日本一周ドライブ

日本の東西南北の端、制覇

四国八十八カ所巡り

ロングドライブ記録

ロングドライブのコツ

全国の灯台

ハイドラCP一覧

これから行きたいグルメ

リピしたいホテル

北海道、便利な地図

道の駅、一覧、訪問リスト

神社巡り

SA,PA、グルメ、メモ

■海外

リトアニア
アメリカ
イギリス
モナコ
イタリア
フランス
中国

■過去の旅日記

20152014

201320122011

201020092008

20072006

飛行機とホテルがセットで格安
JAL楽パック、ANA楽パック】 

 


レストラン検索】 

じゃらん

 

 

since 2015/08

 アクセスカウンター

 

 

 

 

 

 

 

絶景ハンター☆モフモフPの旅

北海道
ロングドライブのコツ、装備、車中泊   ロングドライブ、過去の記録   東西南北の端   日本一周の状況   灯台,全国一覧   ハイドラ   TOP

【北海道・一周】6331km、11日間ドライブ、ハイドラCP巡り

【北海道・一周】6331km、11日間ドライブ、ハイドラCP巡り、もくじに戻る

稚内、利尻島、利尻富士、甘露湧水(名水)、姫沼、白い恋人の丘、オタトマリ沼、万年雪アイス

■概要

1. 稚内からフェリーに乗って利尻島に渡りました。

利尻島では、日本の名水「甘露湧水」訪問、レンタカーで海岸線に沿って一周しました。

2. 利尻島からフェリーで礼文島に行きました。

3. 礼文島からフェリーで稚内に戻りました。

これらを一日で回るには、フェリーの時間にきっちりと合わせて行動することが必須です。

というのもフェリーの便数が少ないので、乗り継ぎの待ち合わせ時間を最小にしないと、その日のうちに 稚内まで帰れなくなるからです。

なので、フェリーの時刻表を見ながら、

先に利尻島に行くのがいいのか、先に礼文島から回るのがいいのか、帰りはどのルートが一番長く滞在できるのかなど

いろいろな組み合わせから、一番ロスのない組み合わせを探すのに時間がかかりました。

今回は、利尻島から先に回ることにしました。

■フェリーの乗り継ぎ計画

・稚内 715発 → 利尻島 855着

・利尻島、一周、3時間ぐらい

・利尻島 1305発 → 礼文島 1345着

・礼文島 一周、4時間ぐらい

・礼文島 1820発 → 稚内 2015着 

 

 

利尻島(りしりとう)とは、北海道北部、日本海上に浮かぶほぼ円形の島。面積182.11km2。

日本の島嶼部で18番目に広い面積を有している。

島内には利尻富士町と利尻町の自治体があり、『平成22年住民台帳人口・世帯数』における島の総人口は約5,400人である。

北には礼文水道を挟み礼文島が浮かぶ。

地名語源は、アイヌ語のリー・シリ(高い島)。

その名のごとく、利尻山を主体とした火山島である。

利尻山には高山植物がたくさん分布している。

有史以来火山活動の記録は無い。島の東半は利尻富士町、西半は利尻町に属する。

wikiより

稚内の港から利尻島に行くには、

ハートランドフェリー

を利用します。

時刻は季節によって変わるので

最新の時刻表を見て調べました。

時刻表などはこちら

ハートランドフェリー

クルマだと金額が高いので

チャリで渡ります。

この時点では、チャリで一周する予定。

料金は1300円ぐらいだったかな。

種類 稚内〜
利尻島(鴛泊)
稚内〜
礼文島(香深)
利尻島(鴛泊・沓形)
〜礼文島(香深)
自転車等 1,300(120) 1,300(120) 660(60)
バイク
125cc未満
2,620(240) 2,620(240) 1,300(120)
バイク
750cc未満
3,920(360) 3,920(360) 1,960(180)
バイク
750cc以上
5,210(470) 5,210(470) 2,610(240)

 

いよいよ乗船です。

わくわく♪

がらがらでした。

 

けっこうガラガラでした(^-^)

 

出航♪

稚内の港の風景です。

 

稚内の港越しに

目的地の

利尻富士、利尻島が見えています。

あれが利尻島です。

 

 

カモメ♪

なんか飾り物みたいですけど

本物です(^-^)b

 

利尻富士が近づいてきました。

カメラを持った人たちが、デッキにずらずらと出てきましたよ。

撮影ポイントのようです。

壮大かつ美しい。

 

天気もいいし、最高です\(^ワ^)/

 

 

着きました〜

 

わたしのチャリくんも、しっかりロープで固定されてましたよ。

チャリが出るのは、人とクルマのあと、最後でした。

港には、すごく芝生がなめらかな山が見えてました。

そして灯台

時間があれば行きたいのですが

一日で、利尻島と礼文島を回るので

今回はパス。。。

静かな海でした。

さてさて、この島での滞在可能な時間は3時間です。

それまでに港に戻らないと次のフェリーが出てしまいます。

さて、チャリに乗り、いざ、しゅっぱぁぁつ

しましたが、

ちょっと走ったところで、なんとなく広そうだと、、地図をよ〜く見ますと、、、

なんと一周50キロぐらいあるではないですかっっ

一周20キロぐらいと思っていたのですが、、(ちゃんと調べてない(笑))

観光したり写真を撮る時間を考えますと

これでは3時間以内に港まで戻るのは無理です。

速攻、レンタカーを借りることに予定を変更!!

くるっと引き返して、港に戻りレンタカー屋さんに直行しました。

港には、レンタカー屋さんがありましたが、

予約もせずに大丈夫???かというのがありましたが

平日だったので大丈夫でした(^o^)ノ

さて、レンタカーでしゅっぱぁぁつ!!

いやあ、クルマは楽だわ。

まずは、名水スポット

甘露の湧き水

をめざします。

港からすぐ、軽く上り坂を走ります。

森林の中に入っていきます。

ほどなく到着♪

利尻島、自然休暇村、この中にあるようです。

ここでクルマは駐車場において、チャリで行こうとしたら

係の人がでてきて

「チャリもだめなんです」

「まぢw( ̄Д ̄;)wですか」

自然保護しているところはチャリもだめなんですね。

ということで、徒歩で向かいます。

日差しが暑かったのですが、森の中はよどよく日陰になっていて涼しいです。

タンポポなんかが咲いていてとても気持ちのいい空気のなかを散歩

10分ほど森の中へ。。そろそろでしょうか。

チャパチャパと

なにやら小川のせせらぎの音が聞こえてきました(^-^)b

 

ありました〜(^◇^)/

ここの湧き水です。

 

冷たくて

透明な

すっきり

さわやか

こんないい雰囲気で

最高のお水でしたo(^-^)o

名水ということで

観光客の人たちも

ちらほらと

歩いてこられてました。

こんな最果ての利尻の島のこんな森の中で人がいるとは思ってませんでしたが

有名な名水なんでしょうね!

 

ペットボトルに入れて

本日の旅行で飲むことにしました♪

さて、クルマに乗って出発

ここから海岸線を走ります。

めざすは、姫沼湖。利尻富士が水面に写るという観光名所です。

 

カモメが挨拶にきました。こんちは〜

海岸線からちょっと森のほうに入りますとすぐでした。

姫沼

駐車場から姫沼湖へ行くのは徒歩かチャリです。

ようやくチャリの出番がきました(^-^)b

あの橋をわたるとすぐでした。

じゃーん、姫沼湖のほとりに出ました。

おおおお、、これは美しいヽ( ´∀`)人(´∀` )ノ

 

 

 

ぐるりと一周できるルートがありましたが

いかんせん、次のフェリーの時間があるので、今回はパス。

次回はじっくりと時間をかけて一周したいです。

 

 

もときた道を帰ります。

歩くと5分ぐらいの道かな。

ふたたび、海岸線に沿ってドライブ、

だいたい、どこからでも右手に利尻富士が見えました

いつも見えてる利尻富士

 

神社もありました。

道は平坦に整備されていて、とても走りやすいです。

 

灯台も。。

さて、つぎのスポットは、

白い恋人の丘

ここからの景色も素晴らしいです

絶景ですね

とおくの海岸も綺麗に見えます。さっきの灯台かな。

さて、そこからもとの道にもどり少し走ります。

オタトマリ沼

利尻亀一というお店

万年雪アイス

北の厳島神社

さて、ハイドラCPとして利尻空港があったので寄り道します。

一路、海岸線から利尻富士に向かう、まっすぐの道路。

海岸線からすぐです。

空港の建物です。

利尻富士を背景にある空港。

すばらしい立地ですね。

フェリーまでの時間がないので急ぎます。

空港からフェリー乗り場までは10分ほどです。

時刻表は、季節によって変わるので行く前に要チェックです。

ハートランドフェリーHPこちら

フェリー乗り場に到着。

つぎは、礼文島にフェリーで向かいます。

チケット1680円なり

人だけなら960円なり。

自転車、いらんかったけどな〜(^∇^;)

 

 

さらば利尻富士、またね〜( 」´0`)」

 

 

 

【北海道・一周】6331km、11日間ドライブ、ハイドラCP巡り、もくじに戻る

楽天トラベルで検索

大きな写真は、Panoramio↓↓↓

ロングドライブのコツ、装備、車中泊   ロングドライブ、過去の記録   東西南北の端   日本一周の状況   灯台,全国一覧   ハイドラ   TOP

日本の旅行☆Index

北海道

海外旅行☆日記☆・アメリカイギリスモナコイタリアフランス中国