HOME / Index /

植物工場 index

植物工場とは

光量子束密度

水耕栽培での野菜

光合成

合成物質

肥料

pHいろいろ

色、いろいろ

グラフ、いろいろ

農業とIT

エネルギー

単位

用語

展示会2016

◆野菜メモ

レタス

イチゴ

トマト

スイカ

栽培メモ

ガーデニング

◆ハーブ

薬草、ハーブindex

ハーブマーケット

ニュース

◆花

辞典

科目ごとの野菜

お気に入り

 

since 2014/09

アクセスカウンター 

 

人工光型植物工場・植物工場

電力の自由化

2016年から電力会社を自由に選べる

 

2014年6月、電力小売りを全面自由化する改正電気事業法が成立しました。新電力も16年から地域の垣根を越えて家庭や商店などに電気を売れるようになります。これにより既存の電力会社同士はもちろん、新電力も交えた本格的な企業間競争が始まり、価格やサービスを基準に消費者が電力を選ぶ時代が到来します。

 

 

小売り自由化の対象となる一般家庭などの顧客件数は約8400万件で、市場規模は7兆5000億円にも上ります。すでに有望市場を狙う異業種からの参入が相次いでおり、新電力への登録企業数は244社(14年6月11日現在)と、13年3月から3倍に増えました。
 新電力で目立つのは自家発電設備を持つ製紙メーカーやガス事業者、石油元売りなどです。東京ガスは電気とガスのセット販売による割引サービスなどを検討しています。ミサワホームは省エネ設計の住宅と割安な電力供給の組み合わせ販売を予定、ソフトバンクは顧客基盤を活用して通信と電力のセット販売を検討するなど、本業との相乗効果を狙う動きもあります。このほか、電気事業者の料金プランをサイト上で比較できるサービスなど、新たなビジネスも生まれそうです。
 守勢に立つ既存の電力会社も対応を急いでいます。東電は子会社を新電力として登録し、14年10月から全国で企業向けに電力小売りを始めます。2000年に大口需要家向けの電力小売りが自由化されたことで、東電は累計で3万2000件の顧客を失いました。家庭向けが自由化されれば、顧客争奪がさらに激化するのは必至です。このため反転攻勢を狙い、供給地域外に打って出ようというわけです。中部電力も三菱商事から新電力を買収し、東電管内で火力発電所の建設を計画しています。地域の垣根を越えた競争の激化は電気料金を下げる要因となりそうです。

2014年8月4日掲載

 

 

 

過去の電力会社の独占

 

★価格チェック

肥料

センサー

堀場、LAQUAシリーズ、
pH, EC、その他

 

ECメーター

肥料の濃度、電気伝導度

pHメーター

酸性、アルカリ性

 

国内の経済活動や人々の暮らしを支える電気の供給には高い公益性があります。このため、政府は電力事業に様々な規制を課してきました。
 電力事業は電気をつくる「発電」、電気を送る「送配電(ネットワーク)」、家庭やオフィス、工場などに電気を販売する「小売り」の大きく3つに分けられます。これまでは3事業のすべてを地域ごとに置かれた電力10社(北海道、東北、東京、中部、北陸、関西、中国、四国、九州、沖縄)だけに認め、電気料金に規制を設けていました。この制度により電力を安定供給してきたのは事実ですが、競争原理が働かないため電力会社の経営効率化が進まず、電気料金が硬直化するデメリットが指摘されていました。
 
以上 出典 https://www.nikkei4946.com/zenzukai/detail.aspx?zenzukai=139  

電力自由化により原子力発電所は無くなる

誰もが自由に電気を売買できるようになると、誰もが安く電気を作りたがるのは当然のこと。

そして事故があっても影響が少なく、すぐに回復できる発電方法を選ぶのが良識ある人々の考え。

原子力発電所は、事故があったらほぼ回復は不可能、そのうえ広範囲、地球全体に迷惑がかかる。

これほどまでにおかしな発電方式がいままでまかり通ってきたこと事態がおかしい。

それは電力会社による独占ということが招いた弊害である。

 

米国エネルギー省(DOE)エネルギー情報局(EIA)による試算では太陽光発電についで原子力発電所が高い。

 

 

 
植物工場index