HOME / Index /

植物工場 index

植物工場とは

光量子束密度

水耕栽培での野菜

光合成

合成物質

肥料

pHいろいろ

色、いろいろ

グラフ、いろいろ

農業とIT

エネルギー

単位

用語

展示会2016

◆野菜メモ

レタス

イチゴ

トマト

スイカ

栽培メモ

ガーデニング

◆ハーブ

薬草、ハーブindex

ハーブマーケット

ニュース

◆花

辞典

科目ごとの野菜

お気に入り

 

since 2016/03

アクセスカウンター 

 

 

 

人工光型植物工場・植物工場 index

植物の色、いろいろ

クロロフィル

 

クロロフィル (Chlorophyll) は、光合成の明反応で光エネルギーを吸収する役割をもつ化学物質。葉緑素(ようりょくそ)ともいう。

C55H70O6N4Mg

青と赤を吸収する。

そのため緑が透過するので葉が緑に見える。

カルテノイド

カロテノイド(カロチノイド,carotenoid)は黄、橙、赤色などを示す天然色素の一群である。

C40H56 の基本骨格を持つ。

自然界におけるカロテノイドの生理作用は多岐にわたり、とくに光合成における補助集光作用、光保護作用や抗酸化作用等に重要な役割を果たす。

また、ヒトをはじめとする動物の必須栄養素であるビタミンAの前駆体となるほか、近年ではがんや心臓病の予防効果も報告されている。

wikiより

 

紅葉との関係

紅葉の時期、クロロフィルが減ると青と赤もクロロフィルから透過される。

一方、カルテノイドは青を吸収する。

そのため、緑と赤が透過され、合成されて黄色く見える。

アントシアニン

アントシアニン(英: anthocyanin)は、植物界において広く存在する色素

花や果実の色の表現に役立っている。フラボノイドの一種で、抗酸化物質として知られる。

pH により色調は変化し酸性条件下で赤色、アルカリ性条件下で青色となる。

 

Fe(0H)2は緑、Fe2+は黄色、Fe3+は茶色

水溶液中ではpHに依存してFe(OH)2(緑色)からα-、β-、γ-、δ-オキシ水酸化鉄(褐色)、酸化鉄(II,III)まで様々な組成の酸化物が生成する

★価格チェック

肥料

センサー

堀場、LAQUAシリーズ、
pH, EC、その他

 

ECメーター

肥料の濃度、電気伝導度

pHメーター

酸性、アルカリ性

 

植物工場index

以下、昭和電工(株)のホームページより抜粋です

革新的な日本の技術・高速LED栽培

蛍光灯の二倍の成長速度