TOP

コンタクト

最初のコンタクト手順

地球外知的生命体センター

スピリチュアル

アセンション

天使に助けてもらう

天に聞く、瞑想

バシャールの言葉

現実の創り方

座右の銘

ライブラリ

データベース

エクササイズ

タイムライン

浄化レベル

月のチューニング

光について

食事のパワー

天使・天使界

Angel number

天使

サルーサ

ヒラリオン

ジャーメイン

ミカエル

プレアディス

ヒーリング

フリーエネルギー

メッセージ

座右の銘

ビジネス座右の銘

意識

BASHAR

今の贈り物に感謝する

全てうまくゆく

今が全て。過去は堂々めぐり

固定概念や常識を疑うことから進化が始まる

ET

人生を快適にするヒント

いろんなひとの言葉

自由に電力会社を選ぼう

ヤラセの歴史

小動物たち

100円ショップ工作

オモロ〜なこと

ミステリアスなこと

 

歴史・神話

ディスクロージャー

DVD

AKB48・DVD

乃木坂46・DVD】】

欅坂46・DVD

フリーエネルギー

公正な政治にする方法

サバイバル

地震の情報

原子力発電所

リンク集

チャネリングリンク集

過去ログ

2013年1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12

2012年1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12

6/7/8/9/10/11/12

2011年/2010年/2009年

楽天ブックス【BASHAR】 

since 2014/10

アクセスカウンター

 

 

Home/ TOP/ 人生を快適にするヒント/ 世の中の名言集/

感謝、愛、いつも自由で新しい、今この瞬間、大きな信念、最高で最善で芸術的、夢に向かう人を応援します

チャクラ

チャクラは、エネルギーの出入り口

ここが活性化することで、スムースにエネルギーが流れ、精神と身体がスムースに動く

その結果としてスムースな人生を生きることができる。

チャクラ・概要

http://spi-lab.com/chakra-1678

をもとに、抜粋、加筆させていただきました。

身体には主要チャクラが7つ、小さなチャクラは21個あり、その中には手のひらや足の裏など、有名な部分も含まれています。また、オーラ体やより魂に近い次元にもチャクラは存在していますが、より高度な内容となる為、ここでは主要なチャクラについて説明をしていきます。

1-1チャクラの役割

チャクラの重要な役割として

  • 「気」や「プラーナ」と呼ばれるエネルギーの分配
  • 肉体の活力や生命力に影響を与える
  • 感情や精神に影響を及ぼす
  • ホルモンを分泌する内分泌系に影響を与える
  • 汗や消化液などを分泌する外分泌系に影響を与える

などが挙げられます。

チャクラが開いている状態

具体的な状態としては、

  • 適度なスピードで回転している
  • 時計回りに回転している
  • 歪みが少なく、きれいに回転している
  • 適切に開いていて、閉じる事も出来る(完全には閉じない)
  • チャクラの色がきれい

など、調和がとれている状態を「チャクラが開いている」と言います。

 

2-1チャクラの色

第一チャクラ 第二チャクラ 第三チャクラ ハートチャクラ 第五チャクラ 第三の目のチャクラ クラウンチャクラ
赤色 オレンジ色 黄色 緑色 青色 藍色 紫色

チャクラのバランスが整い健康であれば、上記の色で観測されます。

何故、それぞれに色が違うのかというと、対応する周波数が異なるからです。逆に言うと、各チャクラが特定の周波数と対応している為に、その色になっていると言えます。

なので、特定のチャクラに癒しや調整が必要な場合は、対応する色のパワーストーンや物を瞑想時に合わせて活用すると、より効果を得る事が出来るでしょう。

 

2-2チャクラの位置

第一チャクラ 第二チャクラ 第三チャクラ ハートチャクラ 第五チャクラ 第三の目のチャクラ クラウンチャクラ
尾てい骨 仙骨 丹田 心臓 眉間の上 頭頂部

7つのチャクラは、背骨の基底部である尾てい骨から、脊柱(背骨)に沿って頭頂部までのエネルギーライン上に位置しています。

本来、そのエネルギーラインは天と大地につながっており、必要な気やプラーナと呼ばれる生命エネルギーを取り入れています。

 

2-3チャクラに対応するパワーストーン

第一チャクラ 第二チャクラ 第三チャクラ ハートチャクラ 第五チャクラ 第三の目のチャクラ クラウンチャクラ
ヘマタイト アイアンタイガーアイ パイライト ローズクォーツ ターコイズ ラピスラズリ スギライト

各チャクラに対応する、特にオススメのパワーストーンを挙げています。一般的に挙げられている物とは異なりますが、効果が高くハズレを引きにくいパワーストーンです。

2-4チャクラと発達する感覚

第一チャクラ 第二チャクラ 第三チャクラ ハートチャクラ 第五チャクラ 第三の目のチャクラ クラウンチャクラ
嗅覚 味覚 視覚 触覚 聴覚 第六感 感覚の統合
この感覚は臭いをかぎ分けるというよりも、危険を察知する防衛機能としての「カン」です。

このチャクラが腸の部分に位置している事からも、食に関する味覚機能が発達してきます。

食以外にも、味のある人やおいしい話など、感情やフィーリングを表す機能としても発達します。

視覚が発達します。ここはソーラープレクサスチャクラとも呼ばれ、ソーラーとは太陽の事です。

ここでの視覚とは、光で明るく照らし、周りの見通しを良くするという意味で使用されます。

触覚が発達します。ここで言う触覚とは、物理的に触れる感覚だけでなく、やさしさに触れるや逆鱗に触れるなど、感情やエネルギーに触れたときにも、この触覚は機能します。

エンパス(共感能力者)は、特にこの触覚が発達しています。

聴覚が発達します。言葉を使ったコミュニケーションは、聴覚があってこそ成り立ちます。また、聞く事によって自分の見識を深め、精神的な成長も促します。

絶対音感能力者は、特にこの聴覚が発達しています。

第六感が発達します。この第六感の発達には、これまでの五感が発達し活用出来るようになっていることが重要です。

第六感

  • 透視
  • 霊感
  • 直観
  • テレパシー

など

クラウンチャクラでは感覚の統合が起こります。この感覚の統合とは、これまでの五感および第六感が発達することで、霊性に辿りつくことを指します。

 

 

 

 

3.チャクラが開くことによる効果

チャクラ名 開くことによる効果
第一チャクラ ブレのない安定性と強力なバイタリティを得る
第二チャクラ 人生に情熱を持ち喜び楽しみながら生きる創造性を得る
第三チャクラ パワーを最大化し責任能力と人生に対する支配能力を得る
第四チャクラ 低次と高次の意識を統合し偉大なる愛の力を得る
第五チャクラ 人生を創造し使命に生きる魂レベルでの表現能力を得る
第六チャクラ 真実を見通し思考を現実化させる直観力や超感覚を得る
第七チャクラ 高次のスピリチュアル意識の覚醒および一体化

 

 

各チャクラには、それぞれ役割がありテーマがあります。まずは、チャクラの特徴を知る事が重要です。その上で、現在のチャクラの状態を確認し、必要であれば癒し、バランスを整えます。

  1. チャクラについて正しい知識を得る
  2. チャクラの状態を確認する
  3. チャクラのバランスを整える
  4. チャクラを開き強化する

この順番で行うのが理想です。

 

  役割 バランスが取れた状態 バランスをとる方法

第7チャクラ

統合

7つのチャクラのうち、一番上位のチャクラであり、霊性や意識次元の拡大、創造全般に対応します。

「千倍」という意味のサハスラーラとも呼ばれますが、王冠のような形状から、クラウンチャクラと一般的には呼ばれています。

クラウンチャクラは、第五チャクラと第三の目のチャクラで紹介した事を更に発展させ、宇宙のすべてのものや知識と通じて、それらに相関関係があるという概念を扱います。

クラウンチャクラの主な役割は、「スピリチュアルな意識の目覚めと使命に生きることのサポート」です。

肉体的には、松果体と下垂体、脳及び神経系を司る

クラウンチャクラに関しては、バランスがとれているかどうかという表現よりも、開いているか開きかけている、または閉じているという表現の方がより正確です。なぜなら、クラウンチャクラは、下位のチャクラが機能することで目覚めるからです。

クラウンチャクラが開くと、人生が持つスピリチュアルな意味に気付かせ、スピリチュアルなモノとそうでないモノの境界線を消し去ります。それによって、

人生の目的は生存をするという事から、無限の可能性に対する探究や使命に生きる事へと移行します。

また、クラウンチャクラが開くことで、目に見えない世界に関する真実を自ずと理解できるようになります。それは、言葉によって理解するというよりは、何となくそうだと思うなど、概念として受け入れられるようになります。

・ 下位のチャクラのバランスをとり、活性化させる

・瞑想の習慣を持ち、ストレスや心の汚れを浄化し、身体をリラックスさせる

・意識レベルの高い音楽や芸術にふれる機会を増やす

・自分の好きなマントラを見つけ、唱えたり聴く習慣をもつ

・相性のよいパワースポットを巡ってみる

・エネルギーワークを受けたり実践をしてみる

など、自分の精神レベルを上げる経験を、多く持つようにするといいでしょう。

第6チャクラ

直感

藍色


眉間の上に位置する「藍色」で表されるチャクラです。

「知覚する」「知る」「コントロールする」という意味でアジナーチャクラとも呼ばれますが、第三の目もしくはサードアイチャクラの名称が一般的です。

主な役割は、「人生を正確に見る能力と、思考の現実化能力」です。

インスピレーション
洞察力
理解力
叡智
ヴィジョン

を伴って覚醒をすると、サイキック能力など潜在能力を活用出来るようになります。

肉体的には、頭や脳、目、全ての感覚器官と神経系を司る

記憶力や知的に学ぶ能力、目に見える見えないに関わらず世界の特質を理解する能力が高まります。

そして、内的なヴィジョンを鮮明にイメージしたり、見る事が出来るようになります。それによって創造性が高まり、望む人生を創造していけるようになります。

また、バランスのとれた第三の目のチャクラは、論理的な思考をする左脳と、直感的な思考をする右脳の架け橋としても働くことで、脳全体を活性化する事が出来ます。

・下位のチャクラについて復習し、バランスを整える
・心の目で詳細にイメージをする練習をする
・記憶力を高めるようなゲームをしてみる
・二択の選択肢を即断するなど、決断力を高める訓練をする
・アファメーションを活用し、自己イメージをつくりかえる
・条件や前提がなければ何をしたいか想像してみる

など、感覚をフル活用したり、思考の制限を外す練習を

第5チャクラ

コミュニケーション

水色

喉に対応する事からスロートチャクラと呼ばれ、サンスクリット語で「浄化」を意味するヴィシュッダチャクラとも呼ばれています。これはヴィシュッダ によって、単なるおしゃべりではなく、目的を持って考え語る事で、責任を伴った自己表現をするという、コミュニケーションのあり方を示しています。

第五チャクラの主な役割は、「人生において自分自身を創造的・効果的に表現するコミュニケーション能力」です。それはコミュニケーション同様、言葉を発するだけでなく、他者の声にも耳を傾け理解する能力も含まれています。

肉体的には、喉と首、甲状腺、気管、食道、口、耳を司る

正直にコミュニケーションができ、ポジティブでやる気をかきたてるエネルギーを発します。さらに高いレベルになると、自分の高次の精神である、たましいと調和した内容だけを伝えるようになります。

そのレベルとは、人生は自分自身の言葉やイメージ、信念から創造されているという、スピリチュアルな真実に目覚めている状態です。その状態になると、言葉は自分のたましいを表現し、それを世の中に表現していく手段であると気づくでしょう。

・前もって自分が言いたいことを話す練習をする
・ネガティブな言葉をポジティブな言葉に言い換えて活用してみる
・自分が感じている感情を出来る限り書き出してみる
・誰にも聞かれないような環境で、自分の感情を大声で叫んでみる
・瞑想を習慣にし、沈黙をする時間を持つ
・内なる声に耳を傾け、信頼してみる

第4チャクラ

心臓に対応する事からハートチャクラと呼ばれており、ここに魂や内なる指導者がいると考えられています。また、魂と体の共存を指す「衝突が無い」という意味で、アナハタチャクラと呼ばれる事もあります。

主な役割は、「人生で最も偉大で高次のチャンネルである愛を知り活用する」です。ここで言う「愛」とは、安らかで瞑想的な高次のエネルギーです。

肉体的には、心臓や循環器、胸、動脈、血の流れを司る

  • 思いやり
  • 許し
  • 理解
  • 共感
  • 気づかい

など、愛に基づく気持ちを司ります。

わたしたちは、その愛する能力を与えられる事で、周りの人たちと喜びや結束、笑いなどの恵みを分かち合う事が出来るようになります。

自分自身を無条件に愛し、他者からの愛を受取る能力を目覚めさせます。

「引き寄せの法則」で知られるシンクロニティは、バランスの良い開かれたハートチャクラから生み出される愛によって、もたらされる。

・ささいなことでも喜びを感じてみる
・関わっている人や状況に対し感謝を述べてみる
・感動的な映画を鑑賞する
・犬や猫など、好きな動物と触れ合ってみる
・恐れや痛みを意図して手放す
・怒りや恨みを持っている人や事柄に対し、許しを与える
・ローズクォーツから愛のエネルギーを補充してもらう
・ヒーリングを受けてみる
・ネガティブな感情を手放し許す事で、愛し愛される事の邪魔をするものは何も無い、ということを思い出す

第3チャクラ

黄色

行動力

学術的には、太陽神経叢(たいようしんけいそう)に位置すると言われていますが、機能的には丹田に対応しているため、このサイトでは丹田もしくはみぞおちに位置するとしています。

「ソーラープレクサスチャクラ」としても知られていますが、光る宝石という意味の「マニプーラ」と呼ばれる事もあります。

第三チャクラの主な役割は、「自らの意思で人生の方向を決定する、責任能力と人生における支配力」です。

肉体的には、背中下部と胃、肝臓、腎臓を司る。

自信を持ち、自分に価値があると感じ、心にある真の望みに集中して、自分の意図に完全に一致した行動が選べるようになります。

その行動は、自分の望みから発せられるものなので、ストレスや努力が必要ありません。例え、それがどんなに困難が伴うものであってもです。

更に、それを最後までやり抜く為に必要な、莫大なエネルギーが肉体に供給されます。第三チャクラのバランスがとれていて、真に自分の望む行動をしていれば、達成出来ないことなど何も無い、という感覚を得られるでしょう。

・自分の望みを書き出し、目標宣言をつくる
・自分の弱さを認め、それに対する改善方法を実行する
・自分が尊敬するパワフルな人の伝記や書籍を読んでみる
・感じている恐怖やプレッシャーなどを笑い飛ばしてみる
・深呼吸をし、呼吸のバランスを整える習慣をつける
・パイライトを持ち、ネガティブな感情に対する防御を強める

など、人生に対する主導権を取り戻すことで、望む行動をとれるようになるでしょう。

第2チャクラ

オレンジ

情熱

「セイクラル(仙骨)チャクラ」や「性のチャクラ」としても知られ、また、甘さを意味する「スヴァディシュターナ」とも呼ばれます。第二チャクラの関連事項には、喜び、性、動き、変化など、まさに人生を甘くするものが含まれています。

第二チャクラの主な役割は、「感情や欲求、セクシャリティ、ロマンスを通して物質世界を経験し、喜び楽しむ」です。

肉体的には、生殖器や膀胱、精巣、卵巣を司る。

生きることへの強い関心を持ち、人生を情熱的に生きるようになります。それは、より人生を楽しむために必要な事を創造していく力にもなります。

また、人生ではより良いものを手にする権利があると理解しているので

おいしい食べ物やお酒
喜びや楽しみを共有できる友人関係
ロマンチックな恋愛関係
感動や興奮を与えてくれるスポーツやコンサート
自分をより高めてくれる洋服や小物などのショッピング

など、楽しい人生を送る為に必要な能力が活性化されます。

・以前からやりたくても出来なかったことにチャレンジしてみる
・自分の欲求に対してたまには素直になり、それを満たしてみる
・ロマンチックなショーや映画を観てみる
・友人たちとバカ騒ぎをしてみる
・信頼できるパートナーと性的な遊びをしてみる
・セクシーな新しい下着を買ってみる
・自分が出来る範囲で贅沢をしてみる

第1チャクラ

肉体

大地とあなたの肉体をつなぐ役割を持っていることから、ルートチャクラやベースチャクラ、ムーラダーラチャクラなどと呼ばれることもあります。

第一チャクラの主な役割は、「生存する為の基本的な欲求を満たし、自分の使命を果たすまで生き抜く事」です。

肉体的には、脚や骨、免疫システム、結腸、直腸を司る。

年齢に関わらず、第一チャクラのバランスが適切にとれていると、直感的に、必要とするものは何でも手に入ると考えます。

しっかりしたルートチャクラ があれば、ブレることなく落ち着き穏やかながらも、力強さと余裕のオーラを放つことが出来るので、周囲の人さえ安心させることが出来ます。

また、肉体的・感情的に安らぎを得られているので、地に足がついている強いグラウンディングをする事が出来ているでしょう。

・整理整頓をし、身の回りを整える事で内的な秩序を取り戻す
・栄養のある食事をとり、体が喜ぶ事をする
・嘘や不正のない、正しい状態を心がける
・ヘマタイトを持ち歩き、グラウンディング力を高める
・瞑想をし、大地との繋がりを取り戻す
・自分の望むやりたい事を仕事にする

 

クラウンチャクラの状態を知る10の質問

 

・自分にはヒーリングやチャネリングなど、スピリチュアルな事柄に関わる使命があると感じる
・より目覚め、より悟ることで、全てなるものと一体となりたいと感じる
・愛があふれ、愛で満たされていると感じる
・宇宙に満ちている様々なエネルギーを感じる事が出来る、もしくは活用する事が出来る
・神や創造主など、呼び方は何であれ、大いなる力と直接繋がりたいと感じる
・自分を傷つけ困難に陥れた全ての存在に、慈悲と許しを持つ事が出来る
・たとえ一瞬であったとしても、内側から溢れる至福感、完全性、絶頂感を味わう事がある(恋愛やアルコール、ドラッグなどの外的要因は除く)
・人生を、喜びと尽きる事のない愛をもって眺める事が出来る
・自分に起こる全ての事は、気付きや成長を促す為であると理解し、感謝する事が出来る
・自分が今この地球に生まれてきた事には意味があると思っている、もしくはその意味を理解している

以上の質問に対しほとんどの回答がYESである場合は、今生で学ぶべき事を学ぶ過程で受けた問題の大部分を乗り越え、調和とバランスの取れた生き方に近づいていると言えます。

もし、あなたがその状態になるならば、次のステップに進んでください。それは、周りの人も同じ状態に近づけるよう、サポートをしてあげる事です。それは、惜しみなく、そして押し付けがましくない範囲で行うようにしましょう。

チャクラのバランスを整え活性化させる瞑想方法

チャクラを整える瞑想を行う為の準備
瞑想を行っている最中は無防備な状態であり、ポジティブな効果を得られる一方、ネガティブな悪影響も受けやすくなります。そのため瞑想の前には、・手洗いうがいをしておく
・シャワーやお風呂に入っておく
・ゆったりとした清潔な服を身に着ける
・部屋の掃除をし、換気を行っておくなど、清潔に保ち邪気を払うようにする事で、安心して瞑想に集中できるでしょう。

(大天使ミカエルさんを呼び「お守り下さい」と念じます。)

チャクラのエネルギーの流れを整える瞑想

 

  1. 自分の頭の50センチから1メートル上に、白く輝く光の柱をイメージする
  2. 息を吸い込みながら、この光の柱がクラウンチャクラまで引き寄せる
  3. 次に息を吸い込みながら、この光がクラウンチャクラを通過して第三の目のチャクラを通り、プラーナ管(首の後ろの背骨から会陰、地面にまでつな がっているエネルギーの通り道)まで引き寄せる。そして、その光がスロートチャクラからハートチャクラへ、そしてソーラープレクサスチャクラ、セイクラル チャクラ、最後にルートチャクラと、各チャクラを巡るようにする。この一連の動作は、呼吸に合わせながらゆっくりと行うようにする。
  4. どのような抵抗や違和感であれ、何か不調和を感じた時には一旦休止をして、動作を再開できる準備が整うまで待ちます。
  5. リラックスをして、内なるスクリーンに映し出されているものを感じてみましょう。それによって、チャクラをブロックしているエネルギーについて、 それがどのようなものであるか知る手がかりが得られるでしょう。また、その手がかりによって、何を手放すべきか知る事が出来るでしょう。

チャクラの調整法

  1. 座る、もしくは横になるなどリラックスをして、静かに普通の呼吸をおこなう。
  2. 第一チャクラにゆっくりと意識を向けながら、内面のスクリーンを眺めるような気持ちになる。そして、その中に存在する
    鮮やかなピンクがかった赤い色彩を見るようにしましょう。
  3. そして、色彩を用いた呼吸を行います。息を吸い込むときに、第一チャクラ本来の輝くような澄んだ色を放つようになるまで、
    赤い光を吸い込むようにしましょう。
  4. 一旦スクリーンを白紙にします。次に第二チャクラへ意識を向けましょう。そして、鮮やかなオレンジ色の光をイメージします。
    このチャクラが鮮やかなオレンジ色を放射するまで、オレンジ色を吸い込むように息を吸います。
  5. 再びスクリーンを白紙に戻した後に、第三チャクラに意識を向けて、ゴールドの光を取り入れましょう。
  6. 同様の手順で、ハートチャクラには瑞々しい緑色の光を取り入れましょう。
  7. 第五チャクラには、澄んだ青色の光を取り入れます。
  8. 第三の目のチャクラには、綺麗な藍色の光を取り入れます。
  9. クラウンチャクラには、神々しい白い光を取り入れます。
  10. 色彩をイメージしづらい、もしくは取り入れづらいチャクラがあれば、そこに何かしらかの問題があります。
    どんな問題を抱えているのか、意識をしてみることで分かるようになります。
    なお、このチャクラ調整法は、色彩の鮮やかさが十分に改善するまで、繰り返し行うようにしましょう。

 

チャクラを閉じる方法

 

チャクラはバランスを調整し、開く事も重要ですが、それと同様に自分の意志で閉じられるようになることも重要です。

チャクラは、開くことでエネルギーを出すことが出来ますが、反対に外からの影響も受けてしまいます。なので、チャクラが常に開いている状態というのは、能力を発揮できる状態であるのと共に、常に外からの影響を受けてしまっている状態でもあるのです。

この状態を防ぐ為に、チャクラを閉じる方法をお伝えします。

 

 

  1. どの姿勢でも構わないので、リラックスした姿勢をとる
  2. クラウンチャクラより始め、白い花が軽く閉じる様子をイメージする(完全に閉じてはいけない)
  3. 第三の目のチャクラは、藍色の花が軽く閉じるようイメージする
  4. 第五チャクラは青色の花、ハートチャクラは緑色の花、第三チャクラは金色の花、第二チャクラはオレンジ色の花が、軽く閉じるようにイメージをする
  5. 第一チャクラはしっかりと大地に根を張り、エネルギーを循環させる役割があるので、赤い花が開くようイメージをする

チャクラを開き強化する

音を活用してチャクラを開き強化する、効果的な3つの方法

 

音というのは振動であり、チャクラなどのエネルギーフィールドから細胞レベルにまで直接干渉することが出来るなど、一般的に考えられている以上にパワフルです。

特に、それぞれのチャクラは対応する周波数を持っており、意図してその周波数を放つことによってチャクラは最適な状態に開き、そして強化維持する事が出来るのです。

 

ヒーリングミュージックでチャクラを開き強化する

 

これは、それぞれのチャクラに対応した周波数をまとめた、チャクラヒーリングミュージックです。下位のチャクラから順に開き強化する事が出来ます。

バイノーラル・ビートとアイソクロニック音をミックスした音源になっており、非常にリラックスできる癒しに満ちたチャクラヒーリングミュージックになっています。

 

ガヤトリーマントラでチャクラを開き強化する

 

オーム ブゥ ブヴァ スァファ
物質的な世界 微妙な心の世界  因果の世界
タァ サヴィトゥ ヴァアレェエニャム
あの  宇宙の究極の実在を  あがめます
バァゴォ デヴァアシャ ディイマヒ
この究極の輝き  叡智の実在を、 深く瞑想します
ディヨォ ヨォナア プラチョゥダヨ
叡智によって われらが光となり、究極の実在と一つになることができますように

 

 

ガヤトリーマントラは、インドでも最高のマントラとして、多くの人々に唱えられている、世界で最も有名なマントラの一つです。

ガヤトリーマントラは様々な効果がある事で知られていますが、その中の一つに「全チャクラを開き強化する」効果が含まれています。

その他、唱える人の波動を高め、悟りへと導く効果があり、その周囲にも良い影響を与えると言われている、効果の範囲が広いマントラです。

唱えるだけでなく、聴くだけでも効果がありますので、体感してみてください。

関連

人生を好転する5つのマントラ

十三仏真言でチャクラを開き強化する

 

十三仏真言は、十三の如来・菩薩・明王の真言です。この十三仏真言には、一般的に考えられている功徳・効果のほかに、チャクラに対応した音(周波数)の振動効果があります。

順に下位のチャクラから順に開き強化する流れになっているので、順番に唱え聴くようにするとよいでしょう。

 

 

 

チャクラ開放をサポートする波動写真

この波動は、全チャクラを浄化し開放をサポートする、特殊クリスタルを活用した特別な波動です。受取る人の段階によって、それ以外にも様々な効果が期待できます。サプリメントのように、プラスアルファの感覚で活用してみてください。

ただし、その人の段階によっては、長時間表示する事でクラクラするなど、エネルギー酔いをする可能性がありますので、車を運転する前は控えるなど、適切に活用をするようにしてください。

活用アイデアとしては、

  • チャクラの強化トレーニング時に併用する
  • 瞑想時に表示をしておく
  • 就寝前に表示をする

などがオススメです。

「この画像から私にとって必要な分のチャクラ開放波動を受取る」と口に出すか心の中で宣言をし、それぞれのチャクラに意識を向けてみても効果的です。

以上

http://spi-lab.com/chakra-1678

をもとに、抜粋、加筆させていただきました。

 

chakra

チャクラは脊椎に関連するエーテル体にあるエネルギー・センター(渦)で、肉体の7つの内分泌腺及びメンタル体、アストラル体、肉体の調整と活性化を司り、意識の中枢と各身体の中継点としての役割をはたしている。

 

詳細

喉。第5チャクラ。

第一、ベースチャクラ

手のチャクラ

 

ベースチャクラ

 

 

ブルーの光、ピンクの光、バイオレットの光、喉、ハート、頭頂のチャクラ

 

ブルー・喉のチャクラ

私たちが神の息子、娘として地球上に最初に現れた時、父なる神の男性的極性によって私たちの左脳が活性化されました。
神の極性は天の意志、力、照らされた熱意、保護、及び神の完全性の第一の原因の男性的な質とともに脈動するサファイアブルーの光線として現れます。
父なる神のブルーレイ光線が合理性の、論理的な左脳を活性化すると、それは喉のチャクラの中の力のセンターを目覚ませます。その後、聖なる炎の美しく青い柱としてハートの聖性の中に定着します。

ピンク・ハートのチャクラ

同時に母なる神の女性的極性が右脳の中で活性化します。
この神の極性は変容中の天の愛、ワンネス、命に対する敬意、聖なるスピリットの聖なる吐息と共に脈動する結晶性のピンクレイ光線として現れます。
母なる神のピンクレイ光線が私たちの創造的、直感的な右脳を活性化し、ハートチャクラの中の愛のセンターを目覚めさせます。その後この光線はハートので美しい聖なる火のピンクの柱として定着します。

バイオレットの光・頭頂のチャクラ

父なる神の力を示すこのブルーレイ光線と母なる神の愛のピンクフレーム光線が私たちのハートの神性の中で完全なバランスを取ると、
これら二つの光線は一つになって壮大なヴァイオレットフレームになります。

この聖なる炎は神の無限の完全性のヴァイオレットフレームとして知られています。
聖なるタイミングでこのヴァイオレットフレームは私たちのハートの中の聖なる部分から燃え上がり、
頭脳構造の中へと拡張し、松果体、脳下垂体、視床下部、及び脳底の中心にある神経節を活性化します。

スピリチュアルな頭脳中心が活性化すると、頭頂のチャクラが完全に開き、キリスト意識の完全な聖なるモーメントが松果体を通じて心理体と感情体へと流れ込みます。
私たちは母/父なる神、天の一団、及び自分の中の神性を完全に意識するようになります。この覚醒意識と言う自然な状態の中で私たちは開かれたハートとマインドによるテレパシー通信を通じて天の種々の側面と容易に通信することが出来ていたのです。

キリスト意識は神の息子、娘としての私たちの生来の権利です。それは覚醒、智恵、照明、及び理解という天の質と共に脈動する金黄色の光線として現れます。
頭頂のチャクラが完全に開くと、私たちはキリスト意識の流れを受け始めるので、美しい金黄色の聖なる火の柱としてハートの神性の中に定着します。

このイベントは全ての者のハート中の神性の中で輝く三重の不死の勝利の炎の物理的な表現を完成します。全ての者の私なる存在の旨く五次元の結晶性の太陽の光の周波数への再調整の結果です。これは2015年の5月に起こりました。