TOP

コンタクト

最初のコンタクト手順

地球外知的生命体センター

スピリチュアル

アセンション

天使に助けてもらう

天に聞く、瞑想

バシャールの言葉

現実の創り方

座右の銘

ライブラリ

データベース

エクササイズ

タイムライン

浄化レベル

月のチューニング

光について

食事のパワー

天使・天使界

Angel number

天使

サルーサ

ヒラリオン

ジャーメイン

ミカエル

プレアディス

ヒーリング

フリーエネルギー

メッセージ

座右の銘

ビジネス座右の銘

意識

BASHAR

今の贈り物に感謝する

全てうまくゆく

今が全て。過去は堂々めぐり

固定概念や常識を疑うことから進化が始まる

ET

人生を快適にするヒント

いろんなひとの言葉

自由に電力会社を選ぼう

ヤラセの歴史

小動物たち

100円ショップ工作

オモロ〜なこと

ミステリアスなこと

 

歴史・神話

ディスクロージャー

DVD

AKB48・DVD

乃木坂46・DVD】】

欅坂46・DVD

フリーエネルギー

公正な政治にする方法

サバイバル

地震の情報

原子力発電所

リンク集

チャネリングリンク集

過去ログ

2013年1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12

2012年1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12

6/7/8/9/10/11/12

2011年/2010年/2009年

楽天ブックス【BASHAR】 

since 2017/07

アクセスカウンター 

 

 

 

 

 

 

 

Home/ TOP/ 人生を快適にするヒント/ 世の中の名言集/

感謝、愛、いつも自由で新しい、今この瞬間、大きな信念、最高で最善で芸術的、夢に向かう人を応援します

・4つの法則: 存在する、すべてはひとつ、与えたものが戻ってくる、すべて変化する

・現実に最初から意味はなく、意味を与えているのは自分。

・与えた意味が戻ってくる、呼び寄せの法則

・大きな目標から降ろしてくる

・イメージしたときに波動の世界でそれが実現している、あとは三次元に受信するだけ、方法は宇宙にまかせる

・今が最高、最善、自由、感謝、今しかない、今がすべて

・心地よい方向にいるだけ

・天使たちのサインは、いつも身の回りにある。

・過去は脳の記憶のこと、悩みは過去の記憶のひとつ、過去はダウングレード

・常識を拡大することが進化

・質問よりも表現を

・愛と感謝、感謝は非常に大切。感謝の念を捧げる事は三倍になって帰ってくる。 感謝のエネルギーは愛、光及び豊かさの渦をあなた方の周囲に巻き起こして、あなた方を夢の方向に推し進める

・どんな状況も光り輝く未来につながっている、それは今

・言葉は、言霊、言葉は振動数。

・観測することで結果が変化する、観測することで波は粒子化する

・ 無念無想が命で自分の本来の世界

・息を吸いエネルギーを充満し宇宙と一体の光になる
・息を吐きながら最高最善をダウンロードし輝く

・感情がナビゲーション
・常に波動をモニタリングして高い状態に保つ
・笑うことは、インスピレーションとパワー、健康の元
・別の個性をダウンロードして別の自分を誕生させて楽しむ
・ 無限に広がるエネルギーを自由に呼び寄せる

シバイの精神

・自分独自の心地よさを追求する、自分を尊重する、干渉しない、ワクワク・ポジティブ・ハッピー

セラマト・ジャ(こんにちは) Selamat Ja

・ライトワーカーは自分の意識を進化させることによって世界に光をもたらす人のことです
皆さんは夜明けをもたらす者、光の守り手なので す。皆さんが動き回れ ば、光はそのまま皆さんの足跡をついて回ります。 皆さんが動き回ると、まさに点火の嵐を引き起こします。
皆さんは種をまく人として何度もの人生に渡って遠大な旅 をしてきました。その一つ一つには皆さん独自の刻印があり、一つ一つが存在となる順番を待っています。

 

アセンション、4つの兆候

・物事から感情的に影響されない。物質と精神の中間にいる
・三次元世界の人の目に留らない
・実現力が高まる
・すべてに安心感を持てる

・水をたくさん飲み、普段より食を減らし、十分な休憩と睡眠をとる
・自然の中で静かな時間をとること。
・対立的な人たちとの関わりを避けること。
・論争に巻き込まれないこと。
・自分がそうしたいかどうかで答えは見える
・あらゆる転生の目的は自己の発見
・心地良い音楽を聞く

アワの歌
あかはなま いきひにみうく
ふぬむえけ へねめおこほの
もとろそよ をてれせゑつる
すゆんちり しゐたらさやわ

モフモフ

スピリチュアル、2017年7月

すべては光輝く未来につながっている、それは今

生きるのが楽になる4つのテクニック 2017年7月バージョン

現実はあなたが意味をつけるまで意味を持っていない

現実は、あなたのテーブルに運ばれた料理と同じで、

あなたが食べるまでは味がついていません。

あなたが、それを食べて、初めて、あなたは「甘い、辛い、苦い、うまい、、などなど」と意味を与えます。

現実も同じです。いろいろな出来事が身の回りで発生します。

それには最初から特定の意味は持っていません。

あなたが意味を与えるまでは、意味を持っていません。

どういう意味を与えるかは、あなたの自由です。

楽しい、うれしい、悲しい、などなど

自由に意味をつける権利を持っています。

それが神からの祝福であり、あなたは世界の創造主という意味です。

あなたのつける意味があなたの世界を構成しているから、あなたはあなたの世界の創造主なのです。

このことはキリストやお釈迦さんが大昔から言っていることですし、神社の中に鏡があることにも関係していますが長くなるのでここでは触れません。

いや「○○は○○に決まっているじゃないか」という方もいるでしょう。

教育やマスコミなどにより「○○は○○です」という自動判断回路がたくさん脳に組み込まれていると

なかなか自分本来の発想に気づくことがありません。

しかし自分本来の命を輝かせて生きることと

自動判断回路で生きることはまったく別のことです。

自動判断回路は固定概念とか常識というものです。

自動判断回路はロボットにも組み込むことが可能です。

もし、100%自動判断回路で生きるのであれば、それはロボットで代用できるので、あなたがここに存在する理由はありません。

あなたが命をもってこの世界に誕生した目的は自動判断回路で生きることでしょうか。

ちがいます。

あなたは本来の目的をもっているはずです。

それはあなたの命をさらに輝やかせることです。

それは「あなたが楽しんでやれることをやること」です。

人に言われてやらされることではなくて「あなたがやりたいこと」をやること。

それは、どんなことでもよくて、毎瞬毎瞬、「楽しんでやれること」を追いかけて行けばおのずと道は開けて行きます。

 

呼び寄せの法則

もうひとつの大事な法則、それは、呼び寄せの法則です。

あなたが意味を与えるとき、あなたはその意味に沿った世界を見るようになります。

テレビで例えると、どの番組を見たいのかチャネルを合わせるのと同じです。

あなたが特定の意味を与えたとき、その特定の意味に合った世界を見ることができます。

ポジティブな意味を与えたときポジティブな番組が始まり、逆もまた然りです。

心のモニタリング

これらの新しい世界を生きるためのテクニックが心のモニタリングです。

24時間、心の中をモニタリング(監視)して自動判断回路に陥ってないか、どのような方向に心が振れているかチェックする必要があります。

この方法はキリストやお釈迦さんの時代からの「精神修行」というものですが、そんなに大げさに考えなくても日常生活でできることなのです。

モニタリングを始めると自分の脳の自動判断回路のクセがわかるようになります。その判断がなにに影響されたものなのかも理解できるようになります。そうすることでどんどん自分の望むように脳を変えていくことが可能になります。

 

不必要なものは手放す、縁を切る

もうひとつ大事なことは「不必要なことは手放す」ことです。

あなたがやりたいことに、それは必要ですか??

自問自答してください。

不必要であれば、モノも関係も捨ててください。

不必要なものとの関係を断つための象徴が剣なんですね。なので神事で剣が使われるのです。

あなたが「やりたいこと」に役立つことはどんどん取り入れて、「やりたいことに必要ないもの」はどんどん手放しましょう。

こうすることでどんどん身も心も軽くなります。

以上、

これらのテクニックを使えばだんだんと生きるのが楽になっていきますよ。

試してみてください。

I gonna do all I wanna do

原文はI wanna だが、自分風にI gonnaに変えている。

T REX

"Born To Boogie"

Baby baby I was born to boogie,
Baby baby l was born to boogie,
Spend some time with you, I wanna do all I wanna do.

Baby baby I was born a motivation,
Baby baby l was born a motivation,
Spend some time with you, l wanna do all I wanna do.

Boogie children, uh ah,
Boogie children, uh ah,
Boogie children, uh ah,
Boogie children, uh ah,

++++++++++++what is boogie

A style of blues played on the piano with a strong, fast beat.
‘the strident boogie of the title track’
count noun ‘the pianist cruises through old-fashioned boogies’
More example sentences
1.1informal count noun A dance to pop or rock music.

+++++++++

 

METAL GURU 降臨

"Metal Guru"

Metal Guru is it you
Metal Guru is it you
Sitting there in your armour plated chair

Metal Guru is it true
Metal Guru is it true
All alone without a telephone

Metal Guru could it be
You're gonna bring my baby to me
She'll be wild you know
A rock'n'roll child

Metal Guru has it been
Just like a silver-studded sabre-tooth dream
I'll be clean you know
Pollution machine

++++++++++++++++++

"Is a festival of life song. I relate 'Metal Guru' to all Gods around.

I believe in a God, but I have no religion.

With 'Metal Guru', it's like someone special, it must be a Godhead.

I thought how God would be, he'd be all alone without a telephone.

I don't answer the phone any more.

I have codes where people ring me at certain times."

 

+++Godhead

a greatly admired or influential person.

青空、、

藍天

挑戦しよう、ワクワクするぜ

 

2017年7月の名言

・まず「なにがほしいですか」から入るんだ

・悟りとは何だ

それは体験の中での気づきから得られる。

体験なので言葉で表現は言うことができないし言葉にしても理解できない。そこに行けばその景色が見えてくる。そういうものだ。

一度悟ればそこがセンターとわかるからセンターから外れることはない。

そしてそのセンターからさまざな光が飛び出してアイデアとなる。

・天から降ろしてくることが大事なんだ

・自分を信用していないから人を信用できないんだよ。自信のなさが不安につながってるんだ。

・チキンなやつほど吠えたがる。それは自分の自信の無さの表現だ。

・ビビって最初の一歩を踏み出せないなら、いつまでたっても進歩はないぜ

日本以外では、名前で呼び合うことで円滑にコミュニケーション

これは個人的な感想だけど、世界の人達は日本人が感じている以上に「名前を呼ばれること」を喜ぶと思う。その証拠に些細な日常会話であろうが、事務的な伝 言であろうが、ちょいちょい名前を挟んでくるのだ。この流れで名前呼ぶ必要ある? みたいな場面でも、しきりに名前を呼ぶ。日本人はどうだろうか。
海外では「名前を呼ぶ」が想像以上に重要なコミュニケーション

 

困難と思わず、現実を自分で創り出そう

他人がそれを困難といっても、自分がそれをそう思う必要はない。

現実は自分で創り出せる。

呼び寄せの法則でワクワクしながら、それに当たれば、ワクワクする結果を得られるのだ。

インディゴ・チルドレン、インディゴ・ピープル

http://spi-lab.com/indigo-children-102

2-1幼少期に見られる特徴

1970年代後半以降に生まれている
心身ともに過敏で、子育てが大変だったと言われる
興味のある事に執着し没頭する
出来る教科と出来ない教科が極端
年齢以上に大人びている
子供を見下している大人に説教をする事がある
不必要、無意味と捉えた物には耳を傾けない
自分の意思がはっきりとある為、反抗的で素直ではない態度をとる
特殊な能力がある為に、ADDやADHDなどの精神病と診断されたことがある
言語を使用したコミュニケーションに慣れず、発達障害と間違われることがある
人と同じ行動を取る事が苦手で、一人取り残されることがある
自分の世界に深く没頭する
原因不明の視力の低下や聴力の低下を経験して、また自然に回復している
一つの事に夢中にあると、他が見えなくなる
悪意が理解できない為、いじめの対象になってしまう

2-2精神性や意識に見られる特徴

意識が高く自己主張が強い
自分独自の考えがある為、強情である
純粋な心を持っている
ものに飽きやすい
人の事を簡単に信じてしまう
何故人と同じことをしなければいけないのか、理解できない
人見知りで、知らない人とは会いたくない
人に触れられることが苦手である
目的意識があり独立心が強い
低い自己評価と自尊心の高さの間を揺れ動く
浅く広いよりも、狭く深い人間関係を好む
自分は何者なのか、悩むときがある
自分にはやるべき使命があるように感じている
考えすぎて、思考の迷路にはまる事がよくある
漠然と何かがおかしいと感じる
理想が高すぎる為、鬱になりやすい
向精神剤など、薬物に依存しやすい傾向がある
自分は特別であり、尊敬されるべきであると感じる
世界の役に立ちたいという思いがある
やりたい事が見つかると、急に活力がみなぎってくる
何かを生み出す創造的な人を尊敬する

2-3能力や仕事に見られる特徴

音楽やモノづくり、文才があるなどの創造的才能がある
不眠や悪夢を見やすいなど、睡眠に障害を感じる
よく耳鳴りがある(宇宙からの交信)
鏡で自分を見ると、驚く時がある
何かに取りつかれたかのように独り言を言う時がある
体力はあるのに、何故か体調を崩しやすい
オーラが見えるなど特殊な能力を持っている
他者が、あからさまな嘘や表情のゆがみを分からない事が理解できない
他の人の身体的、精神的痛みを知覚する
電話が鳴る前に、その相手の顔が脳裏に浮かぶことがある
人が多い場所に行くと、体が重くなったり感情が乱れたりする
他の人が何を考えているか分かる時がある
年功序列など、旧態然とした考え方に反発を覚える
実力主義を望んでいる
自分にしか出来ないような仕事にやりがいを感じる
誰にでも出来る仕事にはやりがいを感じない
複雑な仕事や論理を、言語説明なしで理解する事ができる
望む望まないに関わらず、変化の多い人生を送っている

 

英語の勉強

come across: 知らない人に出くわしたとき

run into: 知っている人に出くわしたとき

おおざっぱにrun intoが一番使われる

http://eikaiwable.net/content/run-into-run-across-come-across

 

BASHAR

以下は「the PLANET from NEBULA」より

貴方の信念は、”今ここ”の瞬間瞬間の想いの集合体(まとめ)でできています。つまり信念とは、貴方が繰り返し考える”思い込み”の集合体が 正体というわけなのです。貴方の思い込み”が信念になるまで大きく成長すると、その信念がフィルターとなって様々な情報をフルイにかけるようになります。 例えば”何をやってもパッとせず、自分はしょうもない”と想うとします。その”思い込み”がいくつも集合すると、やがては自己否定の信念が誕生します。自 己否定の信念によって、あらゆる挑戦を避けて通るようになり、結果的に貴方の成長に蓋がつくようになります。成長に蓋がつくという意味は、生命の進化する スピードに乗らない事を意味しています。すると、エネルギーがたちまち停滞してゆき、ストレスから病気へと繋がってゆくというわけなのです。

 

ですから元となる信念、元となる貴方の”思い込み”を探り当てて、新しい”思い込み”と入れ替えてあげる事が必要です(*新しい”思い込み” をポジティブに変えてあげると言う意味です)。信念の中身は、思い込みなのです。信念の内容物を、ポジティブな”思い込み”に変えてあげます。それをする 事で自動的にフィルターがポジティブに変わるので、おのずと体験もポジティブの体験が引き寄せられてきます。

 

幾つもある信念のうち一つだけでもポジティブ信念に変える事ができたら、あとは芋づる状にどんどんポジティブにシフトする事ができます。まずは選びやすい見つけやすい信念を選び、それをポジティブにしてゆきましょう。大抵見つけやすい信念が、一番大きな信念となります。

物質界の世界は、ちょうどハイパーキューブのようであるとバシャールは説明しています。普通の立方体の側面を『扉』だとすると、この6つの側 面どこの『扉』を通っても全く同じ立体(世界)のみを体験します。これが古い概念の世界観です。もっと簡単に説明すると、立体の側面を視点だとします。6 つの異なる視点があっても、同じ世界観を体験する世界、これが古い概念の世界観です。

 

一方高次的視点で捉える世界観は、ハイパーキューブで説明する事ができます。ハイパーキューブは6つの『立方体』が合体した物体です。一つ一 つの立体を『扉』だとすると、それぞれの『扉』から入る世界はそれぞれ異なる世界となります。つまり右隣の『扉』と左隣の『扉』に繋がる世界は全く違う世 界というわけなのです。ですからハイパーキューブの側面を視点だとすると、6つの異なる視点から6つの異なる世界を体験する、という具合です。ですから6 つの異なる世界が重なり合って一つの空間を占めている、これが高次的視点で捉えた物質界の正体というわけなのです。

 

過去、未来、現在、異次元、これらの全てが一つの同じスペースに重なりあって存在しています。それぞれは波動域の違いだけで、”今ここ”のタ イミングでそれらの波動にアクセス可能です。つまり”視点”を変えてあげるだけで、これらの世界観を体験する事ができるというわけなのです。

 

『時間』は私達人間が作り出した概念であって、実態がありません。とは言っても私達はみな『時間と空間』を当たり前のように体験しています。 『体験のみが真実である』とバシャールが断言しているように、私達の住むこの物質界は意識が作り出す”概念の世界”です。しかし概念の世界でありながら も、そこから得る体験は、貴方に”一生分のトラウマ”を誕生させる事ができほどの力をもっています。*しかし”一生分のトラウマ”を背負う選択をしている のは、貴方本人です。

 

この物質界を”ロール・プレイング・ゲームの世界”と例えると、”イリュージョンの世界観”を理解し易くなるかもしれません。本番よりも予行 演習の方がうまく運ぶ事があります。それは意識がリラックスして心に余裕があり、また結果にこだわらない事にあります。それと同じように、

この世界はイ リュージョンである

事を認識するだけで、貴方の気持ちに余裕が誕生します。

周囲に振りわされるのではなく、自分にコントロールする力がある事を知ります。

またこの世界はイリュージョンである事を認識するだけで、新しいアイデア、新しい波動を受け止める”隙間”が出来上がります。非物質界の波動を感じる心が 養われ、貴方は本当の意味で”宇宙を象るエネルギー”を手に、自分の世界を創造する事ができるようになるのです。 

 

私達は『一生分の幸せ』を幾つも創造できる波動域に来ています。貴方から誕生した幸せの『わ』は、周囲の幸せの『わ』と統合して更に大きな 『わ』を形成してゆきます。貴方が発した『わ』が地球全体を駆け巡り、空に向かっても放出されてゆきます。貴方が発した『わ』を受け取った宇宙のどこかの 存在は、その波動に賛同して『わ』を更に大きくしてくれます。それはまるで、球技場で起こるウエーブ(観客が起こすパフォーマス)のように、次から次へと 波を掴んで大きくなってゆくのです。

 

 

 

 

 

自然界に住む動物達の意識が存在する波動域があります。その波動域にアクセスして彼らの意識で(つまり彼らの目で)周囲を見渡してみましょう。そう する事で『自然体の自分』になる道を見つけ出す事ができます。なぜならば、貴方もまた自然界の存在で一部であり、自然界の意識にアクセスするという事は 『自分自身』にアクセスする事を意味しているのです。

もともと高次元の存在である私たちが物質界を体験するには、物質界仕様の『ギア』を身につけてゆく必要があります(*『ギア』=体のこと)。 もちろん魂の存在が一時的に物質界に降り立つ事も可能です。例えば一時的に息を止めて海中を散策する、そんなニュアンスですし、また映画でいうと”プレ ビュー”を見るという感じです。

 

私たち非物質界の存在は、”物質のスーツ”を着込んでわざわざ波動を下げて物質界を体験しにやってきています。ですから私たち3次元密度側か ら見るとスーツを脱ぐ瞬間が『死』を意味する体験となります。しかし非物質界側からは『誕生』を意味しているのだとバシャールは話しているのです。

 

非物質界に誕生した貴方は、貴方のソールグループやガイド達から迎え入れられ、まるで街全体がお祝いでもしてくれているような、そんな喜びを 体験します。物質界での体験が困難の連続であっても、また貴方は物質界へ戻って色んな体験をしてみたいと思いますし、物質界の特徴である『コントラスト』 を体験しつつ物事が実る過程を体験したいと思うのです。誰も”二度と行くもんか!”とは思わず、逆にまた行きたい!と願うようになるのだとバシャールは話 しています。

貴方は自分の人生を構築する”アーティスト”であるとバシャールは話しています。新しい波動域に突き進んでいる私達はまさに、真っ新なキャン バスを歩み進んでいます。手に持つパレットには沢山の色が乗せてあり、貴方は自分が選んだ”色味”で自分の人生を描いています。ですから『自分にとって、 こういう意味なんだ』と主張できる権利は、他の誰でもない貴方だけに与えられているのです。なぜならば、自分の人生は貴方が構築しているのであって、他の 誰かが貴方の人生を作ってくれているわけではないからです。貴方が自分の作品の製作者であり、貴方がその作品の波動を反映させて“カタチ”にしている張本 人なのです。ですから他の人がどう何を言おうと全く気にする必要はありません。

 

芸術家やミュージシャンは『自分自信』を作品に投影しています。非物質界の波動を彼らの視点で解釈し、彼らの思う”カタチ”に落としたものが 絵や音楽や本というカタチに変わって表現されています。という事は、『貴方自信』が作品そのものである事が言えるのだとバシャールは話しています。そもそ も『貴方自信』が投影されているわけですから、元となる貴方も作品そのものという捉え方ができるというわけなのです。

 

好きな自分、望む自分を創り上げ、”ありのまま”の貴方を”今ここ”の自分に投影してゆきましょう。そして、100%の貴方を表現してゆきましょう!

 

環境を変えることの意味

『空間と時間』やルールや法則を一旦手放し、自由な気持ちで貴方の住みたい世界を描いてみてくださいと、バシャールは話しています。ルールに 沿った考え方、『箱』にはまった捉え方を一旦やめて、子供の頃に持っていた自由な発想と開放的な気分を思い出し、楽しい情景や笑顔が絶えない自分を想像し てみてください。

 

とは言っても、『〜あるべき』だとか『こんなの、ありえない』と論理的な考えが頭をもたげてしまって、なかなか想像できない時があります。例 えば、幸せな自分を想像する事すらできない状況もあるでしょう。そういう状況の時の貴方は、五感全てが”イヤイヤモード”になっている時です。”イヤイヤ モード”になると、新しい波動を受け付ける事ができませんし、『護り体制』になって新しい波動、ポジティブなアイデア、チャンスの全てを跳ね除けてしまい ます。

 

五感全てが”イヤイヤモード”になっている時は、まずその”場”から遠のいて”感覚”に変化を与えてあげる事が先決です。つまり一番手っ取り 早い方法が、環境を変える事なのです。森へ出かけて鳥の声を聞いたり、川辺に出かけて風を受けたりと、五感で受信するエネルギーを環境から変えてあげま す。この時の貴方は、外に軸があって周囲に振り回されている時ですので、周囲を先に改善させて心に余裕をもたせてから瞑想するなり、意識のバンラスを取る なりして、軸を自分に戻してあげます。軸が自分に戻ってきたら、想像が簡単に働くようになります。

貴方が『ワクワク』そのものになると、周囲の人たちがその影響を受けて『ワクワク』をつかみ易くなります。『ワクワク』を掴むコツを知った彼 らは、貴方が光輝けば輝くほど強さもパワフルなものとなるので、貴方の”輝き”を自分にも反映させてみたいと感じるようになります。とにかく貴方のように なりたい、貴方のように自分を表現したい、貴方のように人生を楽しみたい!と考えるようになります。

 

今までの貴方だったら、例え『のぞみ』が誕生しても”自分に叶うわけないだろう”と言って消極的でした。しかし自分に『軸』が戻りつつある現 在では、以前に増して自分の力を信じる事ができるようになっています。自分の力で、自分の方法で、自分の意思で切り開いてゆける事を、ようやく受け止めれ るようになっている事を意味しています。

 

また私達は極めて貴重な時代を生きています。”今まで”誰かが引いた線路から外れ、自分の力で『覚醒の道』を選んで進んでいます。もちろん 『覚醒の道』を選択しない人たちも大勢いますし、そもそも『覚醒の道』がある事さえ知らない人たちもいるでしょう。いずれにせよこの時代を選んできた事、 それからバシャールの教えや精神世界に興味を持つ事は偶然でも何でもなく、貴方の心に埋め込まれている”駆り立てられる想い”によって、導かれているので す。

ワクワク

『ワクワク』の波動とは、”それ以外考えられない!”と感じるほどのパワーを持つ波動であるとバシャールは説明しています。それだけ絶対に見 逃す事ができない強烈さを醸し出してくれます。なぜならば、ワクワク=貴方そのものを表しているからなのです。ですから貴方そのものを表す波動ですから、 自分を見逃す事は絶対にできません。もちろん貴方が”無視”を決めない限りは。

 

ですから”貴方そのもの”の波動を辿って毎旬毎旬ワクワクを追いかけてゆけば、貴方の世界はワクワクだけの世界が広がるようになります。その 至福の世界で貴方は好きなように自分の世界を描いてゆく事ができるのです。自分の筆で自分の色を使って、自分のキャンバスに好きなストロークで好きなよう に表現してゆきます。見せる相手がいようといまいと一向に構う事はありません。波動の歯車を動かすためにも、体現して表現してゆく事が肝心なのです。

 

貴方のようにワクワクを表現する人たちが増えてくると、『素の自分』の波動で作られたパズルのピースが出来上がります。そのピースが一つ一つ 繋がって統合する事で、『大きな絵』が完成してゆきます。そしてパズルのピースが『大きな絵』として統合するようになる時、その時はじめて『地球文明』が 誕生する事を意味しているのです。

波動が上昇するという意味は、それだけアクセスできる情報源が多くなる事を意味しています。しかし波動が上昇するからといってネガティブが消 滅して無くなってしまうわけではなく、ネガティブ/ポジティブの両極のエネルギーが同時に自分の中に存在しながらも、その『どちら側』かを意図的に選択す る事がでる事を意味しています。

 

波動が上昇すると、高波動域でオペレートが可能になります。高波動で貴方の意識がオペレート出来るようなると、貴方が活用できる”色味”が断 然増えてゆくようになります。表現力に深みが増し、理解力が高まります。また高いパフォーマンスを引き出してくれるだけでなく、”今ままで”できそうにな かった事が急に出来るようになったりと、貴方の能力にもアップデートが加わる事を意味しています。その一番手取り早い例をあげるとしたら、ゲームです。何 度やってもクリアできなかったゲームが、気分が上がって波動が上昇した途端、クリアできるようになります。そして一度クリアできるようになると、次から もっと簡単にクリアできるようになります。

 

また複雑に色がミックスされ過ぎていて、本当の”色味”がわかりにくくなっている事でも、高い視点でオペレートさえいればコアとなる色味を掴む事ができるようになります。ですから、複雑→シンプルへ書きかえる事ができるようになる事を意味しています。

体験こそが宝

新しい『体験』への最初のステップを踏む際、恐れを導入しないでくださいとバシャールは話しています。新しい『体験』をするにはまず最初の一歩を踏み込む必要があるのです。しかしこの最初の一歩に私達は”恐れ”を成して、まるでエスカレーターのタイミングがわからず”あたふた”するように、一箇所で足踏みしてしまいがちです。でも最初の一歩を踏みさえすれば、あとは『流れ』に身を任せてスムーズに進んでゆく事ができるのです。

『体験』への最初のステップを踏んだ後は、最初ゆっくりな歩みに感じるかもしれません。しかしそのうち早歩きになり、早歩きが駆け足になり、駆け足が猛ダッシュへと変わってゆきます。そして丁度『今ここ』の私達は、早歩きから駆け足へ移行中です。この移行中の道すがらに、私達は様々な”気づき”を得ながら成長過程を体験しているというわけなのです。

成長過程を体験中の貴方は、自分の成長ぶりをしっかり認識できるまでに”変化”しています。ほんの3年前の自分よりも、今ここの自分の方がはるかに温和で、はるかに自分軸で生きています。貴方のココロが共鳴する事を上手に選べるようになっていますし、感情シグナルを辿って真っ直ぐやってきています。つまり『新しい貴方』は既に誕生しています。あとは『新しい貴方』を成長させてゆくだけです。これをするためにも、最初のステップを踏んで新しい扉を開けてゆく事が大切となります。

 

『体験』がなかったら気づきが起こる事もありませんし、新しいアイデアを求める事もありません。『体験』がなかったら、”今ここ”の貴方は存在していない事になります。つまり『体験』がなかったら、貴方が物質界に来る必要性も無くなってしまう事を意味しています。

 

ですから私達は様々な『体験』を得るために物質界へやってきているのです。人生のテーマに沿った『生の体験』を自分の中に取り込み、毎旬大きく成長しています。ですから新しい『体験』を得るチャンスがあったら躊躇せずにしっかりと掴んでゆきましょう

貴方のワクワクは、貴方の”光の部分”を増幅させて反映させてくれる働きがあります。例えば陽気な人はもっと陽気さが深まりますし、誠実な人はもっと誠実さに拍車がかかります(良い意味で)。貴方の五感は更に研ぎ澄まされてゆくので、例えば少しだけ違う次元に存在する宇宙船を”視覚”できるようになったり、オーラを見えるようになったり、何か見えない存在の声が聞けるようなったりと様々です。

また貴方のワクワクは第六感をも成長させる働きがあります。『直感』は非物質界のコミュニケーション法で、つまりは非物質界の言語です。まさに4次元密度の世界では、この新しい言語を活用する世界となります。そして直感は”無条件の愛”でアクティベートされるので、愛がないと機能してゆかない“ココロ”をベースにした新しいシステムとなります。

貴方のワクワクと貴方の直感は、お互いに密接な関係があります。両方とも”心が共鳴するエネルギー”を表現していて、貴方そのものを表す”トーン”です。このトーンに共鳴し、このトーンそのものになると、貴方は文字どおり”創造主”の宇宙のパワーを持つ事になります。

”今ここ”の私たちそれぞれに”自己治癒能力”があるように、傷や病気を自分の力で癒すヒーリング能力があります。そしてまさに4次元密度の世界では、皆がそれぞれヒーラー能力を持つようになります。

ヒーラーは、エネルギーを集める”パラボラ・アンテナ”のような能力があります。病気や怪我が存在できない高い波動域からエネルギーを一箇所に集め、それを結集させて活用しています。そしてヒーリングを受ける側がその高波動に”シンクロ”し、ヒーリングされてゆくというわけなのです。つまり受け取る側が”ヒーリングのエネルギーにシンクロするか否か”の判断をするのであって、ヒーラーにはそれを強制する事はできないのだと、バシャールは話しています。

ヒーリング・エネルギーは、”無条件の愛”のエネルギーです。この中身には様々な波動がミックスされています。例えば、地球産のエネルギー+ガイドのエネルギー+高次的存在のエネルギー+etc..という感じで、様々な『高質』のエネルギーのミックスを意味しています。そしてヒーラーはこの人には地球産のエネルギーを濃いめに、でもこっちの人には高次的存在のシリウス・エネルギーをスパイスに、という具合にエネルギーの中身を変えているのです。

私たちはそれぞれ、個人のペースでハイヤーマインドの視点を取り戻す旅に出ています。ハイヤーマインドの視点になるという意味は、『完全版の自分』になることであり、”ありのまま”の自分に戻ることを意味しています。そしてこの視点こそが私たちが長年求めてきた『最高潮』の視点であり、神なる領域の視点を表しているのです。

貴方が意識しようとしまいとも、貴方の身体の細胞一つ一つにも”意識”が存在しています。この細胞一つ一つの”意識”が『最高潮』の視点にシフトできるようになると、病気が一切存在できなくなります。つまり抵抗波動のない神なる領域にアクセスするので、貴方の身体は健康的な活力を取り戻す事ができるというわけなのです。

ガンの中でも心臓ガンだけ存在しない理由は、心臓はハイヤーマインドとのコミュニケーション・センターだからであると、バシャールは話しています。ハイヤーマインドからのメッセージをピュアなカタチで受け取る場所という事もあって、心臓がガンに脅かされる事はありません。いずれにせよ身体の細胞に抵抗波動を招き入れるのも手放すのも貴方の意識次第という事が言えるのです。
・・・・・・・・・・・・・

 

”今ここ”に生きれば生きる程、時間の介入が減少されてゆきます。”今ここ”に生きれば生きる程、物事が実るプロセスを大幅に削る事ができま す。

全プロセスの一つ一つを追わなくても良くなるので、目的地へ最短で到達する事ができるのです。

ですから楽しい時間を過ごしている時は決まって時間が あっという間に過ぎてしまいますが、

これは時間を無視しているからではなく、フィルムのコマを大幅にスキップしている事にあるのです。

 

ササニ文明の世界はワクワクの波動で包まれている世界です。

それぞれが”ワクワクそのものを”体現する世界なので、それぞれがユニークで異な るワクワクを持っていながらも、

文明全体が”統合”されたワンネスで繋がる社会となります。

そして私達地球人と違ってササニ文明の人たちは、オーバーソウ ルの視点で動いているのです。

 

オーバーソウルはハイヤーマインドの”元締め”のような存在で、ハイヤーマインドの視点の更に上の視点となります。そしてオーバーソウルの上にはまたオーバーソウルの”元締め的存在のオーバーソウルが存在しています。

『スランプ』は柔軟性が欠落した状態で、自分のエネルギーが望みに向かって進んでいない事を意味しています。

”こうあるべき”という箱をいくつも作って、新しいアイデアや新しい波動を受信する事ができない状態にしてしまっています。

波動内にブロックがあって情報を受け止める事ができないというよりも、望みに対する”疑念”によって『スランプ』が誕生しているのだと、バシャールは話しています。

 

 

楽天ブックス【BASHAR

Amazonで探す

 

新たなな現実の創造

1   肉体レ ベル:新しいタイムラインの中でグラウンディングをし、自分を地球の中に定着させることが大切です。これには地球との繋がり、良い食事と規則的な運動を通 じての自然と自分の肉体的な現実との接続が要求されます。自然の中での瞑想と祈り、天及び基本エネルギーとの繋がりがあなた方の旅を助けるでしょう。

2   感情レベル:感情的なバランス状態に、中心を取り、静かでいるようにすることを忘れないように。感情的なドラマは神経系により大きいストレスを引き起こすので、引きずり込まれないようにして下さい。

3   心理レベル:楽観的で、ポジティブでいるようにし、周波数を上げ、新しいチームを見付けさせるようにしましょう。怒り、心配、落ち込みは、あなた方を低い周波数に閉じこめるので、陥らないようにして下さい。

4   思いやりと愛:ダイアモンドの光には中心周波数があるので、バランスの中心としてハートの中に焦点を合わせ、愛と思いやりのエネルギーと共にいるようにして下さい。これによって直ちに周波数が上がり、あなた方の周辺の全ての者を助けます。

5   ソウル /体の繋がり:覚醒した者としてあなた方の肉体はソウルとスピリットのための媒体であることを忘れないようにして下さい。世界の中でのあなた方のスピリッ トとソウルを表現するために肉体を利用して下さい。宇宙のキリストエネルギーの代表としてあなた方は”世界への光”であることを忘れないようにして下さ い。

6   あなた方はスピリチュアルな存在、人間の形をした天使です:この真実と常に同調しているようにし、いつも大きいあり方を見るようにして下さい。

この冒険を楽しんで下さい!

1つ確かなことを約束します。

このようなスピリチュアルな探求の過程というのは、いつも、いつでも常に、自分という存在について、より発見を深めていくだけなのです。

その意味では、怖れることは何もありません。

旅の途中では、本来の自分とかけ離れてしまっている古い観念に出くわすことがあるかも知れません。
役に立たない古い観念を手放して積極的に人生の定義を、自分が好きな定義に、より本来の核となる自分に合致するものに変えください。

そのような時は、自分が常に助けられているという事実を頼りにしてください。
私たちだけではなく、自分自身のガイドや、異なるレベルの現実の多くの霊的存在からも、皆さんは常に導かれ、常に助けられているのです。

無条件の愛のエネルギーが蓄積され、環境として、空気として働くことによって、その中で元気づけられたり、全体としてサポートされているのです。

皆さんは多くの存在に、宇宙全体と、異なる次元のすべてに渡って、いかに不自由さを自由に変えるかを教えているのです。
皆さんはマスタークラスです。
ですからこの変革の時にあたって、地球に生まれるという選択をして示してくれた皆さんの強さに感謝をします。
皆さんも自分に拍手をしてください!

BASHAR

何時もあなた方の愛を送り出してください。それは奇跡を起こし得るのです。

何時でも私たちを呼び出せば、関係する全ての者にとって最善のあらゆる方法でお応えします。

Salusa

・数秒間両手の親指をくっつけ、それぞれの親指をもう一方の手の平に軽く押し付けます。
そうすると手のひらにクリスタルが設置され活性化します。
あなたの光が手から食べ物、飲み物に流れるイメージを描き
「食べ物に 私の光と愛を持ってして感謝します。食べ物が私の体に一番良くなるように。ありがとう!」
と念じます。

・十分な睡眠が大切であり、体に回復時間を与えるようにする必要があります。

純粋な水を多量に飲む事も大切で、汚染された環境、質の低い食品から吸収した毒素を排除するのに役立ち、体の電気的なシステムを適切に作動させます。

肉体の能力に応じた運動もこれらの事の補助になり、循環系と呼吸系を滑らかに作動させます。

かつて程には空腹感を感じないとしても問題はなく、体の中により多くの光が吸収されると、必要な食料の量は減ります。

新鮮な果物と野菜、最も多く光を含む食品が結晶質の細胞の成長を促し、エネルギーレベルを向上させます。

メニューから肉や魚を除けないのなら、食物となり奉仕してくれている動物に感謝の念を捧げてください。

マシュー君のメッセージ

関連書籍

BASHARの言葉

マシューくんのメッセージ

アセンション・次元上昇

ライトワーカー】【ウイングメーカー】