TOP

コンタクト

最初のコンタクト手順

地球外知的生命体センター

スピリチュアル

アセンション

天使に助けてもらう

天に聞く、瞑想

バシャールの言葉

現実の創り方

座右の銘

ライブラリ

データベース

エクササイズ

タイムライン

浄化レベル

月のチューニング

光について

食事のパワー

天使・天使界

Angel number

天使

サルーサ

ヒラリオン

ジャーメイン

ミカエル

プレアディス

ヒーリング

フリーエネルギー

メッセージ

座右の銘

ビジネス座右の銘

意識

BASHAR

今の贈り物に感謝する

全てうまくゆく

今が全て。過去は堂々めぐり

固定概念や常識を疑うことから進化が始まる

ET

人生を快適にするヒント

いろんなひとの言葉

自由に電力会社を選ぼう

ヤラセの歴史

小動物たち

100円ショップ工作

オモロ〜なこと

ミステリアスなこと

 

歴史・神話

ディスクロージャー

DVD

AKB48・DVD

乃木坂46・DVD】】

欅坂46・DVD

フリーエネルギー

公正な政治にする方法

サバイバル

地震の情報

原子力発電所

リンク集

チャネリングリンク集

過去ログ

2013年1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12

2012年1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12

6/7/8/9/10/11/12

2011年/2010年/2009年

楽天ブックス【BASHAR】 

since 2013/09

アクセスカウンター 

Home/ TOP/ 人生を快適にするヒント/ 世の中の名言集/

感謝、愛、いつも自由で新しい、今この瞬間、大きな信念、最高で最善で芸術的、夢に向かう人を応援します

人の命が第一です。人の命より金儲けと思っている人には、やがて終わりが来ます。
人の命が第一にあり、それを基準に使える技術を選んでいくのが正道でしょう。

日本は唯一の被爆国であり、日本人は世界に核の廃止を呼びかける義務があります。
火山と地震の国、狭い日本の島国で原発事故が起きれば逃げるところがありません。
天上界は原発をやめるように何度も警告しています。

〈人の生存そのものに関わる権利と、電気代の高い低いの問題を並べて論じるべきではない〉

〈豊かな国土とそこに国民が生活していることが国富であり、これを取り戻せなくなることが国富の喪失だ〉

原発の運転を認めない歴史的判決、樋口裁判官の言葉

原発index

☆原発リンク

放射線は累積値が、1mSv(1ミリ・シーベルト)で影響がでてくる

もんじゅ君のブログ

原子力発電所から放出される放射性物質

何もしなくても儲かる総括原価方式とは

原子力発電所での事故の対策・サバイバル・マニュアル

原発事故の対策

【災害関連リンク集】放射線量モニタリングポスト

原子力発電所のデータ

原子力発電所・関係・リンク

☆汚染予想マップ

大飯原発による汚染予想

川内原発による汚染予想

☆放射線量マップ・外部リンク

測ってガイガー・放射線量マップ

日本全国の放射線量マップ

バックグラウンドのデータ・放射線量水準値

放射能汚染地図(早川由起夫氏)

劣化ウラン

☆書籍【ガイガーカウンターの選び方
☆価格チェック 【ガイガーカウンター

19兆円の請求書

電力会社に原発の電気、拠出義務づけを政府が検討、また、国民だまし

政府は、2016年4月からの家庭向け電力小売りの自由化を控え、新たに参入する販売業者でも電気を調達できるように、電力会社に対して原子力発電所で発電した電気の拠出を義務づける検討に入った。

http://www.yomiuri.co.jp/economy/20141025-OYT1T50006.html

 

↑↑↑↑↑↑↑

これも、国民だましだね。

 

 

2013年の12月にアメリカの原発で事故があった。マスコミは報道せず。その理由は。

 

一年前のニュースですが。。
アメリカのアーカンソー州の原発で爆発事故。マスコミ完全黙秘。2013.12.09

 

変電設備が爆発した。放射能漏れはないのだが報道規制が完全になされた。
このニュースは原発推進に支障がある。
オバマ大統領は、原発推進。バイゼン副大統領は中心的人物。世界に原発売りたい。
ライセンス料金はアメリカのメーカーに入る。
ウエスティング・ハウス、GE。
アメリカ企業のマスコミは原発企業が経営権を握っている。

 

 

アメリカの原発企業
ウエスティング・ハウス、GE

マスコミ
ウエスティング・ハウス、GE、ディズニー

 

 

原発の電気に優遇策、また国民だまし


原発の電気に優遇策 小売り自由化の趣旨に反する 2014年09月22日(月)

 経済産業省が総合資源エネルギー調査会の小委員会に、大手電力など原発事業者の優遇策を提案した。電力自由化が進み、市場価格が下がった場合に備え、原発で発電した電気の価格を保証する仕組みの導入を目指す。
  具体的には、廃炉や使用済み核燃料の処分に必要な費用も含めて国と大手電力が「基準価格」を設定。市場価格が下回れば、差額を電気料金に上乗せするなどし て全国の消費者に負担させる。逆に上回れば差額を還元するが、「原発の電気は安価」としてきた国の見解と矛盾する可能性が高いと言わざるを得まい。

http://www.ehime-np.co.jp/rensai/shasetsu/ren017201409220006.html
より

↑↑↑↑↑↑↑

国と電力会社が、また「国民だまし」を始めようとしている。

電力自由化が決まったのに原発だけ優遇しようというのだ。

しかし、もう国民はだまされないよ。
まともな政治家たちに働きかけて、このような案を廃止にすることと
このような案を推進する政治家を次の選挙では落選させること。

マスコミやテレビは政治や金の力で踊っているだけで真実はありません。

金や権力と関係のないインターネットから情報を探せば真実が見えてきます。


 

原発で儲かるのは誰か

 

原発は事故になると止めようがない。 電力会社と原子力ムラはこんな陳腐で危険な方式で国民から料金を取っている。 彼らはその金を原発再稼働のための広告費に使っている。 むしろ原発に変わる代替エネルギーの開発に使うべきだろう。 原子力ムラとは、 原子力発電に関係する電力会社、電気事業連合会、関連企業、経済産業省、監督官庁、原子力技術に肯定的な大学研究者、マスコミ、業界誌、暴力団など原子力関連産業をくくったひとつの呼ばれ方である。  

 

電力会社の無駄遣いすればするほど儲かる仕組み、総括原価方式

 

電気料金を決める制度を「総括原価方式」といいます。 これは無駄遣いすればするほど儲かる仕組みなのです。

この制度は電力会社の特権なのです。

総括原価方式を廃止しないと永遠に電気代は上がります。

政治家たちも総括原価方式の廃止に真剣に取り組んでほしいものです。

以下、http://hiroakikoide.wordpress.com/2013/04/06/radioforum-2013apr6/ より

2013年4月6日に放送された「ラジオフォーラム第13回」番組から抜粋

皆さん、例えば何かものを買うときには、あっちこっちの商店に行ってみたりしながら、 自分の気に入ったもの、そして少しでもまあ安いものを選ぶと思うのですが、 電気の場合には選べないのです。

電気代というのはどうやって決めるかというと、電気事業法という法律で決められているのです。

電気の場合には法律でその儲けのしかたが書いてあるのですね。

それを総括原価方式と呼んでいます。

電力会社の持っている資産の何%分を毎年儲けていいという、そういうような決めかたなのです。

そうすると電力会社としては、資産を持てば持つだけ儲けが増えるという、法律が保証してくれるという仕組みなんですね。

原子力発電所というのは1基作ると4千億円、5千億円という巨大な資産になるわけで、作ってしまえばもう自動的に金儲けができるというシステムが法律的にできてしまっていた。

ですから電力会社としては原子力発電所が動こうと動くまいと何でもいい、とにかく造ってしまえば金儲けができるというそういうことになってしまいました。

現在のように原子力発電を造ればひたすら電力会社が儲かってしまうというようなことはやはり止めなければいけないと思います。

・・・・・・・・

まず、電力会社を優遇する総括原価方式を撤廃するだけで日本は正常・清浄になる。

無駄遣いするほど儲かる電力会社の「総括原価方式」 「総括原価方式」を撤廃する政治家に投票しよう。  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「19兆円ですよ。そんな巨額の金を、こっそりと電気料金に上乗せしていいんですか」

2004年の春、経済産業省の一室で上司に詰め寄る若い官 僚たちがいた。使用済み核燃料を再処理、プルトニウムなどを取り出す核燃料サイクル事業。これに膨大な費用をかける愚かしさを、推進する立場の経産官僚が 説いた。クーデターの始まりだった。

 東京電力福島第1原発事故でサイクル事業も岐路に立つ。7年前の官僚たちの行動が、今再び、重い問いを投げかける。

最後のチャンス

 「19兆円の請求書―止まらない核燃料サイクル―」と題する文書が霞が関や永田町を飛び交った。作成者は彼らだ。文書は@再処理工場を運用する と、総額で19兆円、場合によっては50兆円がかかるA高速増殖炉の実用化のめどが立っていないB放射性廃棄物の体積が大幅に増加する―などと指摘。「国 は時代遅れになった政策の誤りを認められない。費用は国民の負担に転嫁されようとしている」と告発した。

 青森県六ケ所村の再処理工場では、プルトニウムなどを使った試運転が始まろうとしていた。一度始まると施設が汚染され、中止にも膨大な費用がかかる。彼らは「今が最後の機会」と思った。

自由化と交換

 サイクル事業について関係者は「電力業界も乗り気ではなかった」と証言する。「会社の判断でやめると経営責任を問われるが、国が中止するなら従うと言っていた」と言う。そもそも「19兆円」は業界自身の試算だ。

 費用の問題を解決するため、東電をはじめとする電力業界は並外れた政治力を発揮する。元官僚によると、03年に電力自由化の枠が拡大される際、電 力業界は交換条件として、将来に予想される膨大な再処理費用を、電気料金に上乗せすることを国に要求。自民党政権はこれを受け入れた。

 「文書」が疑問を投げかけたのはこの点だ。事業の安全性や経済性を問題視する声は多く「できのいい怪文書」と言われた文書は一時、サイクル路線中止への流れをつくるかに見えた。

 だが結局は、サイクル推進の立場の政治家や電力業界にあっけなくつぶされ、官僚たちは左遷。クーデターは頓挫し、ある者は役所を去った。

 再処理費用の"前払い"は開始され、これまでに既に2兆円超が積み立てられている。

廃止にも難問

 原発事故を受け、菅直人首相はサイクル事業の見直しを表明。廃止も現実味を帯びてきた。事業は取り出したプルトニウムを使う高速増殖炉があってこ そ。ある官僚は「(福島の事故では)水の冷却であれだけ苦労している。国民は『冷却材にナトリウムを使う増殖炉がうまくいくわけがない』と思うだろう」と 指摘する。

 六ケ所村の再処理工場も、技術的な問題でつまずき、07年末から事実上停止状態だ。既に機器は汚染され、解体にも数千億円がかかるという。積み立てられた2兆円を充てる案もあるが「事故の賠償に充てるべきだ」との意見もあり、簡単にはいかない。

 一方、再処理工場や各原発では使用済み燃料がたまり続けている。どちらの保管施設も満杯に近く、原発の運転継続が危ぶまれる状況だ。

 前進も後退もままならない使用済み核燃料の再処理問題。原発事故で露呈した原子力政策の長年の矛盾が、行政と業界にのしかかっている。

出典

http://www.47news.jp/47topics/tsukuru/article/post_31.html