Home 投資トップ 今日の指標  鉄則・法則 月別注意点 統計と株価 投資の心構え ことわざ 投資用語

トップ

本日の指数

テーマ別銘柄

ポートフォリオ

優待銘柄

権利付き最終日

よくあるパターン

マイルール

アノマリー

統計資料

投資のことわざ

投資関連の本

四季報

TIPS

投資用語

リンク

ビジネスマンにおすすめ

格安出張

おすすめ温泉

24時間ゴルフ予約OK
バーゲン品の市場

投資のマイルール

チャンスは何度でもある、わからないときは休む

相場はずっと続きます。わからないときに売買する必要は無いのです。

大数の法則

確率は試行回数が多いほど理論値に近づく。

1回の売買よりも多数の売買により大数の法則が利いてくる。

ひとつの銘柄よりもたくさんの銘柄の売買により大数の法則が利いてくる。

テーマ銘柄を選ぶ

相場のテーマに乗っかれば株価もよく動くので利益も出やすいです。

5%でスイング年利50%

一月に5%のスイングができれば年利は50%を越えます。10%を狙うより5%のほうが確率は高いです。

利食い千人力

欲張るとろくなことがありません。利があるうちに利益確定することが肝要。「利食い千人力」

日経平均の調整は4日から11日程度で6%から11%程度

日経平均が下げたからといってビビルことはありません。6%から11%まで調整したら必ず戻ります。

調整中に良い芽が出る

日経平均が調整しているときが仕込みのチャンスですから、ずっと株価を見続けることです。

調整開始から3日目ぐらいからが良い芽が出やすくなります。

どんな忙しいときでも、どんな地合の悪いときでも、株価はチェックしよう。

長期に持てば持つほどリスクは高まる

   なぜなら時間経過とともに不確定要素がどんどん増えるから。

短期ならリスクは限定的である

   しかしリターンも小さい。しかしリスクを抑えることが怪我しないコツ。

連休前、週末は基本的に手仕舞。

  これも週末、連休中の相場環境の変化リスクからフリーになるため。
  特に年末、年始、ゴールデンウィーク、お盆休みなどの連休前にはノーポジとする。というのも、日本が連休でも世界の株式市場は動いている。世界のどこかでマイナス要因が出ると連休明けには暴落するリスクがある

上げは遅く、下げは早い

  買いタイミングは遅くなっても大して変わらないが、売りはスピードが肝心である。売り遅れるとみるみる値が下がることがある。

リバウンド狙いの買いは1/3ずつにわけて試し買い

 リバウンド、逆張りねらいのときは、一度に大量に買ってはいけない。リバウンドしそうにないときは、すぐにロスカットすること。

 

自分の投資方法

日経平均が大幅安の翌日の形が肝心。翌日に陽線がでて、夫婦、たすき、はらみ、つつみの形になったら買い。(ローソク足の研究)
売買の基本条件

投資のサブルール

毎月の注意事項

テクニカル

ローソク足の研究

押し目水準の自動計算

投資のことわざ
各種のアノマリー

トップに戻る