HOME / Index /

植物工場 index

植物工場とは

光量子束密度

水耕栽培での野菜

光合成

合成物質

肥料

pHいろいろ

色、いろいろ

グラフ、いろいろ

農業とIT

エネルギー

単位

用語

展示会2016

◆野菜メモ

レタス

イチゴ

トマト

スイカ

栽培メモ

ガーデニング

◆ハーブ

薬草、ハーブindex

ハーブマーケット

ニュース

◆花

辞典

科目ごとの野菜

お気に入り

since 2013/11

アクセスカウンター

人工光型植物工場・植物工場 index

ミニ・ソーラー発電 2013

ミニ太陽光発電システム組み立てワークショップに参加してみよう!
藤野電力ホームページへ

 

太陽光で発電した電気は、音質を良くする(´・ω・`)?!

 

 

「太陽光サウンドシステム音質比較大会!」。普通の電気を使ってスピーカーから聞こえてくる音と、太陽光発電で、たった今発電した電気を使ってスピーカーから聞こえてくる音を聞き比べしてみよう、という企画です。

これが驚くことに、まったく異なる音質でした。ふつうの電気を使った音に比べて、太陽光発電で得られた電気を使った音は、柔らかく、音が体を抜けていくような感覚。RA -energy design-のメンバー村上 智章さんも言っていましたが、これはぜひ、みなさん自身の耳で体験してみてほしいです!

 

 

「RA -energy design-」のサウンドエンジニアである藤田 晃司さんいわく、通常のコンセントから取り出した電気の波(交流電流)のなかにはノイズが入っていて、ソーラー電源は、そのノイズと縁のない “きれい”な状態なのだとか。クリーンなエネルギーからは、クリーンな音が出てくる、ということですね。電気にも“質”があって、音質まで変えてしまう。 湧き水で珈琲を淹れるようなものだ、と説明してくれました。

ふつうの電気は、発電所(直流)→送電線(交流)→各家庭(直流)といった具合に、送電線で電気を運ぶために電気を変換する必要があり、その度にエネルギーのロスがあります。

今回のソーラークッカーや、音質比較大会で使われた電気は、発電したその場で使うのでエネルギーのロスがない、まさに“自給自足”の電気ということですね。

 

このキットを設計したきっかけは、3.11の停電だったんです。情報もなく、状況が分からないなか、とにかく不安でしょうがない。このキットで発電 できる電気量は、今の何でもできるという恵まれた状況から考えると、これしかできないという程度かもしれないけど、携帯電話の充電ができれば人と連絡がと れるし、LED電球で灯りも点せるわけです。

最低限これだけあれば、なんとかなる。身の丈レベルの電力からは、いろいろな気づきを得られますよ。

 

以上抜粋↓こちら↓

http://greenz.jp/2013/07/13/gdboso_energy/

 

 

ミニ太陽光発電システム組み立てワークショップに参加してみよう!
藤野電力ホームページへ

 

 

★価格チェック

肥料

センサー

堀場、LAQUAシリーズ、
pH, EC、その他

 

ECメーター

肥料の濃度、電気伝導度

pHメーター

酸性、アルカリ性

 

植物工場index