Home 投資トップ 今日の指標  鉄則・法則 月別注意点 統計と株価 投資の心構え ことわざ 投資用語

5日線と25日線、スローストキャス、わからないときは中立、階段の形、焦点の形、ダブルトップとダブルボトム、Buy in Nov. Sell in May、東証1部、株主優待銘柄、現物とヘッジ売り、日経平均の調整は4日〜11日で6%〜11%

○米国6ヶ月の法則・11月1日に買って4月30日に売ると結果は47倍、逆に5月1日に買って10月31日売ると結果はマイナス20%
◯相場はプロ(機関投資家)とシロウト(個人)が同じ土俵で戦う戦場。個人投資家が生き残るには相当の勉強が必要。
○投資の根底思想として「ラクに儲けることは当然の結果」と心底信じていることが必須。この逆に「ラクして儲けることは良くない、苦労しないと稼いではいけない」と思っている人は絶対に儲からない。また自虐的な習慣(大酒飲み、喫煙など)がある人も儲からない、なぜなら自虐的結果を深層心理が求めているから。深層心理が現実を引き寄せるから。
○心を常に平静に保てること、ネガティブな感情が皆無である状態がベスト。

投資日記TOP

株主優待銘柄
チャート

本日の指数

SQについて

月足チャート・3年

権利付き最終日

優待銘柄リスト

株主優待商品

ポートフォリオ

テーマ別銘柄

売りの勝ちパターン

よくあるパターン

マイルール

アノマリー

統計資料

投資のことわざ

投資関連の本

四季報

TIPS

投資用語

リンク

TPP

Company

格安出張

ビジネスマンにおすすめ

24時間ゴルフ予約OK

おすすめ温泉

カラ売りの勝ちパターン

カラ売りするときの相場条件

・日経平均が下げ基調・・・全体的に売られやすいから

・円高の傾向・・・・日経平均が下がりやすく、全体的に売られすくなる

・水曜日・・・全体的に上げのピークになることが多い

・木曜日・・・・金曜日に利益確定ウリが出やすいから、その前日か、前々日にカラ売りを仕込む

※注意: 以下は過去の勝ちパターンです。未来を確約するものではありません。

・カラ売りを仕掛けたら、すぐに指値で利益確定を指定しておきます。

デッドクロスを確認してからのウリ

デッドクロスの下の陰線

初動ねらいです。

つぎの反発の陽線で5日線を回復できないときは

追撃売りのポイントです。

デッドクロスしていること前提

これも大陰線のあとの、5日線の下の陰線で売り。

デッドクロスしていること前提

これも大陰線のあとの、5日線の下の陰線で売り。

大上昇からの利益確定の一瞬をねらう

大陽線の次の陰線

大陽線の翌日の陰線で売り

翌日、利益確定。

上昇中なので長居は無用。

大陽線2日のあとの陰線

大陽線が2日あり、3日目の陰線の出現で売り。

翌日、利益確定。

大陽線の次の含み陰線

5日線までは下げる。

 

天井で5日線を切った大陰線をねらう

大上昇したあと、

寄り付きで、5日線を切ったら、追撃のウリ。

もみあい・長居は無用

大陰線が2回続いたとき

大陰線が続くと、下げエネルギーも一休みか。

上昇トレンド継続中なので長居は無用。利益確定。

 

トップ本日の指数教訓鉄則・法則投資のことわざ投資用語世界の譲渡税統計資料TIPS