日本一周ドライブ

日本の東西南北の端、制覇

四国八十八カ所巡り

ロングドライブ記録

ロングドライブのコツ

全国の灯台

ハイドラCP一覧

リピしたいホテル

北海道、便利な地図

道の駅、一覧、訪問リスト

神社巡り

SA,PA、グルメ、メモ

モフモフ

■海外

リトアニア
アメリカ
イギリス
モナコ
イタリア
フランス
中国

■過去の旅日記

20152014

201320122011

201020092008

20072006

飛行機とホテルがセットで格安
JAL楽パック、ANA楽パック】 

 

since 2014/06

 

アクセスカウンター 

 

 

絶景ハンター☆日本一周の旅

北海道

九州・海岸線ラリー、南部編、1843km, 耐久ドライブ,2014年3月

九州・海岸線ラリー、indexに戻る

3日目、286km、鹿児島から島原、長崎

その5、雲仙

天草からフェリーで島原市にわたり雲仙岳をめざします。

島鉄フェリーは島原半島南端の口之津港から天草鬼池港を結ぶ所要時間30分の航路

 

フェリーからいよいよ島原に上陸です。

港のようす
右が島原湾
遠くに見えるのが雲仙岳でしょうか
なんとなく坂道になってきました。
こういう風景、いいですね

 

光と影と木々たち

最高です

なにやら湯気がでてます、温泉のようです

 

島原温泉(しまばらおんせん)は、長崎県島原市(旧国肥前国)にある温泉世界ジオパークネットワーク加盟する島原半島ジオパークの一部である。wikiより

 

ホテル検索【島原温泉

 

現在の雲仙はもともと「温泉」と書いて「うんぜん」と呼んでいた。当社は沿革上は湯につかる「温泉」とは関連をもたないが、「雲仙神社(うんぜんじんじゃ)」ではなく「温泉神社」と呼ばれている

 

 

温泉神社(うんぜんじんじゃ)

めずらしい神社ですね

温泉神社(うんぜんじんじゃ)は、長崎県雲仙市小浜町雲仙の湯町に鎮座する神社。

白日別命(しらひわけのみこと)、

速日別(はやひわけ)命、

豊日別(とよひわけ)命、

豊久土比泥別(とよくじひねわけ)命、

建日別(たけひわけ)命を祀る。

白日別命、豊日別命、豊久土比泥別命、建日別命の4柱は筑紫島(現九州島)4箇国(筑紫、豊、肥、熊曽国)の別名とされ(『古事記』)、そこから「四面宮」とも称された。

雲仙においては、大宝元年(701年)(もしくは文武天皇元年(697年))に当地を訪れた行基が大乗院満明寺を開山し、同時に当神社を創祀したと伝えられる[1]。以後、雲仙岳を霊山として信仰し、当神社からふもとの諸村に温泉神社(四面宮)を勧請、当初は千々石、吾妻、有家、そして伊佐早(現諫早神社)の4か所であったが、その後も広がり現在では島原半島内には温泉神社を称する神社が十数社ある。

貞観2年(860年)に従五位下から従五位上に昇叙された「温泉神」に比定され[2]、かつては「四面宮(しめんぐう、しめのみや)」や「筑紫国魂神社」と称していた。弘安4年(1281年)の元寇に際しては元陣に一身四面の勇士が現れ、「吾は肥前国温泉社なり云々」と称したと伝える[3]。

江戸時代に島原藩の祈願所とされ、高力家や松平家等の歴代藩主の崇敬を受けた。

大正4年(1915年)に現社名に改め、翌5年県社に昇格した。

 

 

さらに進むと

おしどりの池,別所ダム,

に到達しました。

 

 

 

 

 

雲仙岳の西側になります

 

水量豊富で美しい湖です

 

 

そこから

すこし行くと見晴らしのいいところに出ました

 

 

 

 

 

展望台からの眺め

向こう岸は九州本土

熊本県です

 

 

ちょっと脇道に入ってハイドラCP巡りします

ここらあたりでダムゲット

 

しかし、なにも見えず

 

 

 

 

 

山を下り

雲仙復興アリーナ近くを観光していたら

自衛隊のヘリコプターに遭遇

 

 

記念撮影(^-^)b

そこからの雲仙岳

夕暮れのシルエットが美しい

 

 

 

 

そして

なぜか

 

坂本龍馬さんの像

サッカーボールとともに。。

 

 

記念撮影(^-^)b

日も暮れてきたので

ホテルに向かいます。。

先頭へ戻る 

九州・海岸線ラリー、indexに戻る

ロングドライブのコツ、装備、車中泊   ロングドライブ、過去の記録   東西南北の端   日本一周の状況   風景の写真集   ハイドラ   TOP

日本の旅行☆Index

北海道

海外旅行☆日記☆・アメリカイギリスモナコイタリアフランス中国