Macken Street

Tennis

Game

Travel

Spiritual

Macken音楽日記
CDレビュー洋楽

CDレビューJ POP

■音楽日記

2008

01/02/03/06/08

09/10/11/12

2007年

2006年

2005年

My Studio

AmpliTubeでiPad(iphone)がギターアンプになる!

AmpliTubeを調べる



2008.06

■ズボンドズボンのライブにいく

日比谷の野外音楽堂でスボのライブがあったんです。

梅雨時ということでしっかりと雨100%のライブになってしまいました(^ ^); でもカッパを着てびしょ濡れになりながらもファンは熱く声援してました。野外だからこそ雨の中で見れる、貴重な体験ということで、雨よありがとう、、かな。

今回、ギターのシンヤさんがお休み中ということでピンチヒッターの方、、名前忘れた、、というか、メンバー紹介なかったもんなぁ、、曲の途中で、ギター誰それ〜ってレオさんが叫んでましたが、叫んでるのでなにいってるのかさっぱりわからんかった。ほかのメンバーにしてもちゃんと名前聞き取れた人はいないと思うよ。まあ、それはさておき、ギターの音もギタリストで音作りが違うのでおもしろいですね。今回の方はマイルドなウォームトーンを多用してましたね。最初、ジャズギターっぽいのを使ってて、途中からストラトだったかなぁぁ、あれ、もう忘れてるよ、、に変えてましたが、脇役に徹します的な性格の方っぽい音でした。それはそれでアリですね。

ジュンコさんの圧倒的な迫力のあるボーカルは健在でした。美空ひばりを思い出すのは私だけでしょうか。。

キーボードのヨーコさんは、遠くてしっかり見えなかったな。ファンですけど、今回は、いっちばん後ろの手すりに寄っかかってみてましたからねえ。双眼鏡が無いとちゃんと顔まで確認できません。双眼鏡もっていけばよかった。。

このバンドの得意なジャズっぽいポップスはかっこいいねえ。そして、コントみたいなコーナーもありの、しっとりしたバラードも聞かせるし、ポップでキャッチーな曲ありの、いつも通りの楽しいライブでした。

ちなみにこのスボンドズボンのリーダーはRAG FAIRのレオさんなのです。レオさんファンもけっこういるようです。

スボンドズボンのCD,DVD】 

RAG FAIRのCD,DVD

■綾香さんの曲を改めて聞く

I believe これ、いいですねえ。 歌詞がいい。 彼女のデビュー曲らしいのですが、 自分がこれから歌の世界でやっていけるかどうか 自分に才能があるのか、など、いろいろな不安と戦っていたとき、 自分を励ます曲としてできたと。 これ、自分も励まされます。 これから綾香さん、チェックリストに入れとくことにします(^_^) 

I believe - 絢香

この胸の中に隠れてる 不安のうず
目の前にある 自分の進むべき
道はどれか
人に流されてた日々
そんな自分に「さよなら」
I believe myself 信じることで
全てが始まる気がするの
I believe myself あたたかい光は
まちがっちゃいない 歩いて行こう
I believe

偽りの中でウソの微笑(え)み浮かべて
生きる人を
幼き自分と重ねて見て
ため息つく
どんな色にも染まらない
「黒」になろうと誓った
I believe myself 信じることで
全てが始まる気がするの
I believe myself あたたかい光は
まちがっちゃいない 歩いて行こう
I believe

今 目に映る この広い空も
素直に生きる この気持ちも
I believe myself 信じることで
全てが始まる気がするの
I believe myself あたたかい光は
まちがっちゃいない 歩いて行こう
I believe…

綾香・I believe】 

内容

01.Hi-Five 5th Single
(au LISMO CMソング)
02.マニフェスト 2nd Single
03.1969 
04.愛をこめて花束を 4th Single
(TBS系金曜ドラマ「エジソンの母」主題歌)
05.Ain't No Crybaby
06.Oh My Precious Time
07.バンクーバー
08.i spy i spy 3rd Single
(JET×Superfly:NISSAN Cube CMソング)
09.嘘とロマンス
10.愛と感謝 
(2007JFL POWER OF MUSIC CPソング)
11.ハロー・ハロー 1st Single
(全国ラジオ衛星40局パワープレイ楽曲)
12.Last Love Song
13.I Remember

■スーパーフライ

最近、聞き始めました。

ハローハローがちまたで流れていたような。。。

このバンド、なかなかノリのいいロック、骨太なかんじのブルージーなサウンドで、すこしなつかしいサウンドですね。運転していてノリノリになれる曲もあれば、スローテンポなバラード風のもありで、飽きません。
ナカナカいい!!

楽天市場★スーパーフライ、SuperFlyのCD,DVD

 

井上昌己のCD,DVD】 

■井上昌己

部屋の掃除してたら昔のCDが出てきたんです。
Face to faceってCD。。
いま聞き直すと、改めていい歌いっぱい入ってるなあって。
皿に焼いてクルマで聞いてます。
こういう曲調と声質、好きかも。
プロフの画像ですが、、大人びてます。
愛媛の八幡浜出身らしいんです。

(1)FACE TO FACE(2)アナザー・フェイス(3)Balancin'Love(4)彼女の名前を呼ばないで(5)わざとKiss In The Rain(6)苦しい恋(7)瞳はファッシネイション(8)YELL!〜16番目の夏〜(9)メリーローランの島(10)コンタクト・レンズのせい(11)瞳(12)ヒミツの気持ち(13)NO LADY NO CRY(14)恋が素敵な理由(15)忘れてあげない(16)忘れてあげない〜Next〜

 

 

大黒摩季のアルバム

摩季ねえさんは徳島のスダチの大ファンなんだって。鍋物には必ずスダチをいれるそうです。なんだかうれしいですね。

そうそう、今回、ドラムはルナシーのシンヤさんでした。摩季ねえさんと仲いいみたいです。

それにしても摩季ねえさんの曲はすべて前向きでプラス思考。

そして今回のアルバム名も「ポジティブスパイラル」日本語で言えば「前向きなうずまき」ってところでしょうか。いいですねえ。

衣装も白の上下から始まってだんだんとセクシーになっていくのも(^ ^)b

ずいぶんと徳島のお客さんもノリノリだったらしく摩季ねえさんが感動してました。

徳島の人は熱いんだよ〜。

途中、阿波踊りなんかも話題になったりして会場で踊りだしたり楽しいライブでした。

2008.04

■大黒摩季 in徳島

摩季ねえさんのライブに行ってきました〜。摩季ねえさんは徳島でのライブは初めてだったそうです。デビューして15年間ということですが、一回もまだ来てなかったんですね。

それはそうと、とってもパワフルで前向きでポジティブなライブ。

摩季ねえさんはすごいです。

忘れそうになっていたことを思い出させてくれました。

それはいつも全力で生きるってこと。

摩季ねえさんはエネルギーをくれる癒し。

疲れていたとしても、とにかく、なんか食べ物たべろよっ、みたいな癒しなんですよね。エネルギーを注入してくれるかんじ。

世の中の癒し系って、ほんわかして、ほのぼのですが、摩季ねえさんのは、力強い。バワフルな癒し。

こういう癒しも必要ですよね。

福田総理も摩季ねえさんを聞けばもっと元気になるかもね(笑)

久しぶりに耳がキーンとするライブに行きました(^ ^)

むかし自分もハードロックやってたころを思い出しましたよ。

あのころのバンド名が「POWER MAX」でした。アンプのボリュームすべて全開って意味と、いつも全力で生きようって意味と、かねていたんですよね。

あのころの気持ち、思い出しました。

摩季ねえさん、ありがとう。

毎日更新売れ筋ランキング【 DVD 】【 楽器 】【 CD 】【 アニメ 】【 楽器