植物

2/3ページ

【ピンクの花】ハナハマサジ

  • 2020.06.28

  ピンクの部分は萼。白いのが花びら(花弁)。 ハナハマサジ(学名:Limonium sinuatum、英名:Wavyleaf sea-lavender)は、イソマツ科イソマツ属に属する多年草または一年草で、イソマツ属の中では、最も広く栽培されており、半耐寒性の短命な宿根草である。 高さ45cm程度で、茎は直立し、角張っていて翼があって葉のように見える。葉は槍形で、葉縁はしばしば波打ち、 […]

【白い花】アラビカコーヒーの木

  • 2020.06.28

アラビカコーヒーノキ エチオピアのアムハル高原に起源をもつとされるアカネ科の植物である。ロブスタコーヒーノキやリベリカコーヒーノキとともに「コーヒー3原種」のひとつに数えられる。 コーヒーは茶色ですが、花は白なんですね。      

【白い花、紫の花、赤い花】オオベニウツギ

  • 2020.06.27

オオベニウツギは、スイカズラ科タニウツギ属の落葉低木です。 同じ属のタニウツギ(Weigela hortensis)は、北海道、本州に自生しますが、オオベニウツギは、中国原産です。 美しい花木で品種も多く、花色も濃紅色だけでなく、ピンクから白に花色が変化する品種や葉に斑が入るものもあります。   タニウツギ属(タニウツギぞく、学名:Weigela、和名漢字表記:谷空木属)はスイカズラ科の […]

【オレンジの花】ナガミヒナゲシ ケシ科

  • 2020.06.25

    紅色、もしくは肉色と評されるオレンジ色の花を付ける。花弁は基本的に4枚だが、多少の変動がある[3]。開花時期は4-5月[3]。 高さは栄養状態によって異なるが、15cmくらいから最大60cmぐらいにまで生長する。茎には硬い剛毛が生えている。葉は細かく切れ込む。果実(芥子坊主)は細長く、和名の長実雛芥子はここから付けられた[4]。果実の中には文字通り芥子粒の大きさの種が入 […]

【白とピンクの花】ヒルガオ

  • 2020.06.24

昼間に咲いてるので 昼顔??   ヒルガオ(昼顔、学名Calystegia japonica、シノニムCalystegia pubescens他)は、ヒルガオ科のつる性植物。夏にアサガオに似た桃色の花を咲かせ、昼になっても花がしぼまないことからこの名がある。薬用植物であり、民間では利尿薬として利用した。   セイヨウヒルガオ (Convolvulus arvensis) は、ヨ […]

【小判みたいな】コバンソウ 小判草

  • 2020.06.22

コバンソウ(Briza maxima L.)は単子葉植物イネ科コバンソウ属の一年生植物である。日本では雑草として見られるもののひとつで、その中ではやや大きく偏平で、小判型の小穂が目につきやすい。 草丈は10-60cm程度になる。茎は直立し、根元はややほふくする。葉は細長く、長さ5-10cm、幅3-8mmで毛がなく縁がざらつく。葉舌はまるく毛がない。 一対の包穎のみやや濃く色づくが、他の護穎は淡い緑 […]

タイサンボクの蕾が山彦に似てる

  • 2020.06.18

タイサンボクの蕾             ゲゲゲの鬼太郎にでてくる山彦、呼子、を思い出した。   呼子(よぶこ)/ 山彦(やまびこ)/ 山小僧(やまこぞう) 山で音声を反響させる妖怪。 わら頭巾をかぶった顎や前歯が大きい男児の姿で、眼や足は1つだったり2つだったりする。 話によって上記の様に3つの呼称がある。 大声でショックを与 […]

【赤い花】アマリリス

  • 2020.06.17

アマリリス(Amaryllis)は、ヒガンバナ科ヒッペアストルム属 Hippeastrum の植物の総称、原種は中南米・西インド諸島に約90種があり、数百種類の園芸品種が作出され、現在もその数は増え続けている。 古代ギリシャやローマの詩に登場する羊飼いのアマリリスから取られている。   地中に鱗茎を形成する多年草で初夏にユリに似た基本的に六弁の大きい花を2 – 4個つける。花 […]

【ピンクの花】ネジバナ 非常に小さな花

  • 2020.06.16

ネジバナ(捩花、学名:Spiranthes sinensis var. amoena)は、ラン科ネジバナ属の小型の多年草。別名がモジズリ(綟摺)。   湿っていて日当たりの良い、背の低い草地に良く生育する。 花色は通常桃色で、小さな花を多数細長い花茎に密着させるようにつけるが、その花が花茎の周りに螺旋状に並んで咲く「ねじれた花序」が和名の由来である[1]。 「ネジレバナ」、「ネジリバナ」 […]

【カメラ】小さな花にピントが合わないとき、バッグなどでピント合わせをする

  • 2020.06.16

草地に小さなピンクの花を見つけました。 近くで接写したのですが、花が小さくて、なかなかピントが合いません。 適当にシャッターを押すとこんなかんじで花にピントがあってません。 こんなかんじ。背景にピントが合ってます。     こういうときは、 手持ちのバッグを背景において花と一緒にピントを合わせて、 シャッター半押しでロックオン。 ロックオンしたままバッグを移動してシャッターを押 […]

パンジーとヴィオラの明確な区別はないらしい。

  • 2020.06.15

Wikipediaによると スミレ科の下に スミレ属=ヴィオラ があり、ヴィオラは属名であり、その下に ・スミレ ・パンジー ・ヴィオラ がある。 ということで、ヴィオラは属の名前にも使われるし、花の名前にも使われる。 しかし、パンジーとヴィオラの明確な区別はないらしい。 小型のパンジーをヴィオラと呼ぶこともある。

コンボルブルス・サバティウス or Calystegia × pulchra 地中海の花?

  • 2020.06.04

近所に咲いてたんだけど 名前なんだろ コンボルブルス・サバティウス 名前、長っ ●地中海沿岸のアフリカ北部からヨーロッパ南部に分布しています。石灰岩の岩礫地に生え、地面を這って広がります。葉は卵形で、軟毛に被われています。夏から秋にかけて、淡紫色またはピンク色をした漏斗形の花を咲かせます。 ●ヒルガオ科セイヨウヒルガオ属の常緑多年草で、学名は Convolvulussabatius。英名は Gro […]

ケシ、ヒナゲシ、ポピー、ちがい

  • 2020.06.02

ケシ科(ケシか、Papaveraceae)は双子葉植物に属する科。ケシ、ヒナゲシ、ハナビシソウなどを含む。 約40属800種ある[ ケシ科 主な属は以下↓↓ Arctomecon アザミゲシ属 Argemone Bocconia Canbya クサノオウ属 Chelidonium – クサノオウ キケマン属 Corydalis Dendromecon コマクサ属 Dicentra Di […]

【いろとりどり】パンジーの季節

  • 2020.06.01

パンジー(学名:Viola × wittrockiana、英: pansy)はスミレ科スミレ属の小型の園芸植物の一種。 スミレもしくはサンシキスミレ(Viola tricolor)から分化したものと考えられ、サンシキスミレの亜種 Viola tricolor hortensis とされることがある。しかし、園芸上用いられる変種は交雑と交配が進んだものであり、学名を Viola × wittrock […]

花の時期 月別カレンダー

  • 2020.05.27

月別の花のカレンダー、ネットから集めてみました。   5月から6月は、藤、芝桜、あやめ、あじさい、ラベンダー、睡蓮、バラ、つつじ、 パンジー、ポピー、チューリップ、ビオラ などです。       

ピンクがハルジオン、白いのは、ヒメジオン と思ってたけど、葉で見分けるらしい

  • 2020.05.27

はるじーおんがー、みちにさーくころー♪ ピンクのがハルジオン   そして、白いのは、ヒメジオン 両方ともかわいいね ハルジオンとヒメジオンの見分け方 花の色と思っていたら ちょっとちがうみたい。 葉の出方で見分けるのが正しいようです。 茎からすぐに葉が広がるのがハルジオン 茎から枝が少しでてから葉が広がるのがヒメジオン だそうです。 あと、葉がくねくねしてるのがハルジオン、ヒメジオンの葉 […]

雪笹 ユキザサの花 北海道 日高 白い花 

  • 2020.05.24

「雪笹」の意で、花が白いので「雪」にたとえ、葉がササ(笹)に似た形状によることからという   地下に根茎があり、肉質で直径4-7mmになり長く横たわる。茎は丸く、高さは20-70cmになる。茎は直立するが、上部は斜上し、上部にいくにしたがって粗い毛におおわれる。葉は茎の上部に互生し、葉身は長さ6-15cmになる卵状長楕円形で、先は鋭くとがり、基部は円形または切形になる。葉の両面に粗い毛が […]

てんとう虫の幼虫 スイカズラ

  • 2020.05.24

ホタルの幼虫 みつけ!! とおもったけど てんとう虫という説も浮上中   スイカズラはスイカズラ科スイカズラ属の常緑つる性木本。別名、ニンドウやキンギンカ。   和名スイカズラの名は「吸い葛」の意で、細長い花筒の奥に蜜があり、古くは子どもが好んで花を口にくわえて甘い蜜を吸うことが行なわれたことにちなむ。 砂糖の無い頃の日本では、砂糖の代わりとして用いられていた。スイカズラの英名 […]

【タンポポに似た黄色い花】ブタナ、コウゾリナ、ノゲシ、オニノゲシ

  • 2020.05.20

タンポポ 背が低く、茎が太い 花びらが多く中心まで花びらのように見える。 球形に見える。 中心から多数の茎と葉が出る。   ブタナ 花はタンポポに似ている。球形に見える。 茎は、途中から分岐するのがタンポポと異なる。 60cm前後とタンポポより背が高い。     コウゾリナ 花びらは横方向に展開している。 茎は途中で枝分かれしてそれぞれに花が咲く。 茎、葉、萼など全体 […]

【ノムラカエデ】春にも赤いノムラモミジ 新葉が紅い

  • 2020.05.20

ノムラカエデ、ノムラモミジ 江戸時代は、武蔵野、という名前だったらしい。 特徴は、春に新しい葉が赤い色をしていること。 夏になると緑になり、そして、秋には紅葉するので、一年に2回赤色を楽しめますね。   植物なんでも事典ーぜんぶわかる! 植物の形態・分類・生理・生態・環境・文化 Amazon(アマゾン) 3,296〜10,360円  

【マツバギク】ピンクが眩しい夏の花

  • 2020.05.19

濃いピンクの花 とても強い日差しの下での撮影でした。 コントラストがきついかんじになりました。   ピンクに負けないように、ひとりで黄色い小さいのが頑張ってた(・∀・)♪+.゚   日陰にも見つけました。やっぱ日陰のほうが涼しくていいなあ。   マツバギク マツバギク(松葉菊、学名: Lampranthus spectabilis)は、ハマミズナ科(ツルナ科)マツバギ […]

【黄色い花・バラ】薔薇の季節がやってきた 黄色いバラ

  • 2020.05.15

水辺に植えられた黄色いバラが目を引いたのでパシャリ。 夏のように暑い日のお昼に強い日差しを受けて黄色のバラが眩しかった。     キヤノンG9Xでは、ときどき黄色い花にピントが合わなくて苦労することがあったように思うのですが 今日はそんなに苦労しませんでした。