ロングドライブの記録

WRXトップ

WRXのメンテ

MY WRX

WRXの歴史

WRXのすすめ

サーキットの準備

・・・・

アルミテープチューン
【エンジン回り追加】

【ディフューザー、ガラス、エアロ

【マフラー、バッテリー、エアクリ、足回り】

 

ロングドライブ

ロングドライブのコツ♪

使用レポート

エンジンオイル

アクアクリスタル

タイヤ

冷却水 ,ビリオン スーパーサーモ,LLC タイプRプラス

サスペンション

ランキング楽天

エンジンオイル

ギヤオイル

タイヤ

スタッドレス

アルミホイール

バッテリー

その他・カー用品

■アウトレット

エンジンオイル

ギヤオイル

Back Number

2011 / 2010 / 2009 / 2008 / 2007 / 2006 / 2005 / 2004

こんな道はイヤだ系

世界の危険道路

since 2014/08

アクセスカウンター 

 

インプレッサの日記 2014年7月、8月、9月、10月

エンジンオイル交換は5000キロごと、、という定説がありますが、

これが一体本当かどうかは、実際に交換するときのオイルを見ればわかります。

モービル1 0W-40での場合、前回、8000キロで交換したときのオイルの汚れはさほどでなく、そのため、このオイルなら8000キロは走れると判断しました。

その後、1万キロで汚れを見ましたが、さすがにこのときは非常に汚れていました。

 

 

このときは、直前に北海道一周を行い11日間で6500キロ走行、毎日16時間走行したのでオイルにも負担が大きかったと思います。

エンジオイル、100%合成か部分合成か

メーカーによっては部分合成なのに100%合成と書いているメーカーもありますので要注意。

それは乗ってみればすぐわかります。

部分合成油の場合、1500キロから2000キロ走行でガサツキ、もたつき感がでてきます。特に高回転まで回せばはっきりわかると思います。

とはいえ、自分のは2000ccターボなのでそうなのかもしれず、馬力の小さいクルマなら、発熱も少ないのでもっと長持ちすると思います。

ターボ車の場合、高速回転するタービンにもエンジオイルが使われるので、エンジオイルをケチるとタービンに悪影響も考えられます。

そもそも、わたしがモチュールを入れ始めたのはスバルのWRCチームが使ってるオイルがMOTULだったからです。

単にミーハーなだけですが(^∇^;)

↓↓↓

この写真では5W40のようです。

で、わたしのインプレッサくんは、ずうっとMOTULだったんです。

こんなかんじ、いろいろ入れてみました。

↓↓↓

 

吹け上がりの良さとか高回転でのレスポンスは最高でした。

けど、一時期、MOTULが、日本に輸入される量が激減して、入手困難な時期があり、

そのときに、MOTULに変わる100%合成オイルを探していて、見つけたのがゼロスポーツのチタン。

★価格チェック【ゼロスポーツ・チタニウム

これもMOTULに負けず劣らずいいオイルでした。

こちらは、低速域のトルクが上がって乗りやすい感じがしました。

これも、MOTULもだいたい4Lで1万円から2万円してました。

高かった。。

その間、車検のたびにスバルさんが無料サービスで純正オイルを入れてくれるので、スバル純正オイルも体験はしました。

車検のときに入れてくれるのは、部分合成オイルで5W30という粘度。

わたしがインプレッサに使う唯一の部分合成オイルなんですけど、

やはりターボ車には役不足なのか、2000キロぐらいで、ガサガサしてきます。加速もいまいちになり、音がうるさくなってくる。

特に高回転域はダメ。オイルが回転においついてないかんじがする。回ってるときのなめらかさが感じられなくなる。

この状態でサーキットなどいくとタービンが焼き付くかも、、みたいなかんじ。

そうなると、がまんできず、MOTULに交換というパターンでした。

なので部分合成オイルは2000キロ、だいたい2ヶ月で交換という目安です。

その後、もっと財布にやさしい100%合成オイルを探していて見つけたのがモービル1 0W-40です。

これは日産GTRとかの純正オイルに指定されてるものです。

ネットで買うと安いんです。★価格チェック【MOBIL1 0W-40RP

これもMOTULやゼロスポと同様に高性能です。

クルマが軽くなる感じと高回転域での回転の伸びの良さは抜群です。このオイルの特性だと思います。

おまけに、燃費がMOTULやゼロスポより良いということもあり

いまのところモービル1 0W-40が定番となっています。

 

 

 

オイル交換、エアクリ交換、タイヤローテーション、下回り洗浄、2014年10月

・下回りの洗浄

北海道と東北遠征5400kmで、日本海の荒波をかぶってきたので、下回りを洗浄した(^-^)b

・エンジンオイル交換

オイルも交換。いつのまにやら9400kmも走行していた。

それもそうだよ、北海道に行く前に4000kmぐらい走行していたから、これに5400km足せば9400kmだよね。

北海道に行く前は、まだ4000kmだからまだまだ交換しなくていいか、と軽く考えていたけど、意外と距離を走ったね。

オイルは今回もモービル1 0W-40、いろいろ使ってきて、これ以外の選択肢はいまのところナシ。

100%合成に限る。そして価格からしてモービル1 0W-40が一番。

・タイヤのローテーション

タイヤも、新品にしたのが今年の4月。このとき12万キロだったのが

いまでは、14万キロ。半年で2万キロ走ったな(^∇^;)

いままでの走行記録はこちら「日本一周の旅

・エアクリーナー交換

前回は昨年の9月に交換。

あのとき11万キロだから3万キロも走行してしまった。

かなりよごれてたよ。

STIタイプのは乾燥式なのでエアを当てて掃除もできるから、
次はときどき掃除しよう。

・・・・・・・・・・・・・

 

 

おすすめエンジンオイル【モービル1 0W-40、ポルシェ、ベンツ、日産GTR、レクサスなどの指定オイル☆】 【MOTUL300Vシリーズ】MOTULの省エネ系オイル【MOTUL8100 X-CLEAN】 【Mobil1すべて】 【トルクアップ実感★ゼロスポーツ・チタニウム】 【エンジンオイル人気ランキング】 

 

ちなみに

左が

1万キロ走行後のモービル1 0W-40

右の子ビンが新品

さすがに1万キロはきびしい。

 

8000キロ走行後のモービル1 0W-40

このときはまだ使えそうなかんじ。

秋の風景

 

 

 

リヤ・スピーカー取り付け

知りあいからゆずってもらいました。

パイオニアの大型スピーカーです。

かなり存在感あります。

インプレッサの標準スピーカーは、フロントのドアに左右にあるだけですから、これがあると、ぜんぜん迫力が違いますね。

両面テープで固定してます。

 

トヨタのFT-1 ビジョン・グランツーリスモ

トヨタ自動車は8月13日、米国カリフォルニア州において、トヨタ『FT-1』の新バージョン、『グラファイトFT-1コンセプト』を初公開した。

トヨタは2014年1月、デトロイトモーターショー14において、FT-1を発表。トヨタの北米デザイン拠点のキャルティ・デザインが開発し、将来のトヨタスポーツカーの方向性を示すモデルがFT-1。同時に、『グランツーリスモ6』にも、FT-1がバーチャルで登場している。

今回、米国カリフォルニア州で発表されたトヨタFT-1の新バージョン、グラファイトFT-1コンセプトは、内外装を従来のFT-1とは異なる雰囲気で仕上げたモデル。将来のトヨタスポーツカーの可能性に、新たな提案を行った。

そのハイライトは、新しいボディカラー。「グラファイト」と呼ばれるシルバー系のメタリックカラーは、デトロイトモーターショー14に出品された赤い1台とは異なり、落ち着いた雰囲気を放つ。

ボディカラーに合わせて、内装はシートやドアトリムなどを、ブラウン系のサドルレザーでコーディネート。プレミアムかつスポーティに仕立てた。

なお、このトヨタFT-1の新バージョン、グラファイトFT-1コンセプトは、同時に発表されたレーシングカーの『FT-1ビジョン グランツーリスモ』と同じく、2014年9月、PlayStation3専用ソフトウェア、『グランツーリスモ6』の無料アップデートを通じて、ダウンロードが可能になる。

グランツーリスモ6攻略こちら

トヨタの86 Society、峠、リッジクエスト

トヨタさん、なかなかいいもの作ってくれました(^o^)ノ

 

ドライブが好きな人にはピッタリのアプリだと思います。

 

 

「リッジクエスト」では、峠を走行したら記録が残るし、

現在地から近い順に峠を表示してくれるので

ドライブの計画も立てやすい。

 

個人的には、全国海岸線ラリーもほぼ大詰めで、

それが一段落したら山岳ラリーをしようと思っていたところなので、

ちょうど「リッジクエスト」がドンピシャ。

しかも86オーナーでなくても利用できるので大変助かります。

ありがとうトヨタさん

ハイドラCP巡りと、このリッジクエストでドライブのネタは、バッチリですね。

ちなみにリッジは峠のことみたいです。

クエストは探検。

 

リッジクエストの利用などは

スマホのアプリを使います。

 

 

 

 

軌道するとログイン画面になり

最初に一回

Facebookと連携するだけです。

 

 

さっさく四国の峠を見てみましょう。

いろいろありますね。

徳島では「チェリーロードライン」

というのが出てますね。

はて、、チェリーロードライン??

なんか美味しそうな名前ですが。。。

さらに調べるとちゃんと詳細もでてきました。

川島と三郷をつなぐ43号線だって。

んんん・・・ひっょとして

四国八十八カ所巡り、12番、焼山寺に向かう超ヘアピン連続のクネクネロードではないですかっっ

チェリーと言うほど甘くないよっっ

カーブは100以上あったような記憶が。。の

焼山寺についてはのレポートこちら「四国八十八カ所巡り、12番、焼山寺」

 

 

 

リッジクエストは、

現在地から近い順に表示してくれるから

知らない土地でも迷わずどこに行くのか

簡単に決められますね

スバルさんも、こういうアプリを作ってくれたらいいのにな〜

トヨタさんのマーケティングの上手さは

流石ですね!

 

人気の峠ランキング

 

いままで走った峠もいくつかありますね〜

 

 

一位の、伊勢志摩スカイラインも、この4月ぐらいに、行ったばっかしだよ。

大分も先月、行ったし。。

 

 

チェックイン記録として残すには、

また走りに行かないといけませんね( ̄∇ ̄;

MRZ06、おかしいナビ

カロッツェリアのカーナビですが、

おかしなナビゲーションがあったのでメモしときます。

このまえ、

徳島から秋吉台、別府弁天池、毘沙ノ鼻、日御碕、美保神社、美保関灯台、1310km

の途中で、

「右です」とナビが言うのですが

緑の誘導ラインは、まっすぐです。

そして、実際の現場は右の写真です。

わたしは、なんで「右」というのか一瞬、理解に苦しみましたが、無視して

まっすぐ走りました。

結果、正解でした。

 

推測するに、ナビは、ここをT字交差点と理解し「右」と言ったのだと思います。

┐(´ー`)┌ヤレヤレ