日本一周ドライブ

日本の東西南北の端、制覇

四国八十八カ所巡り

ロングドライブ記録

ロングドライブのコツ

全国の灯台

ハイドラCP一覧

これから行きたいグルメ

リピしたいホテル

北海道、便利な地図

道の駅、一覧、訪問リスト

神社巡り

SA,PA、グルメ、メモ

■海外

リトアニア
アメリカ
イギリス
モナコ
イタリア
フランス
中国

■過去の旅日記

20152014

201320122011

201020092008

20072006

飛行機とホテルがセットで格安
JAL楽パック、ANA楽パック】 

 


レストラン検索】 

じゃらん

since 2017/11

 アクセスカウンター

 

 

 

 

 

 

 

絶景ハンター☆モフモフPの旅

北海道
ロングドライブのコツ、装備、車中泊   ロングドライブ、過去の記録   東西南北の端   日本一周の状況   灯台,全国一覧   ハイドラ   TOP

【目次こちら】ベトナム、ホーチミン、2017年11月index

【ベトナム】ホーチミン(サイゴン)☆2017年11月

事前情報・基礎知識

1・事前情報・基礎知識

2・ベトナムの食べ物、これだけは食べておきたい

基礎知識

ベトナムは南北に長い。気候も文化もちがう。

北に首都ハノイ、南に商業都市ホーチミン=サイゴン。

サイゴン(ホーチミン)と、ハノイの違い、雰囲気、人、文化など

++++++++++++++++++++Wikipediaより

ハノイ

ハノイはベトナムの首都。政治と文化の中心。日本でいうところの京都。人口は650万人(2009年)

ホーチミン

ベトナム人の間では「HCMC」「TP.HCM」と省略されることが多い。

旧名はサイゴン。「サイゴン」という表現が、様々な場面で使われており、都市名としては「ホーチミン市」よりも通じる。

古くからベトナムの経済的中心地として栄え、「東洋のパリ」と呼ばれた

++++++++++++++++++++もふもふPの感想

今回、南のサイゴンに行ってサイゴンやハノイの知りあいたちに会ってきたのですが、彼らからの話しで肌で感じたことは、サイゴンとハノイは、住んでいる人たちの性格もちがうし、街の雰囲気もちがうということ。料理も少しちがいます。

南のサイゴンは、日本でいうと、ひとむかし前の京都が政治の中心だったころの、大阪のようなかんじ。

商売の街で、賑やかで活気がある街。サイゴンの人たちもざっくばらんで開放的。

北のハノイは政治の中心で、お役人さんが多く住んでいて、堅苦しいイメージを南の人たちはもっているようです。

また、北のハノイは、中国の影響を長く受けていて、政治の中心となる共産党の考え方が支配的だそうです。

南は、フランスによる影響が強くどちらかといえば自由な雰囲気。

実際に住みやすいのは南のサイゴンかな。

わたしは風景写真が好きなのですが、ハノイのほうは美しい湖や山があるらしいので、それはそれで行ってみたいです。

ベトナムの人たちと知りあいになると、意外と日本語をプライベートで勉強している人が多くておどろきました。

日本が好きということで、われわれ日本人としては嬉しいです。

彼らは英語を学校で学びますが、英語より日本語のほうを学びたいという雰囲気でした。

++++++

参考

ベトナム観光局

ホーチミンの気候、服装

最大の都市であるホーチミンは最南部に位置していて、ベトナムの中でも暑い街の1つなのです。

年間の平均気温は26C。1年を通して気温差は小さく、25°C〜30°Cで推移しています。
乾季は11月〜4月頃まで。5月〜10月頃は雨季となります。
中でも4月〜5月は年間でも気温が一番高くて、日差しも強烈ですし、湿度も高くてねっとりと肌にまとわりつくような暑さとなります。

ホーチミンは1年中真夏のような暑さなので、基本的には半そでや短パンなど動きやすい服装が一番でしょう。

ただし、レストランやホテル、ショッピングセンターなどでは、冷房がかなり効いていて、室内は肌寒いほどです。

ホーチミンは暑いので、室内に入るとひんやりと気持ちはいいのですが、カーディガンなど羽織るものを持っていくことをおすすめします。

また、ホーチミンは日差しが相当強いので、日焼け対策も必要です。

帽子、サングラス、日焼け止めなどのほか、日焼けが気になる方は、半袖よりも長袖を。

ベトナムは全体的にドレスコードなども厳しくないので、レストランでのディナーなどでもそれほど堅苦しく考えることはありません。

ただし、ホーチミンは、クラシカルなレストランやフレンチレストランも多いので、そういう高級なレストランでの食事を予定しているなら、少しおしゃれをして行かれると、お料理とともに雰囲気も楽しめますよ!

ハノイより気候は温暖で、寒い季節でも最低気温は20度を少し下回る程度です。暑いのが苦手な人であれば、乾季である11〜4月に旅行するのがいいでしょう。

参考

https://www.jtb.co.jp/kaigai_guide/report/VN/2017/05/hochiminh-climate-clothing.html

https://hotels.his-j.com/ct/tripiteasy/?p=2015

ベトナムの交通

 

ホーチミン、タンソンニャット国際空港から市内へのアクセス

・タクシーは1万ドンがプラスされる

基本的に空港からのスタートは1万ドン、50円が加算される。

https://www.asiatravelnote.com/2017/03/24/ho_chi_minh_airport_transportation.php

・・通貨はベトナム ドン (VND)

・ドンは、2で割って100で割る。

20000ドンは、100円。100円ショップは2万ドンショップ、、へんな覚え方だが(笑)

・・タクシー予約アプリGRAB

・Grabについて参考サイト

2017年7月現在Grabは東南アジアの7か国・36都市で営業しており、アプリのダウンロード数は5000万以上、ドライバーの数は110万人にのぼるとされている。

http://jp.techcrunch.com/2017/07/25/20170723grab-raises-2b-from-didi-chuxing-and-softbank/

・・Wi-Fi状況

いまでは店でWiFiが利用できるのはベトナム人にとっては当たり前です。

カフェ&レストランではほぼ100%の確率でWiFiを利用することができます。

ホテルではゲストハウスやミニホテルから5つ星のファイブスターまでどんなところであってもWiFiがあります。

WiFiの該当IDを探します。基本はお店の店名をIDにしているので、探すのにそう苦労はしないはずです。ほとんどが一番上あるものが該当します。

次に、接続ボタンを押せばいいのですが、このとき、ほとんどの店がロックをかけているため、パスワード画面に移ります。こればかりはお店の人に訊かなければならないので、スタッフに質問してください。

WiFiが利用できる店は多岐にわたり、カフェ、レストラン、ホテルをはじめ、商業施設でもたいてい使うことができます。スーパーのフードコートでもテナントがWiFiをひいているので、利用した店のIDを利用しましょう。

お店でWiFiが利用できない可能性があるのは、食堂や屋外の屋台くらいのものです。

・空港のWi-Fiはパスワードが必要ないが遅い。空港ではお店に入り店のWi-Fiを使うと高速になる。

http://blog.vietcam-oh.com/basic/detail/000192.html

 

治安は比較的安定しているが置き引き、スリなど注意は必要

移動、街中はタクシーがベスト、mailnh または Vinasun

mailnh または Vinasun というタクシーがおすすめ

交通マナーはよくない、要注意なのが、大量に走る「バイク」

信号を守らないので危険。

1台のバイクに親子4人が乗っていたりバイクでこんなものまで運ぶのかとビックリするような荷物を積んで曲芸的に運転する人々などもいて、枚挙にいとまがない。

「最初は道路を渡るにもドキドキして、時間もかかっていましたが、最近はコツを覚えてベトナム的に渡れるようになりました。コツは「走らない」「止まらない」「避けようとしない」「ふらふらしない」「バイク、車を見ない」」http://news.livedoor.com/article/detail/7617499/

渋滞も多い。時間は余裕をもって計画。

観光地では英語でOK

15日以内ならビザは不要

 

お金、経済

レートはだいたい2万ドンが100円

2017年11月

両替はベトナムの空港でする

空港は換金レートが悪いというのが定番でしたが、最近は市内で両替するのとさほど変わらなくなってきたとのこと。

民間の両替商はこの銀行レートを基準に考えている。

銀行は安全。だが混んでいて時間がかかる。

街中はレートを比較する必要があるのと、ひったくりが街にいることもある。

ホテルは高めだが安全。

穴場は、ゴールドショップとのこと。

「東南アジア旅好きの人にとっては定番ですが、ビギナー旅行者にとっては、「ここでも両替してくれるの?」と少々驚く穴場。それが「ゴールドショッ プ」です。その名の通り、金を売っている店なのですぐに分かります。ハノイ市街地、ホーチミンのベンタイン市場界隈にあります。ベトナム人の中では、むし ろ両替商と言えばゴールドショップ、というくらい定番でもあります。

その魅力は何といっても良質なレートです。すべてとは言いませんが、儲かっている店ほどレートがよく、その利率は両替商以上です。現地在住者は決まって一つか二つ、良質なレートを提供してくれる店を知っているので、ネットで調べてみるのもいいかもしれませんね。

街中とゴールドショップでは、なんと、レートの交渉もできます

http://blog.vietcam-oh.com/basic/detail/000178.html

チップは不要

タクシーは不要

ホテルで特別なお願いをしたときは1ドル、100円ぐらい。

高級レストランなどでは必要な場合もある。ケースバイケースで。

 

物価は日本の3分の1!コスパは世界一!

ベトナムコーヒーは道端の露店で飲むなら10,000ドン程度。しかし、ちょっと小洒落たカフェで飲むと30,000ドンと3倍に跳ね上がります。そし て、冷房が効いたカフェなら50,000ドンするところも。この物価のギャップはちょっと日本じゃあり得ませんね。しかし、ベトナム人はもう慣れっこのよ うで、「冷房が効いているなら、この値段でしかたないな」とのこと…

ベトナムで買い物をするとき、「価格交渉」をするのが普通

割安で旅行できる都市ランキング、ベトナムのハノイとホーチミンが世界1と5位。

海外大手旅行情報サイト「Price of Travel」によると、割安で旅行できる都市ランキングで、

ベトナムのハノイが世界一位、ホーチミンが世界5位に選ばれています。

さらにトリップアドバイザーでは世界一にハノイが輝いています。

滞 在費は宿泊代や移動費、平均的な食費、観光施設の入場料などを鑑みて算出されたもの。

確かにベトナムは一泊1000円前後で宿泊できる安宿が多く、現地価 格の食堂を利用すれば、かなり節約できます。もともと施設入場料は安く、博物館は平均20,000ドン程度。ホーチミン市内すべて回っても1000円でお 釣りがきます。

★価格チェック【ベトナム・格安ホテル

+参考

https://www.hcm-cityguide.com/c/basic/s/visiting-information/articles/27

 

FOOD EXPO

https://foodexpo.vn/en/venue.html

ベトナムの歴史、その他

・紀元前

中国の支配下、1000年ほど続く

・900年代

ベトナムが独立、その後、内乱期と平和期と繰り返す

・1800年代

フランス支配下

・1960年から1975年

ベトナム戦争、北のベトナム、南がフランスとアメリカ。

・1976年 ベトナム社会主義共和国が成立

・1978 カンボジア侵攻。ベトナム勝利。

・1979 中国との紛争、中越戦争。ベトナム勝利。

・1995 米国と国交樹立、ASEAN加盟。

++++++++++++

ホーチミンの名前は最近のことで、この地域は16世紀ごろまでカンボジアのクメール人の拠点でありプレイコールと呼ばれていた。

 

ハノイとホーチミンの違い

ハノイ

・落ち着いた雰囲気のハノイ

・ハノイの人々は控えめでおとなしい

・ハノイやその周辺は美しい自然が多いことでも知られています。ベトナムで唯一の世界遺産である「ハロン湾」は車で3時間程の距離

・「旧市街」1000年以上の歴史がある街並は路地が入り組んでおり、このエリアを貫通する「ハノイ36通り」には、たくさんの古い商店が軒を連ねています。

・家族と食事をする時、食べる前に挨拶をするのはハノイの基本的なマナー

ハノイへ行ったら、必ず食べてみたいものはブンチャーです。

ハノイの雨季には、梅雨の様な長雨が続きます。

ハノイの人は遠回りな言い回しが多いです。

ハノイの人はフォーマルな服装を着ることが多い

ハノイの中心地には湖がたくさんあります。

・http://www.vietmaru.com/archives/27233130.html

ハノイには四季があります。沖縄よりも南に位置していますが、冬には日中の気温が10 度を下回る日が数週間あり、時には北部の山間部で氷点下になる日も。11月に入ると、ハノイの人々は早々とダウンジャケットやウールのコートを着始めま す。オフィスには暖房がないので、セーターはもちろん、毛糸の帽子、マフラー、コートを着て仕事をする姿も。どうやら、ファッションも兼ねた冬のスタイル が好きなようなのです。旧暦のお正月(2013年は2月10日)を過ぎると少しずつ暖かくなって、3月には春が到来しますが、このころまでハノイには、 うっすらと白い霞(かすみ)がかかっています。日照時間も少なく、どんよりとした憂鬱(ゆううつ)な天気が続くため、喉を痛める人も多く、ハノイ在住の日 本人も、この時期は真っ青な空を拝みに南に脱出したくなるほどです。

この気候のせいなのか、ホーチミンをはじめとする南部地域の人からは、 「ハノイの人は陰気臭い、しめっぽい」などと揶揄(やゆ)されます。ハノイは政治の中心であり、共産党の指導が行き届くこともあるせいなのか、規則にうる さく、支配的な態度の人に出くわすこともしばしば。歴史、文化、伝統の面でも、古いものが色濃く残っているので、枠にはまった思考や行動をする人が多く、 少々窮屈にも感じます。

http://news.livedoor.com/article/detail/7617499/

ホーチミン(サイゴン)

エネルギッシュな活気に包まれているのが南部の大都市ホーチミン

・ホーチミンはかつてフランスによって植民地化された時代があり、その名残が街並みに色濃く残っている

・スパやマッサージがとてもリーズナブルなため、女性観光客の人気も高い

・必ず食べてみたいものはコムタム。COM TAM

 

・サイゴンの雨はザッと降って、すぐに止みます。

・サイゴンの人は率直な話し方が多いです。

・サイゴンは、ラフな服装が普通です。

・サイゴンの中心には、Conruaという小さい湖しかありません。

・参考

・https://hotels.his-j.com/ct/tripiteasy/?p=2015

・http://www.vietmaru.com/archives/27233130.html

大阪にたとえられることからもわかる通り、ホーチミンには活気があり、「宵越しの金を持たな い」みたいな自由な気風があります。南部地域はメコン川から多大な恩恵を受けていて、食べるものには困りません。コメの二毛作は当然ですし、果物、野菜は 放っておいても育ってしまう。川や海に行けば魚はいくらでも採れる。年中温暖で肥沃な土地ゆえ、飢えや寒さの心配はいらず、自然とのんびりとした生活にな るのだと思います。経済、商業面では、ハノイの倍以上の規模があり、独立心が強いのも特徴です。ベトナム戦争前の「サイゴン」という地名を今でも誇りを 持って使っていますし、自分たちのことも「サイゴン人」と呼んでいます。開放的で自由闊達(かったつ)な彼らを見ていると、「ここはハノイと同じベトナム だろうか?」と思ってしまいます。お店での接客やサービスも、ホーチミンは明るくフレンドリー、ハノイではむっつり事務的で、極めて対照的。一方、ハノイ の人からすると、南部の人は「やかましい」「品がない」「横着」「節操がない」と映るようです。

http://news.livedoor.com/article/detail/7617499/

 

 

飛行機、ホテル、価格チェック、予約、関連サイト

楽天トラベル【ベトナム・格安ホテル

 

Wi-FiをもっていけばずっとLINEやメール、Internetもできる

撮影カメラ

キヤノンG9X mkII】1型のセンサーと反応の速さに感動

ピント合わせがめっちゃ高速、起動も速いのでチャンスをのがさない、

1インチのセンサーなので暗いところもバッチリ、使えます♪(^ω^)

★価格チェック【キヤノンG9X mkII

導入レポートこちら「キヤノン G9X キタ━━(゜∀゜)━━!!!」

NIKON D5600】 ISO25600は暗闇でも写る

・NIKON D5600、ニコン AF-P DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR、ニコン AF-P DX NIKKOR 70-300mm f/4.5-6.3G ED VR

・ISO 25600!! なんといっても夜間は圧倒的に強いです。

価格チェック【NIKON D5600】  

【iPhone】

iPhoneとFoodieの組み合わせは、自分の好きな色の写真を簡単に作れるので重宝してます。

・ほしいもの

Hover Camera】 

Appleが作ったドローンだから使い勝手が良さそう、追尾カメラ

ドローン、【Hover Camera】 

 ☆国内【航空券とホテルがセットで格安、絶対お得☆JAL楽パック、ANA楽パック】 混んでるときもホテルが予約できるし割安だしパックが絶対お得です。

海外ホテル比較 フォートラベル

全国、登れる灯台、15基

日本の旅行☆Index

北海道

海外旅行☆日記☆・アメリカイギリスモナコイタリアフランス中国