TOP

コンタクト

最初のコンタクト手順

地球外知的生命体センター

スピリチュアル

アセンション

天使に助けてもらう

天に聞く、瞑想

バシャールの言葉

現実の創り方

座右の銘

ライブラリ

データベース

エクササイズ

タイムライン

浄化レベル

月のチューニング

光について

食事のパワー

天使・天使界

Angel number

天使

サルーサ

ヒラリオン

ジャーメイン

ミカエル

プレアディス

ヒーリング

フリーエネルギー

メッセージ

座右の銘

ビジネス座右の銘

意識

BASHAR

今の贈り物に感謝する

全てうまくゆく

今が全て。過去は堂々めぐり

固定概念や常識を疑うことから進化が始まる

ET

人生を快適にするヒント

いろんなひとの言葉

自由に電力会社を選ぼう

ヤラセの歴史

小動物たち

100円ショップ工作

オモロ〜なこと

ミステリアスなこと

 

歴史・神話

ディスクロージャー

DVD

AKB48・DVD

乃木坂46・DVD】】

欅坂46・DVD

フリーエネルギー

公正な政治にする方法

サバイバル

地震の情報

原子力発電所

リンク集

チャネリングリンク集

過去ログ

2013年1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12

2012年1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12

6/7/8/9/10/11/12

2011年/2010年/2009年

楽天ブックス【BASHAR】 

since 2016/02

 

 

 

 

 

 

 アクセスカウンター

Home/ TOP/ 人生を快適にするヒント/ 世の中の名言集/

すべては今この瞬間にある、大きな信念のもとで、それは重要か、それは最高で最善で芸術的か

ディスクロージャー、2016年

原発推進派は、太陽光発電業者らに「クリーン」や「グリーン」「環境に優しい」「きれいな電気」といった言葉の使用を禁じていた

原発推進派が熱心にやっているのが、再生可能エネルギー潰しだ。

最近も、自民党と経済産業省がそのために“言葉狩り”をしようとしているのをご存知だろう か。太陽光などの再生エネルギーを売る際、「クリーン」や「グリーン」「環境に優しい」「きれいな電気」といった言葉の使用を禁じることを決めたのだ。

 これを報じた朝日新聞(2016年6月25日デジタル版)によると、再生エネルギーの買い取りを義務付けたFIT(再生エネルギーを電力会社が固定価格で買い取る制度)を使った電気を売るときの宣伝方法に"新たな規制"をかけるものだという。

 これは来年4月から開始予定の電力の一部自由化、つまり「各家庭が自由に電力会社を選べる」に向け公正を期すためとしているが、しかしどう考えても再生エネルギー潰し、妨害なのは明らかだろう。

 事故の教訓から、少し高くても再生エネルギーを選択する家庭も増えることが見込まれているため、そのニーズに対する事業者への嫌がらせでもある。

http://lite-ra.com/2015/08/post-1380.html

なぜ3.11の津波は日本にだけ押し寄せたのか

 

以下↓↓↓http://quasimoto.exblog.jp/17336865より

どうしてあの311の大地震があれほどの津波を一方向のみに向わせることができたのかということについてはながらく疑問でいたのである。

なぜなら、昔の南米チリの大地震の時には、太平洋の反対側の日本へも相当な被害が出たからである。それがこれほどまでに大きな津波が来たにも関わらず、日本だけが被害を被ったのである。それにはそれ相当の理由があるはずなのである。

そこでもっとも理に適った推測としては、”だれか”が科学的な数値計算シミュレーションを重ねて引き起した、いくつか(実際には3連発)の核爆弾による人工地震のために、そしてその結果としての波の重ね合わせによって見事に日本側だけに大津波が押し寄せたのだろうということになったのである。

その可能性についていろいろ調べ上げた結果、
A Happy New Chikyu ! : 東日本大震災震源地とちきゅう掘削地が一致!
にメモしたような理由がもっとも確からしいという結論になったというわけである。そこに

(あ)311が始まる前にHAARPが異常に活動したこと。大地震の前兆現象が科学的に証明された!?:やはりHAARPと原爆の仕業だったのか?
(い)大地震の3連発が一気に起こったこと。この波の重ね合わせのために、
(う)巨大津波が日本側だけに到来し、北中南米に被害が及ばなかったこと。
(え)地下深部10kmの浅い地震であったこと。
(お)掘削船ちきゅうの活動地点であったこと。
(か)および、震災時にちきゅうがそこにいたこと。
(き)震災前にイルカの大量死があったこと。イルカの大量死の最大の理由は米原子力潜水艦による強烈な大音量極超低周波ソナーの放出によるイルカの脳破壊のためと知られている。
(く)したがって、この地域に原潜が到来した可能性があること。
(け)震災直後に巨大渦巻きが誕生し、水が海底穴に引き込まれたこと。
e0171614_9451995.jpg

(こ)311地震の音を計画的にモニターしていた研究者がいたこと。311M9の巨大地震の音:やはりアレか?
などなど。
(これらの詳細はこのブログ内にある。内部検索で出て来るはず。)

と書いたように、あまりに不自然すぎる偶然の数々が見事なまでに一貫して一度に一気に起こっていたからである。それゆえ、これは偶然ではあり得ないというのが私の分析結果であったのである。

さて、その時にメモしたことだが、311地震を見事に録音したグループがいた。そしてすぐに欧米のテレビメディアで放映されたのである。このグループが何ものなのか?ということについてはこれまで私はだれなのか分からなかったのだが、ついにその正体が明らかになったようである。

最近、「ガチムチの杜」のくまざさ氏のブログに、リチャード・コシミズ氏のサイトへつけられたというコメントに紹介されていた。それは、harpman氏の以下のサイトのものである。
世界の真実の姿を求めて!
無視された東日本大震災大津波で、核兵器が使用された証拠。

一見したところ、ここにある情報は非常に秀逸である。おそらく、これで今回の311大震災が核爆発による人工地震であったことは100%間違いないだろうと思う。なかでも以下のニュース記事は極めつけである。

(あ)まず、韓国と米軍の地震研究の話にこんなものがあるという。韓国と米国の科学者は、北朝鮮の核爆発を知りたい。そこで、共同で北朝鮮がときどき起す核実験の時に生じる人工地震を証明するためにいろいろと研究しているらしい。そしてその特徴を証明したというニュース記事が以下のものであるという。
核問題:最大でTNT火薬2万トンの威力

◆放射性物質の探知で最終確認可能

 気象庁の関係者は「今回の地震が核実験によるものと推定される人工地震だという事実は、二つの面ですでに確認された状態だ」と話す。まず、人工地震と自然地震の違いは、地震波の波長で見分けることができる。自然地震は規模が大きいほど、断層が長い時間にわたって長く割れることで、地震波は低周波になる。一方、核実験による人工地震は、核爆弾が一瞬で破裂して発生するため、地震波が高周波になる。「同規模の地震でも高周波なら人工地震と判断できるし、核実験かどうかは地震波の分析だけでも確認可能だ」と専門家らは話す。気象庁は「済州島を除いた全国100カ所に設置された地震波観測所すべてで、人工地震であることを知らせる(高周波)波動が観測された」と話した。

 人工地震と自然地震を見分けるもう一つの要素は、空中を行き来する音、つまり音波の観測だ。気象庁のユ・ヨンギュ事務官は「自然地震とは違い、核実験では音波が観測されるが、(今回の核実験当時)全国5カ所にある音波観測所のうち2カ所で音波が観測された」と述べた。最終確認は放射性物質の検出によって行われる。核爆弾を爆発させる実験を行ったなら、ウラニウムやプルトニウムが壊れ放射性物質が発生する。核実験は放射性物質の流出を防ぐため、普通地下1キロの地点で実施されるが、北朝鮮は山に横方向から斜めに坑道を掘る方式を選んだものと分析されている。山の高さのおかげで地下に掘り進めたのと同等の効果を得られるためだ。

ここをまとめると、
人工地震の見分け方
(あ)地震波の波長で見分ける。
自然地震の地震波 → 低周波。
核実験による人工地震の地震波 → 高周波。
(い)地震による音波で見分ける。
自然地震 → 音波は出ない。
核実験による人工地震 → 音波が出る。

(い)そこで、実際に311大地震以後にこの地震の特徴をつかんだものに、以下のものがあったのである。

津波に伴う微弱音波検知 核実験の監視施設で

 東日本大震災の震源域付近で、津波の海面上昇による大気の圧縮で生じたとみられる微弱な長周期の音波を、包括的核実験禁止条約(CTBT)に基づき核実験を監視している千葉県とロシアの施設計3カ所で検知していたことが、日本気象協会の解析で23日までに分かった。
 千葉で検知されたのは地震発生約17分後。気象協会は「音波測定で津波の規模を推定できる可能性がある。今後の研究次第では、強い揺れを伴わず大津波を起こす明治三陸地震(1896年)のような津波地震の防災情報に有効かもしれない」としている。
 協会によると、音波を観測したのは津波発生海域から約300キロの千葉県いすみ市と、1000〜1900キロのロシアのウスリースクとペトロパブロフスクカムチャツキーの「微気圧振動監視観測所」。地上の核爆発で生じる微弱な気圧の乱れを監視している。
 いすみ市の観測所では大震災発生約17分後の3月11日午後3時3分ごろから約12分間、約20パスカルの気圧変動でできた音波を確認。人間の耳では聞き取れない長い周期で、震源域付近から伝わったと推定できるという。
 ロシアの2観測所のデータも検証した結果、ほぼ同じ長周期の音波を約1時間〜1時間40分後に捉えており、音波がほとんど衰えずに伝わったとみられる。
 微気圧振動監視観測所は、CTBT署名各国が整備を進める核実験監視システムの一環。いすみ市の観測所は政府の委託を受け、日本気象協会が04年から運用している。

3・11地震の振動、電離層まで到達
e0171614_193299.jpg

 3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震の振動は、大気圏外まで到達しかねない強さだったということが、最新の研究で明らかになった。
 揺れる大地の上下動と押し寄せる津波によって生じた振動は、上空に横たわる大気を上へと押し上げていたと、アメリカ、イリノイ州にあるノースウェスタン大学の地球物理学教授エミール・オカル氏は言う。オカル氏は今回の研究チームには参加していない。
 このような影響はこれまでの地震でも確認されていたが、今回の日本の地震で生じた振動は観測史上最大の規模だった。
 この振動は低周波数の音波に似ており、地上ではごく小さく、せいぜいその振動の元となった上下動と同じくらいの規模でしかない。ところがこの振動が大気の薄い上空へ伝わっていくと、その波は大きくなるとオカル氏は話す。
 今回の地震から生じた波動が飛行機の巡航高度(9100メートルくらい)まで到達したときには、振幅が1メートル程度まで拡大していた可能性があるとオカル氏は言う。振動は通常の均衡状態からこの程度までは増幅するもので、この程度では航空機の乗客は揺れを感じることすらない。
 だがさらに上空の電離層では、この波動は元の規模の数千倍まで増幅されていたと、台湾国立中央大学宇宙科学研究所の劉正彦(Liu Jann-Yenq)教授らの研究チームは言う。

◆地震の波動を利用して津波を監視できる?
 電離層は比較的高温のガスでできている。高度が高いため、強烈な太陽光の影響を受けて、ガスは電荷を帯びている。
 上へと伝わってきた地震の波動がこのガスを圧縮し、その影響はGPSに使われる電波などにも現れるほどだった。
「もし、きわめて正確なGPS装置を持っていれば、(信号の乱れを)確認できる」とオカル氏は言う。
 こうしたGPS信号の乱れを利用して、津波が外洋にあるうちから追跡しようと提唱している研究者もいる、とオカル氏は言い添える。
 だがオカル氏は、それが警告システムとして実用性を持つとは考えにくいとしている。信号の変化を確認できるほど正確なGPS受信機は陸上にしかないので、信号の乱れを捉えられた時には、津波はもう海岸に到達している、というのがその理由だ。
 オカル氏によると、電波が電離層で反射するのを利用して水平線以遠を観測するOTHレーダー(over-the-horizon radar)にも同様の影響が現れ、こちらのほうが利用できる見込みが高い。
「津波の警告システムを改善できる可能性があるとして、これに取り組んでいる研究者もいる」とオカル氏は言う。  今回の研究は「Journal of Geophysical Research」誌6月28日号に掲載された。
Diagram courtesy NOAA

そしてさらにこの事実は日本の東大の研究者も証明したのである。
東北沖地震の二面性
発表概要

東北地方太平洋沖地震の破壊プロセスを地震波の分析により解明した。 地震はプレート境界浅部では、海溝まで達する大きなすべりを引き起こし、さらにすべり過ぎることにより巨大な津波を発生させた。 一方で人が感じるような高周波の地震波(ガタガタ震動)はむしろプレート境界深部から放射された。 この奇妙な二面性は、地震発生プロセスの理解にとって重要である。

発表内容

3月11日の東北地方太平洋沖地震(以下東北沖地震と略す)は、日本史上最大のマグニチュード9という規模で東日本一帯を襲い、広範囲での揺れと巨大な津波によって日本社会に大混乱を巻き起こしている。地震発生時に、海底下の岩盤で破壊すべりはどのように進行したのか?これを解明することは、今回の地震による災害から未来への教訓を得るために、まず解決しなければならない問題である。当研究室は米国スタンフォード大学と共同で世界各地の地震波データを解析し、東北沖地震の全体的な破壊プロセスを解明した。その結果からは、マグニチュード9という近代地震学史上も希な巨大地震であるがゆえの、研究者も驚くような一種異様な二面的振る舞いが浮かび上がってきた。以下省略。

図1:3つの観測点における本震と前震の観測波形の比較。右は左の図の時刻0周辺の拡大図。本震のほうがむしろゆるやかな立ち上がりである。
e0171614_19272629.jpg

図2:破壊プロセスの分析結果。左は最終的なすべり量、右は6つの時刻でのすべり速度の分布を表す。左図の下に全体的な時間変化を示す。左図白い線が海溝の位置。
e0171614_19272914.jpg

図3:4つの段階の概念図
e0171614_20191924.jpg

図4:高周波波動とすべりの分布。右図のすべり分布中に各色で示した時刻(単位は秒で地震発生時がゼロ)に放出されたS波が各観測点に到達する時刻を左図に線で示す。
e0171614_19273516.jpg

この説明は長いので本文を読んでもらいたいが、この著者もこの311大地震が極めて特殊なものであったことに驚いている。

この研究者がいう奇妙な点とは以下のものである。
(1)前震の地震波より本震の地震波の方がゆるやかに始まっている。
(2)上方(東向き)から下方(西向き)へと破壊すべりの進行方向転換が起きる。
(3)沈み込み帯の地震ではプレート境界をはさんで陸側が海側に乗り上げる(逆断層地震)。その反対、陸側が海側に対してずり落ちるような地震(正断層地震)はまず起きない。ところが地震直後マグニチュード6程度の正断層地震が2つ発生した(図2)。
(4)体に感じるようなガタガタという高周波の地震波はこのうちAとCの深部の破壊すべりからしか放射されていない。

そしてこの分析結果をどう解釈するかという場面でこの研究者の頭は崩壊した。要するに彼らには前例が見当たらない(予想の範囲外であった)ためにどう解釈していいか分からなかったというわけである。なぜならこれまでの自然地震ではどこにもそんな事例がなかったからである。

そこで、これが3つの核爆発による人工地震だというこれまでのこの筋の見解を基にすれば、この解析結果は実に理に適ったものであることが分かるというわけである。今回はこれをメモしておこう。
(1)まず図3の@のように浅いところで最初の核爆発を起す。おそらく起爆剤である。
(2)次にAのように深いところで核爆発を起す。それが外側へ圧力を生み出す。高周波振動と音波を放出する。
(3)それがBのように滑り過ぎを引き起こす。ここに巨大津波が形成される。
(4)そしてCのようにもっと深部にとどめの核爆発を起す。これもまた高周波振動と音波を放出する。これが今度は日本側への引き込みを誘導するために、いったん作られた津波が全部日本の方向にだけ誘導される。

というふうにして、この研究者の解析結果がすべて見事に3つの核爆弾によって説明が可能であるということになるというわけである。

さて、最初にこの時の音を聞いていたもの(録音したもグループ)がいたと言ったが、実はそれがNOAAという国際的な研究グループであった。その隊員の1人が地震をうまく収めた結果「ピースサイン」を出したのである。このNOAAのサイトにその時の結果が”自慢するかのように”見事に提示されているようである。この録音結果が、上の仮説をほぼ実証してくれているといえるだろう。以下のものである。
Honshu Japan Mw 9.0 Earthquake: March 11, 2011
Underwater Microphone Captures Honshu, Japan Earthquake

最後に付け加えておくと、アメリカの地震研究者も戦後60年ずっと地下核実験を研究して、人工地震と自然地震の違いを見つける方法をかなり前に確立しているのである。もちろん、日本の御用地震学者たちはそんなことはおかまい無しである。
「人工地震」の見分け方:mb−Ms/mbプロットを作れ!

核爆弾による人工地震ではP波(前震)ばかりでS波(本震)がないのである。

それは当然だろう。なぜなら、地殻が応力歪みでずれるのではなく爆弾で穴があくわけだから、その時の前震が起これば、その後が剪断ずれによって起こるはずの本震はほとんどないか弱くなるはずだからである。これが、上の東大の研究者が、不思議がったことに対応するのである。

とまあ、そういうわけで、311が核爆弾による人工地震だったかどうかの件は、これにて一件落着である。めでてーな、である。

おまけ:
この記事は結構多くの人が読んだようだから、あまり物理科学の実験も理論もが分からない無知なひとたちは、「音波」や「地震動」といっても何が何やら分からないはずである。

一般の日本人は文部科学省教育の結果、あまりに無知だからである。

そこでそういう人たちのために、ついでにちょっと付け加えておく。

簡単に言えばここで言っている「低周波の音波」というのは、原爆が炸裂した時に衝撃波が来るが、その時にそれが伝播する時に出る

「ターーーーーーーーーーーーダダーーーン」という音のことである。

一方、自然地震では存在せず核爆発の人工地震で出る「高周波の地震波」とは、

原爆炸裂時に出る特有の音「バリバリバリバリバリバリバリズダーーーーーーーン」という「バリ音」のことである。

これが地下核爆発ではこの振動が地震動として観察されるのである。

だから、原爆による時にだけ、この両者が必ずセットで出るわけである。

おまけ2:追記2月28日
第2回 実は“2つの津波”が重なっていた 東北大学・津波工学研究室(2)
e0171614_9473370.jpg

これもまた当然。3連発の人工地震なのだから、最後の2つで波が2、3つ重なるのは当たり前である。

こういう研究態度では何も分からないだろう。

むしろ、3つの核爆弾を想定して、今回の地震津波を起せるかどうかをシミュレーションした方が早いのである。

要するに、考え方が逆なのである。

 

イルカやクジラの大量死と原子力潜水艦のソナーの関係

http://quasimoto.exblog.jp/20395530/

より

実は、陰謀暴露の世界では常識中の常識の一つなのだが、現代の原子力潜水艦は、非常に強烈な低周波ソナー音を発する。このソナーは、まるで象やくじらが低周波の音を出して遠くの仲間に伝達するように、何百キロ先までとらえることができるのである。そしてその情報を今度は上空の人工衛星を使って本国基地へ送り、そこのスーパースーパーコンピュータで解析し3D映像を作る。それを逆ルートで潜水艦にリアルタイムで送り返し、潜水艦内の画面で見ることができるというのである。

一説では、なぜ米軍がケムトレイルを撒き続けるかというと、この電磁波の反射材として必須事項だからだというものがある。このソナーの大音量のために前方にいるイルカやくじらの群れが耳をやられて全滅するのである。その数は、日本の捕鯨船が何年もかけて調査捕鯨する数に匹敵するのである。だから、シー・シェパードは日本の捕鯨船に体当りするよりは、世界中の海軍の潜水艦に体当たりすべきなのである。

 

このソナーの正式名称は、「低周波アクティブ方式探索曳航アレイ・ソナーシステム(LFAS)」というらしい。周波数は数百から数キロヘルツ。水中で最高音圧となり、音源は何やら「アポロ」で有名な「サターン5型ロケット」並みの”240デシベル”を超える音を発する。数百km先でも140デシベルを維持し、反射音は即座に人工衛星を介して本国のスーパーコンピュータに送られて解析される。

したがって、一番あやしいのは、この海域を原子力潜水艦が活動した可能性があるということである。言い換えれば、この海域の海底で何かの工作をした可能性があるということである。

そこで、一応の注意として、かの掘削船地球号がどこを掘削していたか?を再度メモしておこう。以下のものである。
「人工地震」のふるさと:「地下深部掘削船ちきゅう」の開けた「墓穴」の数々
A Happy New Chikyu ! : 東日本大震災震源地とちきゅう掘削地が一致!

 

地震のP波とS波

 

P波とS波 地震によって震源から放射される地震波にはP波とS波があります。 震源から離れた位置で地震波を観測すると最初に観測されるのがP波(Primary Wave=最初の波)で、P波が継続しつつある中で続いて観測されるのがS波(Secondary Wave=第二の波)です。

資料

http://www.s-yamaga.jp/nanimono/chikyu/jishin-01.htm

通常の地震の波形

1秒に5回ほどの振動、、5Hzぐらい。低周波。

・・・・

2011.3.11の波形

 

 

http://blog.goo.ne.jp/luca401/e/d6cdfd75c947f9cccd716a3266fc430c

・地震の低周波とは、1.6秒から8秒程度の周期のもの

地震動を観測した地震波を見ると様々な周期の波が含まれているが、発震のエネルギー規模が大きいほど周期が長くなり(長周期、低周波)、その主成分の表面波は震源が浅いほど卓越することが知られている。

地震動のうちこのような震動成分を特に長周期地震動とよぶ。大規模地震では周期が数百秒を超える地震動(超長周期地震動)や地球自由振動も観測される。
現在の気象庁では防災の観点から周期が1.6 - 7.8秒の長周期地震動を観測対象としている。

これを周波数に換算すると1/1.6から1/8ぐらい。1/2から1/8Hz。

音波は、20Hz程度から、上は(個人差があるが)15,000Hzないし20,000Hz。

これを周期に換算すると

1/20から1/15000秒。

 

アメリカの海洋研究所が2011年6月に三陸沖のセシウム量を調査。

震源地に近い三陸沖70km〜100kmが一番濃度が高かったとの内容で、このことを学会で発表したとのことです。

即ち、海中の放射能の主な元は、原発施設から流出したものではなく、三陸沖での核爆発(地下水爆)によるものであるという証拠の一つになるものです。

http://blogs.yahoo.co.jp/i4teru_u/13136933.html

http://richardkoshimizu.at.webry.info/201202/article_58.html

 

3.11の波形と、人の声の波形、3.11は限りなく核爆発の波形に似ている。

地震の波形は以下↓↓↓から入手できる。

http://www.data.jma.go.jp/svd/eqev/data/kyoshin/jishin/110311_tohokuchiho-taiheiyouoki/index.html

 

3.11の地震の波形・気仙沼↓↓↓

2007年の石川県の地震の波形↑↑↑

時間軸を合わせている。

3.11の周波数が高いことがわかる。

ちなみに人の声、アカペラは以下↓↓↓

3.11のときの波形と似ている。

また

http://quasimoto.exblog.jp/17336865

によると

人工地震と自然地震の違いは、地震波の波長で見分けることができる。

自然地震は規模が大きいほど、断層が長い時間にわたって長く割れることで、地震波は低周波になる。

一方、核実験による人工地震は、核爆弾が一瞬で破裂して発生するため、地震波が高周波になる。

核実験では音波が観測される。

とある。

 

ということで、3.11は限りなく核爆発の波形に似ている。

 

なぬ??人工降雨機というものが東京にあるらしい

↓↓↓

うつぎれい 東京が本当に水不足なら、一体何故「奥多摩小河内ダム」の人工降雨機を稼動させないのか?

 

・・・・

北方領土、帰ってこない、、

手順1

まず、安倍政権がシベリアを世界遺産にすることでロシアを逆なでした。

 

手順2

報復としてロシアは北方領土をロシア国民に無料配布した。

 

 

月の表面にある不思議なものたち

http://www.geocities.jp/netreal_bookbox/utzugi/OpenLetters_015.htm

より

すべてはひとつ今ここにあり心地よい至福に満ちています

新たなな現実の創造

1   肉体レ ベル:新しいタイムラインの中でグラウンディングをし、自分を地球の中に定着させることが大切です。これには地球との繋がり、良い食事と規則的な運動を通 じての自然と自分の肉体的な現実との接続が要求されます。自然の中での瞑想と祈り、天及び基本エネルギーとの繋がりがあなた方の旅を助けるでしょう。

2   感情レベル:感情的なバランス状態に、中心を取り、静かでいるようにすることを忘れないように。感情的なドラマは神経系により大きいストレスを引き起こすので、引きずり込まれないようにして下さい。

3   心理レベル:楽観的で、ポジティブでいるようにし、周波数を上げ、新しいチームを見付けさせるようにしましょう。怒り、心配、落ち込みは、あなた方を低い周波数に閉じこめるので、陥らないようにして下さい。

4   思いやりと愛:ダイアモンドの光には中心周波数があるので、バランスの中心としてハートの中に焦点を合わせ、愛と思いやりのエネルギーと共にいるようにして下さい。これによって直ちに周波数が上がり、あなた方の周辺の全ての者を助けます。

5   ソウル /体の繋がり:覚醒した者としてあなた方の肉体はソウルとスピリットのための媒体であることを忘れないようにして下さい。世界の中でのあなた方のスピリッ トとソウルを表現するために肉体を利用して下さい。宇宙のキリストエネルギーの代表としてあなた方は”世界への光”であることを忘れないようにして下さ い。

6   あなた方はスピリチュアルな存在、人間の形をした天使です:この真実と常に同調しているようにし、いつも大きいあり方を見るようにして下さい。

この冒険を楽しんで下さい!

1つ確かなことを約束します。

このようなスピリチュアルな探求の過程というのは、いつも、いつでも常に、自分という存在について、より発見を深めていくだけなのです。

その意味では、怖れることは何もありません。

旅の途中では、本来の自分とかけ離れてしまっている古い観念に出くわして、怖れを感じることがあるかも知れません。
これらの経験をくぐり抜けることを受け入れて
役に立たなくなった古い観念を手放して
積極的に人生の定義を、自分が好きな定義に、より本来の核となる自分に合致するものに変えください。

そのような時は、自分が常に助けられているという事実を頼りにしてください。
私たちだけではなく、自分自身のガイドや、異なるレベルの現実の多くの霊的存在からも、皆さんは常に導かれ、常に助けられているのです。

無条件の愛のエネルギーが蓄積され、環境として、空気として働くことによって、その中で元気づけられたり、全体としてサポートされているのです。

皆さんは多くの存在に、宇宙全体と、異なる次元のすべてに渡って、いかに不自由さを自由に変えるかを教えているのです。
皆さんはマスタークラスです。
ですからこの変革の時にあたって、地球に生まれるという選択をして示してくれた皆さんの強さに感謝をします。
皆さんも自分に拍手をしてください!

BASHAR

何時もあなた方の愛を送り出してください。それは奇跡を起こし得るのです。

何時でも私たちを呼び出せば、関係する全ての者にとって最善のあらゆる方法でお応えします。

Salusa

・数秒間両手の親指をくっつけ、それぞれの親指をもう一方の手の平に軽く押し付けます。
そうすると手のひらにクリスタルが設置され活性化します。

食べ物や飲み物を両手に持つか、両手の平をかざして、あなたの光が手から食べ物、飲み物に流れるイメージをします。その時、ハートに愛を感じます。また、あなたの光を食べ物に流し光が浸透します。そして食べ物に対して
「 私の光と愛を持ってして感謝します。(食べ物の)波動を上げたいので私の体に一番良くなるようにしてください。ありがとう!」
という言葉を念じます。

・十分な睡眠が大切であり、体に回復時間を与えるようにする必要があります。
純粋な水を多量に飲む事も大切で、汚染された環境、質の低い食品から吸収した毒素を排除するのに役立ち、体の電気的なシステムを適切に作動させます。
肉体の能力に応じた運動もこれらの事の補助になり、循環系と呼吸系を滑らかに作動させます。
かつて程には空腹感を感じないとしても問題はなく、体の中により多くの光が吸収されると、必要な食料の量は減ります。

新鮮な果物と野菜、最も多く光を含む食品が結晶質の細胞の成長を促し、エネルギーレベルを向上させます。乳製品には言われているほどには栄養価がなく、循環系を詰まらせます。

メニューから肉や魚を除けないのなら、食物となり奉仕してくれている動物に感謝の念を捧げてください。

マシュー君のメッセージ

関連書籍

BASHARの言葉

マシューくんのメッセージ

アセンション・次元上昇

ライトワーカー】【ウイングメーカー】