sylvestris)は、アオイ科ゼニアオイ属の多年草。 ブルーマロウとも呼ばれている。 大変丈夫で寒さに強い植物であり、草丈は60cmから、大きいものでは2mに達することもある。 初夏から夏にかけて赤紫色の花を咲かせる。   花はハーブティとして利用されており、お湯を注ぐと透きとおった青いお茶になる。 レモンを浮かべるとピンク色に変色するので、大変人 […]

【白い花】ヤマボウシ 果実は赤く甘く果実酒にもなる

  • 2020.07.10

ヤマボウシ(山法師、山帽子、学名 Cornus kousa)はミズキ科ミズキ属ヤマボウシ亜属の落葉高木。 高さ5~10メートル。幹は灰褐色。葉は対生し、楕円(だえん)形または卵円形で長さ4~12センチ、全縁でやや波打つ。花は6~7月に開き、淡黄色で小さく、多数が球状に集合し、その外側に大形白色の総包片が4枚あり、花弁のように見える。 果実は集合果で9月頃に赤く熟し、直径1~3センチで球形、食用にな […]

【紫の花】あじさい 森の中の紫陽花

  • 2020.07.08

アジサイは、アジサイ科アジサイ属の落葉低木の一種である。 (紫陽花、八仙花、学名 Hydrangea macrophylla) 広義には「アジサイ」の名はアジサイ属植物の一部の総称でもある。 花の色がよく変わることから、「七変化」「八仙花」とも呼ばれる     狭義には品種の一つ H. macrophylla f. macrophylla の和名であり、他との区別のためこれがホ […]

【白い花】ハクモクレン

  • 2020.07.02

ハクモクレン(白木蓮、学名:Magnolia denudata)はモクレンの仲間で白色の花をつける。しばしば、「モクレン」と混同され、そう呼ばれることがある。 モクレン属の中では大型の種類で樹高は10-15m程度まで成長する。春、葉に先立って大形で白色の花が開く。  

【蛇】名前、わからない、シロマダラ、アオダイショウ 北海道 高見ダムの途中で遭遇

  • 2020.07.01

    高見ダムに向かう途中で道路にいた蛇です。 名前、わかりません。 シロマダラか、アオダイショウの子供でしょうか??? こちら↓↓の冒険の途中で遭遇しました。   【ハイドラ難所】高見ダム、北海道、クルマで行けずチャリで20kmだが・北海道・2014年10月ver     シロマダラ(Dinodon orientale)は、爬虫綱有鱗目ナミヘビ […]

【黄色い花、白い花】スイカズラ

  • 2020.06.30

スイカズラ(吸い葛、学名:Lonicera japonica)はスイカズラ科スイカズラ属の常緑つる性木本。別名、ニンドウ(忍冬)やキンギンカ(金銀花)   和名スイカズラの名は「吸い葛」の意で、細長い花筒の奥に蜜があり、古くは子どもが好んで花を口にくわえて甘い蜜を吸うことが行なわれたことにちなむ。砂糖の無い頃の日本では、砂糖の代わりとして用いられていた。 (ということらしい、つぎは密を吸 […]

【白い花 樹木】シャリンバイ

  • 2020.06.29

シャリンバイ(車輪梅、学名:Rhaphiolepis indica var. umbellata、 シノニム:R. umbellata)は、バラ科シャリンバイ属の常緑低木。日本(東北地方南部以南)、韓国、台湾までの海岸近くに分布する。庭木や公園樹として植栽されることも多い[3]。沖縄の方言ではテカチ[4]、奄美大島ではテーチ木[5]と呼ぶ。和名は枝の分岐する様子が(葉の配列の様子とも)車輪のスポー […]

【ピンクの花】ハナハマサジ

  • 2020.06.28

  ピンクの部分は萼。白いのが花びら(花弁)。 ハナハマサジ(学名:Limonium sinuatum、英名:Wavyleaf sea-lavender)は、イソマツ科イソマツ属に属する多年草または一年草で、イソマツ属の中では、最も広く栽培されており、半耐寒性の短命な宿根草である。 高さ45cm程度で、茎は直立し、角張っていて翼があって葉のように見える。葉は槍形で、葉縁はしばしば波打ち、 […]

【白い花】アラビカコーヒーの木

  • 2020.06.28

アラビカコーヒーノキ エチオピアのアムハル高原に起源をもつとされるアカネ科の植物である。ロブスタコーヒーノキやリベリカコーヒーノキとともに「コーヒー3原種」のひとつに数えられる。 コーヒーは茶色ですが、花は白なんですね。      

1 3