日本一周ドライブ

日本の東西南北の端、制覇

四国八十八カ所巡り

ロングドライブ記録

ロングドライブのコツ

全国の灯台

ハイドラCP一覧

これから行きたいグルメ

リピしたいホテル

北海道、便利な地図

道の駅、一覧、訪問リスト

神社巡り

SA,PA、グルメ、メモ

■海外

リトアニア
アメリカ
イギリス
モナコ
イタリア
フランス
中国

■過去の旅日記

20152014

201320122011

201020092008

20072006

飛行機とホテルがセットで格安
JAL楽パック、ANA楽パック】 

 


レストラン検索】 

じゃらん

since 2014/03

アクセスカウンター 

 

 

 

絶景ハンター☆モフモフPの旅

北海道
ロングドライブのコツ、装備、車中泊   ロングドライブ、過去の記録   東西南北の端   日本一周の状況   灯台,全国一覧   ハイドラ   TOP

ロングドライブのこつ、1日1000キロ、走るコツ

車中泊のこつ、連日で長距離をドライブ

毎日、平均300kmから500km、日によっては1000km近くも走るロングドライブ

北海道の海岸線を一周したときは、初日は徳島から青森のフェリー乗り場まで、約1400キロ走行しました。

その後、毎日、平均19時間、約600キロずつ11日間、走行しました。

このときは、ハイドラで一日の走行距離で日本一になりました(^-^)b

 

でも、最初から、こんなに長い距離を走れたわけではありません。

最初は100キロ、200キロの日帰りドライブから始まり、徐々に距離を伸ばしていき、
そのうち、長距離ドライブのコツもわかるようになり、
車中泊もするようになり、
どんどんと距離が伸びていきました。

ただ走るだけじゃなくて、美しい景色があればクルマを止めて写真を撮ったり、
岬の果てまでいくときは、クルマを降りて徒歩で延々と山道を歩いたり、
クルマも人も準備が大事です。

以下、自分の体験からメモ書きしておきます。

計画の立て方

都市部は早朝か、深夜に走るように計画を立てる、都市部は渋滞しない時間に走る

午前中、昼間に都市部を走ると通勤ラッシュに巻き込まれます。

これは非常に時間のロスになりますので絶対に避けたいです。

これを回避するには、通勤時間以外の早朝か深夜に都市部を通過するしかありません。

早朝なら4時から6時までの間に都市部を抜けるようにします。6時台では通勤ラッシュに巻き込まれます。

夕方に都市部に入りそうになったら、思い切って、手前でホテルを見つけて早めにチェックインして、
翌日の早朝の5時などに出発して、都市部をクリアするのも手です。

もちろん、高速道路があれば、それを使うのも手です。

もし予期せぬ渋滞に入ってしまったときは、時間にもよりますが、
道路脇のレストラン、コンビニ、ファストフードを見つけて早めの食事をしてしまうのも手です。
食事の時間の間に渋滞解消を狙うのです。

1日の走行は、8時間まで、300キロ以内で計画する、

8時間というのは、仕事と同じ発想。

仕事がなぜ8時間労働かと考えてみると、たぶん、8時間なら毎日続けられるからだろうと推測。

ならばドライブも8時間以内なら毎日でも可能だろうという発想です。

自分の場合は夜明け前に起きて日の出の絶景を狙って走ることが多く、
夕方には、ネムネム(ρ.-)で夜の8時には寝ている(−−)zzz.。ooOO○
、、みたいなかんじです。

・300キロぐらい

無理のないロングドライブを毎日続けるのなら、いままでの経験から、毎日300キロ程度なら続けられます。

もちろん、300キロぐらいなら観光もできて写真も撮れます。

・日の出の時間は事前にチェックしておく

日の出の時間は、北海道と九州では、1時間ほど違うので出発前に確認してくのがいいです。

・起きてから4時間ぐらいあとに眠気がくる

いままでの経験では、起きてから4時間ぐらいで一回目の眠気が来ます。

たとえば、4時に起きて走り始めると、だいたい8時から9時ぐらいに眠くなります。

わたしは、眠くなったら15分ぐらい仮眠をとります。

あるいは、そのとき食事してから仮眠するのも時間の節約になってよいです。

順番を逆にすると、食事したあと、また眠くなるので困ります。

朝食は目覚めて空腹ならいつでも食べます。

 

車中泊する日は、日帰り温泉の近くで夕方になるように計画する

日帰り温泉という便利なものが日本各地にあります。

温泉とその土地の美味しいものがセットになっているので旅行のときは、非常に、ありがたい。

こんな便利なものを利用できる日本人は幸せですね。

で、夕方に日帰り温泉で汗を流して、すっきりして、
その土地の美味しいものを食べて、
それから最寄りの道の駅とかで車中泊というのが定番コースになります。

日帰り温泉にレストランが、あるかないかによって、食事をいつ食べるかも変わります。

いままでの経験では日帰り温泉のレストランは、だいたい7時とか8時がラストオーダーが多いかんじです。

でも場所によっては夕方の4時にラストオーダーなんてとこもありましたので、事前にチェックが大事です。

日帰り温泉を検索するスマホのアプリの「温泉天国」など、そこらの情報もチェックできます。

その他、役立ちそうなアプリは、このページの下のほうに紹介してあります。

ロングドライブでの走行テクニック

 

走行中は窓を少し開けて車内の二酸化炭素を排出する

窓を閉め切って運転すると、10分ぐらいで車内の二酸化炭素の濃度が2000ppmを越えます。

CO2が2000ppmを越えるぐらいから眠くなると言われています。

運転中に眠くなるのは、その二酸化炭素が原因のことも多いのです。

特に乗っている人が増えればあっと言う間に二酸化炭素の濃度は高くなりますので要注意です。

エアコンの外気導入では風量が少ないので窓を開けるほうがよいでしょう。

またSA,PA、道の駅などで休憩するときは車内の空気をすべて入れ替えるように窓をしばらく開けておくのもよいです。

余談ですが、冬場は窓やドアを閉め切って寝ますよね。
そのとき、密閉度が、よすぎる部屋だとCO2の濃度が高くなりすぎて、
朝起きるときにダルい、眠いなどの症状になることもあります。

これって、軽い二酸化炭素中毒なんです。

特に二酸化炭素は低い場所、床に溜まりますので、畳で寝ていると特に注意です。ベッドは床から離れているのでマシと思います。

すきま風が入るぐらいの部屋のほうが、適度に二酸化炭素が換気されるので、すっきり目覚められるようです。(^-^;

 

2時間おきの休憩、4時間ごとの食事

必ず2時間に一度はクルマを止めて休憩します。

疲れてなくても休憩します。

疲れてない状態で休むのがロングドライブを続けるコツです。

なぜなら、本当に疲れてしまうと、回復に時間がかかるからです。

つぎに、4時間おきに食事をちゃんと摂りましょう。これも必ず食べます。

食事を抜くと疲れがたまりやすく、疲れの回復に時間がかかります。

空腹を感じるときは、4時間にこだわらず、積極的に食事を摂ります。

2時間で休み、4時間で食事のペースを守ると、疲れにくく、距離をかせぐことが可能になります。

以下のパターンです。

スタート-->2時間ドライブ-->「休憩・おやつ」--2時間ドライブ-->「食事と休憩」-->2時間ドライブ-->「休憩・おやつ」--2時間ドライブ
・・以下同様に続けます・・

SA,PA、道の駅ごと、走行中も、いつも、エネルギー補給する

ドライブは座っているだけなのに意外と体力を消耗しています。

それに気づかずなにもしないままだと、疲れが取れなくなります。

SA,PAだけでなく、道の駅、運転しながらでもエネルギー補給することをおすすめします。

飲食といっても、軽いものでいいので、パンひとつとかチョコ数切れとか、ジュースを飲むとかでもよいです。

時間がないときは、停車する必要はなく、ドライブしながら、SAPAや道の駅を通過するタイミングで飲食するようにすると忘れません。

ドリンク類はビタミンCを含むスポーツ飲料がおすすめです。ビタミンCは疲労回復、疲労予防によいです。

SA,PA、道の駅で休憩するときは、車から出て、歩き、軽くジョギングする

ドライブ中は足の血行不良がおこりやすい。

これを解消するには歩くことが一番。あるいは軽くジョギングしてもよいです。

SA,PAや道の駅で休憩するときは、積極的にクルマを降りて、SA,PA、道の駅のショップの中を散策したり、

公園がある場合は、散歩かジョギングをしてクルマに戻ると身体も眠気もすっきりします。

肩こりの解消には肩甲骨を動かす体操

肩甲骨を積極的に動かすようにすると肩こり予防と解消になります。

こちらにまとめました。

ドリンクや食料はスーパーで仕入れる、ついでにオミヤも(^-^v

ドライブ中の飲料は自販機で買うより、通りすがりのスーパーで1リッター、2Lをまとめ買いするほうが断然お得。

ドリンクは、500ccのペットボトルに詰め替えて運転席に置き

残りの紙パックの飲料はクーラーボックスに入れて保管します。

☆ドライブ必需品【クーラーボックス

 

できるだけフタができる容器を買えば詰め替えなくてもよいですね。

 

それと、地域のスーパーには、その地方でないと売ってないお菓子があったりします。

そういうのは珍しいし、安いし、お土産にすごくいいです。

ちなみに海外旅行でもこのテクニツクは使えます。

知らない町のスーパーに入り、お菓子売り場でチョコやクッキーを買ってお土産にすると安くて珍しくて面白いですよ。

眠気対策 、少しでも眠気を感じたら仮眠する

これは昼間でも夜でも関係なく、眠いな、と感じてきたら、すぐにクルマを止める場所を探して、仮眠を取ります。

連日の走行ですから、眠くなるのは当然。

眠気を我慢して走ると疲れが取りにくくなりますので良くないです。

眠気を早め早めに解消していくのが連日長距離を走行するコツです。

仮眠は、5分から20分で充分です。

不思議に、これでスッキリと眠気がなくなります。

食事のあとも10分ぐらい仮眠をとると、さらに良いです。

・追記 2016/8

眠いときってガムとかでは全然ダメですけど、こいつは効きました。

激辛、わさびの種

過去最強のアイテムと思います。

めちゃくちゃ辛いので一粒ずつ食べてください。そうしないと運転どころでないぐらい辛いです。ドリンクも必須です。ものすごく辛くてゲホゲホとむせることがあるので、ドリンクが必須なんです(笑)

また、一粒ごとの辛さにムラがあるのも難点というか楽しみというか(笑)

辛さで目が覚めて、そして一粒ずつ噛むというのも眠気覚ましに効果があるようです。

北海道でゲットしましたがネットで買えます(^-^)b

価格チェック☆楽天【わさびの種☆激辛

・参考ドライブ【北海道、2016/08、その14、登別クマ牧場、わさびの種、有珠山SA、三元豚ロース、弄月館

 

 

夜の高速道路が一番眠い、眠い時は、15分だけ仮眠を取る

夜の高速道路は景色に変化がないのと一定速度で走るので非常に眠くなります。

窓を全開にしたり、ガムを噛んだり、歌を歌ったり、走行ペースを変えたり、それで眠気がなくなればラッキーです。それで解決するならば、それはまだ眠気の初期段階です。

ほんとの眠気がくると、なにをやってもダメです。

なにをやってもダメなときは、15分だけ仮眠する!! これしかない!

たったの15分だけ仮眠を取ると驚くぐらいスッキリします。

眠いときに無駄な努力をしても危険なだけです。SA,PAで仮眠を取りましょう。

早起きドライブは昼間に眠くなりやすい、普通に起きて夜遅くまで走る方がマシ

いままでの経験では、いつもより早く、朝の4時とか5時に起きて出発すると、昼間に眠くなることが多かったです。

逆に、普通に出発して、深夜まで走行しても眠くないことが多かったです。

もし、一日限定で長距離を走りたいなら、いつも通りに起きて、深夜まで走ることをオススメします。

それとは別に、毎日、400キロ前後のペースで連続して走りたいのなら

日の出とともに起きて夕陽とともにドライブを終了するのが一番長続きします。

ドライブ中の音楽は小さい音がよい

ドライブ中の音楽のボリュームですが、大きすぎると周囲の状況がよくわからなくなり、脳が疲れます。

できるだけ音を小さくして、周囲の音が自然に耳に入るようにしましょう。

歌を歌うと疲れにくい

ドライブ中の音楽を聞きながら一緒に歌うと、これが意外と疲れ予防になります。

歌うと、深呼吸していることにもなるので、腹筋、横隔膜の運動にもなり、適度な運動になり、意外とドライブによいです。

このとき、しっかり腹式呼吸を意識することです。

そうすると、おなか回りのシェイプアップにもなるし、実は、歌の練習にもなるのです。

歌の基本は腹式呼吸だからです。

高速道路はトラックの後ろで、時速80キロをキープすれば疲れない

高速道路で飛ばすと神経を使うので体力の消耗が早くなります。

長い距離をドライブするのであれば、マラソンのつもりでゆっくりと走るのが良いです。

高速道路では、信号がありませんので、80キロで左車線を走ればマイペースでずっと走り続けることができます。

しかも80キロで一定で走ると燃費が非常によくなります。

また、高速道路を走るトラックの後ろを付いていくと、燃費がさらに向上します。

これはスリップストリームを利用できるからです。車間は安全な距離を守りましょう。

・参考ドライブ【長崎から佐賀、下関、徳島まで帰還、720km

一般道路で遅いクルマの後ろを走るときは、エコドライブに徹する

一般道では自分の好きなスピードでは走れません。

遅いクルマの後ろを追走するときは「エコドライブをする時間」と決めて

できるだけアクセルを動かさない省エネ走行をしましょう。

気持ちがラクになるので疲れません。気持ちのもちようでいくらでもドライブは楽しくなります。

周囲の景色や街のようすを眺めて何かおもしろい発見がないか調べます。
いい景色があれば駐車できる場所を見つけて写真を撮るのもよいでしょう。

遅いクルマが前を走るときも、それなりの理由があるので、その理由を探すのです。
そう気持ちを切り替えることで前のクルマが、すっといなくなることも多いのです。

それと、ゆっくり走行のときは、ガソリンの補給のチャンスです。セルフの安い店を見つけたらガソリンを入れましょう。
ガソリンを入れている間にクルマの流れも変わります。

あるいは、道沿いのレストランで早めの食事にするのもよいでしょう。

 

 

ホテルには、夕方5時までにチェックインできるように走行する

ホテルで宿泊する場合、

夜遅いチェックインが続くと、だんだんと体力を消耗していきます。

できるだけ早くチェックインして休養し、翌日の早朝に出発することが吉です。

早朝のドライブは、朝日が気持ちいいのと、道が空いているので時間を有効に使えるなどメリットが多いのです。

有名観光地も早朝に行くと駐車場が空いているのと、人も少なくてゆっくり見学ができます。

ただし都市の近くだと渋滞があるので、その時間帯は避けるようなホテルの位置取り、計画が必要です。

遅くとも午後3時には、ホテルを予約する【当日予約の場合】

これは、行き当たりばったりのドライブのときですが、

行き当たりばったりの走行では、どこまで走れるのか予想しにくいので、ホテルの場所も決めにくくなります。

あまりに手前のホテルだと距離が伸びませんし、遠過ぎると体力を消耗します。

・5時にチェックインするためには3時をすぎたぐらいからホテルの場所を考えはじめるとよいです。

3時から5時まで2時間ぐらい走れますので、現在地から50キロ前後先のホテルを探すことになるでしょう。(一般道の場合です)

・わたしの経験では、5時すぎてから、ホテルを探すと、ほとんど満室のことが多かったです。

そのため、ぜんぜん宿がみつからず、延々と走ることもありました。

田舎の場合、ホテルが周囲に見つからず、見つかるまで、1時間以上とか50キロとか、ホテルを探して延々と走ることもありました。。

もちろん計画段階で予約するのがベストですが、できるだけ遠くまで走りたい場合はなかなか前もっての予約は難しいです。

・その次は、当日の、午前中にネットで検索して予約がいいです。

そのとき空いていても30分後には、満室だった、、ということもありました。

当日の予約は、速攻で予約です。

 

車中泊、ホテル、準備、装備

洗濯物を早く乾かすコツ

長期の旅行では洗濯が必須になります。

いかに早く乾かすかのチェックポイント

・洋服や下着はポリエステル100%またはポリエステルを多く含むものにすること。

以下のように、ポリエステルを含むものが乾きやすく、綿100%は乾きが遅くなります。

スイムタオルで吸水させよう

次に問題はいかに洗濯物を早く乾燥させるかということ。

クルマの中で干すので、できるだけ早く乾燥させたいものです。

そこでおもしろいアイテムがあります。

スイムタオルです。これ↓↓↓

もともと水泳に使うスイムタオルですが、洗濯物の乾燥に使えるのです。

スイムタオルで洗濯物をはさんで、ギュッとしぼると、洗濯物の水分がスイムタオルに吸水されます。

そのスイムタオルをしぼるとジャブジャブと水がしたたり落ちて吸水力に感動します(^o^)

2回ぐらいスイムタオルに吸水させると洗濯物は脱水機で3分ぐらい回したぐらい水分がなくなってます。

そのまま干せばOKです。

★価格チェック【スイムタオル

・針金のハンガーを数本、持って行くこと。

100円ショップで売ってるので充分です。

針金ハンガーだと、場所を取らないし、すこし曲げてバッグの形にあわせることも可能です。

・洗濯ロープ、洗濯バサミ、を持参すること。

これも100円ショップでOKです。クルマなので多めに。

・S字フック

これも意外と重宝します。

干し方

1. ホテルの場合

 

・風呂場に干したら、換気扇をオンのまま(風呂のライトをつけっぱなし)で、風呂のドアを少しだけ開く

風呂のライトをつけておくことで換気扇が回り続けます。ホテルにもよりますが。

換気扇のスイッチが単独である場合は換気扇だけONです。

ドアを少し開くと、風がドアの隙間からいきよいよく入り、乾くのが早くなります。

ドアを開けすぎると風の勢いが弱まりますので、狭いほうがいいです。

これを利用して、ドアのノブにハンガーをひっかけて乾きにくい厚手の衣服を干すことも可能です。

・しずくが垂れない状態なら部屋に干してもよい

冬場のホテルの室内は、暖房で意外と乾燥しているので乾きが早いです。

このとき、しずくが垂れなくなるまで風呂場で乾かしたら室内に移動させます。

スイムタオル】で吸水しておけば、しずくは垂れません。

・風呂の湯は抜いておく。

風呂の湯がないほうが湿度が下がるので早く乾きます。

2. 車中泊の場合

・車中泊の場合は、翌日、走行中に窓から風を当てる

車中泊では、夜間は、窓の上の手すりに洗濯物をひっかけて、しずくを受ける容器を下に置きます。

スイムタオル】で吸水しておけば、しずくは垂れません。

翌日、走行するときに、少し窓を開けて風を当てます。

天気のいい日だと半日もかからず乾きます。人目が気になるかもしれませんが気にせず。。(^ω^;)

窓を開けたくないときや、雨の日でもエアコンの風を当てていると夜までには乾きます。

車中泊は、道の駅か、高速道路のSA,PA。

どうしても宿やホテルが見つからないときは車中泊も行うこともあります。

その場合、トイレ、洗面ができる施設が必要になります。

そうなると、道の駅、SA,PAということになります。

・SA, PAはトラックが多い、排気ガスも多い

高速道路で車中泊となりますと、必然的にSA,PAしかありませんが、たいてい、深夜になるにつれて、トラックで満杯になってきます。

できるだけ、トイレから遠くてクルマが往来する場所から離れた場所が静かです。

・道の駅の混雑度合いは、さまざま、夜7時までだと空いている

道の駅の場合、交通量が多い幹線にある道の駅ですと、やはり夜がふけるに連れてトラックが増えてきます。

夕方はガラガラだったのに、朝、起きるとトラックで満杯だった、なんてこともあります。

できるだけ静かな場所を選ぶには、早めの到着がオススメです。できれば夕方6時ぐらい。

田舎の道の駅は、逆に、ほとんどクルマがいないこともあります。

 

・車中泊のマナー、当たり前ですが、夜間は静かにしましょう。

夜の道の駅の駐車場、シーンとしている夜間に、大声でのおしゃべりは、とてもよく聞こえるので、寝ている人の迷惑になります。

以前、道の駅の駐車場でキャンプしている人がいて夜中まで興奮して大声でしゃべりまくっていて、非常に迷惑でした。(-.-;)

 

車中泊、ロングドライブに便利な用品

以下、普通の乗用車での車中泊の装備です。基本、わたしの場合、インプレッサでの車中泊です。

クルマの中は、冷暖房がありませんから、「気温は、野外で寝るのと同じ」と考えて準備します。

◇春、秋

春と秋は気候がおだやかで車中泊しやすいです。

それでも、明け方の車内が冷え込みますので、寝袋と断熱シートは必須です。

・寝袋・・必須

寝袋によって、耐寒温度がちがいますので、用途に応じて選びましょう。

・断熱シート・・・必須

・タオル・・・首に巻いて寝ることで冷気が首から入るのを防ぎ体温を保持します。

・車中泊マット・・・これはわたしは使いませんが、シートの凸凹が気になる方は必須でしょう。

価格チェック【寝袋】 【車中泊マット

◇冬の車中泊

冬に車中泊するときは、スキー場で寝るつもりで装備しています。

■防寒服

・スキーウェア、ダウンジャケット、手袋などあれば万全です。

冬には、スキーウェアやセーターなど厚手の衣服を重ね着して寝袋に入ります。

だいたい10℃以下になると車中で寝ていて目が覚めます(^-^;

わたしは、外気温が10℃を下回るとスキーウェアを持参します。

・頭と首を守る。放熱を防ぐ。

頭と首が冷えると体全体が冷えるので頭と首を守るのが基本です。

防寒ジャケットは、かならずフード付きのものにします。

■マフラー

首を温かくすることは非常に大事です。

■帽子

頭から耳まで守れるものがよいです。

■腹巻き

丸まって寝ていると、けっこう背中がスースーするときあります。腹巻きはとっても助かります。タオルでも(*^-^)b オッケ〜♪

■手袋、靴下

靴下は厚手のものを1枚がよいです。わたしはスキー用のものを使ってます。

手袋を重ねると湿気がたまりやすくなり、かえって寒くなります。

■プチプチ

プチプチの保温効果は抜群です。

プチプチを一番外側に2重に巻いて寝ると、かなり温かいです。断熱シートの外側に使います。

敷き方は、一番下に、プチプチ、その上に、断熱シート、寝袋です。

寒さに合わせて、防寒服を着て寝袋に入ります。

プチプチは、びっくりするほど水分がたまるので、翌日、必ず、乾燥させましょう。

---------------

★価格チェック

高性能☆防寒着 【Canada Goose、カナダグース】 【防寒着】 【ニット帽】 【マフラー】 【防寒靴】 【腹巻き】 【スキーウェア】 

ダウンジャケット】 

■極寒の場所での防寒服、対策

マイナス-30℃の北極まで対応したい人は( ̄∇ ̄;

↓こちら↓

極寒の場所での防寒服、対策

◇真夏の車中泊

真夏は暑くて車中泊に向いてません。

外気温が25℃を越えたら、窓を閉めて寝るのは無理です。暑くて眠れません。

かといって窓を開けると蚊に刺されます。

エアコンをかけっぱなしで寝ることになりますが、最大10リッターぐらいのガソリン消費を覚悟せねばなりません。

わたしはエンジンをかけっぱなしというのに抵抗があるので

外気温が25℃を越えたら、車中泊しません。

◇気温別の服装、めやす

26度以上〜…半袖シャツ一枚
23度〜25度…長袖シャツで動き回るとじんわり汗、半袖の人も多い
22度〜20度…半袖と長袖の分かれ目
20度〜15度…秋物のセーター、または半袖にカーディガンやパーカなど1枚羽織るもの
15度〜12度 …冬物のセーター
11度〜7度…コート
6度以下〜…コートに加えてマフラーや手袋が必要

◇ドライブ用の用品

クルマの中での収納、いろいろあります。

 

折りたたみ式の自転車

 

折りたたみ式の自転車があると、行動範囲が飛躍的に広がります。

北海道の積丹岬でも大活躍。

参考ドライブ【北海道・一周ドライブ、6331km、3日目、その2、積丹半島、積丹岬

わたしの場合、岬や灯台を巡るので、道路がない場所も多く、そのときに折りたたみ式の自転車を使うと非常にラクです。

わたしが今、使っているのは、KYUZOの折りたたみ式自転車です。

インプレッサのトランクにもちゃんと入りますよ(*^-^)b

この自転車、乗ってみるとサスペンションがフロントとリヤの両方にあるので、すごく乗り心地がいい。

しかもギヤの1速が非常に軽いのでひょっとするとこの前の出釈迦寺のような急坂もこの自転車で登れるかも。

サスペンションがフロントとリヤの両方に入ってるし、泥よけもベルもついてて、シマノの6段変速ついてます。

しかもタイヤは未舗装も可能なオフロード用です。

マウンテンバイク,KYUZO,KZ-100,20インチ、

16.5kg,ショック圧強弱調整可

折畳サイズ H730mm×W320mm×L860mm ※ハンドル、及びペダル取り外し時

定価31000円が、楽天市場で検索して半額ちかくでした、安い!

大満足です!

価格チェック【送料無料】KYUZO 折りたたみ自転車 20インチ マウンテンバイク MTB KZ-1006段変速付き 自転車 MTB おりたたみ自転車 】 

・過去のドライブでの折りたたみ式自転車・写真集こちら

 

ロングドライブはスポーツだ!

最低限の体力づくりと準備はしておこう

ロングドライブでは、ドライブだけでなく、観光地も巡るでしょうし、公園や神社仏閣では意外と歩いたり、
坂道を歩くことも多くなります。

足腰への負担は、多いのです。

また、腕、胸の筋肉などもけっこう筋肉痛になります。

なので普通にスポーツしているのと同じ発想で、普段から、体力つくりと疲労対策をすることが大事です。

わたしの場合はテニスを長年続けてきた(東京に住み始めてからはサボリ中)ので、そのおかげで体力がついたと思います。

忙しくてスポーツできないときは、ダンベルで筋トレしています。★価格チェック【ダンベル

あと、以下↓↓↓のような筋力サポートのインナーも使ってます。テニス用に買ったのですが、ドライブでも役に立っていますよ。

コンプレッション・インナー(機能インナー)がオススメ

コンプレッション・インナーをすると筋力を補助してくれて疲れにくくなります。

自分はテニス用のをそのまま使ってます。

価格チェック【機能性インナー、コンプレッション・インナー、アンダーアーマー

◇各社のコンプレッション・インナーの機能比較

筋力を補強してくれるものがオススメです。

ドライブの場合はUVカットはそれほど必要ないです。

吸湿速乾性もあったほうがいいです。

肌につけるものですので、抗菌があったほうが、よいと思います。

 

完璧をねらうならリカバリーウェアも

リカバリーウェアは、運動の後に装着して、疲労予防、回復のスピードアップをするものです。

これもテニス用に購入しましたが、ほんとうに効果あります。

ハードに練習した日でも、翌日の疲労度がぜんぜんちがうのです。

でも普通の日帰りドライブ程度なら必要ないかもですけどね。。

長期のロングドライブの場合には、就寝前に着用します。

リカバリーウェア

腰痛にはスポーツ用のサポーター

ロングドライブは腰に疲れがたまります。

まず、クルマのシートと腰の間の隙間を無くすことが大事です。

たいていはクッションで大丈夫です。

↓↓↓

クッション、腰痛対策

 

さらに、 腰がすでに悪い方や、クルマの足回りが固いのが好きな方にはスポーツ用の腰のサポーターがオススメです。

自分のクルマは車高調を入れて、足回りが固いので、ロングドライブのときは腰のサポーターを使います。

わたしはテニス用の腰のサポーターを使ってます。テニス用といってもスポーツ全般用です。

シートに置いておくだけですが効果があります。

サポータのおかげで、
固い足回りのクルマで、北海道、11日間で6300キロ、一日平均570キロ、平均16時間走ったときも腰はまったく大丈夫でした。

わたしが使っているのはザムストのサポーターです。

これ↓↓↓

小さなクッションを隙間に入れて、サポーターは、置くだけですが、とても効果があります。

ザムストのサポータ】 

ドライブの必需品 【クッション、腰痛対策

いっそ高級シートという手もあります。これは必ず一度座って体にフィットするか試してからがよいと思います。

レカロシート】【Bride シート

最後は体力勝負、日頃からスポーツをしておきましょう

いろいろとハプニングを楽しみながらのロングドライブになります。

あとひとふんばり、それには、気合いや精神力だけでは長続きしません。

基本的な体力が必要です。

普段から週に最低一度は、なにかスポーツや運動をして体力作りしておくとよいですね(o^-')b

わたしはテニスをずっと続けています。

テニスのおかげで、基礎体力が高まり、いろんなところを走破する基礎体力がついたと思います。

忙しくてスポーツが、できないときは、ダンベルで筋トレしています。★価格チェック【ダンベル

最初は日帰り100キロぐらいから練習しましょう

わたしもいきなり最初からロングドライブしていたわけではありません。

最初のうちは日帰りで100キロ〜200キロぐらいから始めて、だんだんと距離を伸ばしていきました。

慣れてきたら一泊二日でホテルを使ったドライブで練習。

そして、2泊3日、3泊4日と楽しみながら、だんだん遠くに行けるようになりました。

風景や自然の中のドライブとクルマが大好きだというのもあります。

そして知らない間に距離は伸びていきました。

持っておくと便利な無料アプリ

最近、スマホ用の旅行に便利なアプリがたくさん無料で使えるようになりました。

以下、いくつか私が使っているアプリを紹介します。基本的に無料のものです。

ハイドラはドライブの記録、チェックポイント集めなど、ドライブの楽しさを倍増させてくれます。

チェックポイントに行くことで、思いもよらない新たな発見があります。

旅行好き、ドライブ好きにはオススメの一品です。

詳細こちら→【ハイドラ・ハイタッチドライブ

温泉天国

日帰り温泉とか旅館を検索するアプリです。

いままで有料の某ソフトを使ってましたが、これが一番便利と思います。2014年8月現在。

日帰り温泉と、温泉宿を区別して表示してくれてるのが、ありがたい。

地図からどんどん検索していけるのと、現在地からの距離(直線距離)もわかるし。

ただし、全国すべての温泉を網羅しているわけではないです。

なので、気に入った温泉が見つからないときは、別の複数の温泉アプリで検索しています。

 

 

 

 

温泉の次によく使うのが

「道の駅」

車中泊には必須のアプリでしょう。

ほかにも道の駅系のアプリを使ってみましたが、これが一番使いやすいと思います。

食事系のアプリです。

けっこうお世話になってます。

「ファミレス」は、全国のガスト、サイゼリアなど、主要なファミレスが網羅されています。

「牛丼」は、すき家、吉野家、松屋など。

マクド、ココイチは専用アプリです。

 

 

FuelRecは、燃費計算アプリです。

ガソリンを給油するときに走行距離とガソリン料と金額を入力します。燃費をグラフにもしてくれます。

買い物系

100均

全国の100円ショップを検索してくれるアプリです。

四国八十八カ所巡りの専用アプリ

巡礼Go

これは700円ぐらいの有料ソフトなんですが、地図がわりに使えます。

これでお寺の電話番号を調べてカーナビにセットするのが簡単です。

国道といっても狭くてくねくねもある

150番以降の国道は、疑ってかかるのが基本、300番台と400番台は、特に注意。

また、1号線でも香川と徳島の県境の大阪峠の前後は狭くてクネクネです。

温泉関係・データ集・・・作成中

シャワー、温泉のあるSA,PA

入浴施設のあるSA,PA 、一部

路線名 エリア名 検索一致項目
東名高速道路 足柄SA(上り)
入浴施設:
営業時間:12:00〜翌日10:00
東名高速道路 足柄SA(下り)
入浴施設:
営業時間:10:00〜翌8:00
名神高速道路 多賀SA(下り)
入浴施設:
営業時間:12:00〜翌10:00
中央自動車道 諏訪湖SA(上り)
入浴施設:
営業時間:10:00〜22:00(臨時:土日祝9:00〜22:00)
中央自動車道 諏訪湖SA(下り)
入浴施設:
営業時間:10:00〜21:00(臨時:土日祝9:00〜22:00)

 

 

くれぐれも安全運転で

体力つけて

お気をつけて

いってらっしゃい〜

ロングドライブのコツ、装備、車中泊   ロングドライブ、過去の記録   東西南北の端   日本一周の状況   灯台,全国一覧   ハイドラ   TOP

日本の旅行☆Index

北海道

海外旅行☆日記☆・アメリカイギリスモナコイタリアフランス中国