macken 健康 ケア
健康TOP/健康関係の本/ダイエット/ビタミン/くすり/ハーブ/健康維持/ストレッチ/筋トレ

健康トップ

ダイエット

サプリ・ビタミン

血液をサラサラにしよう

くすり

ハーブ

健康維持

ストレッチ

筋トレ

健康関係の本

◇楽してダイエット

◇カルシウムとマグネシウムの関係

◇中性脂肪

◇コレステロール

◇クレアチン

◇ガルシニア

人気のサプリ、美容品

サントリー、サプリメント

ファンケル、スキンケア

DHC,サプリメント、美容品

モフモフP、おすすめサプリ

■美肌、美白、シミ防止■

クコの実、関連商品すべて

ハトムギ関連商品すべて

■目の栄養■


目の栄養★ブルーベリー

■スーパーフード■

ブラックシード(ニゲラサティバ) 最強の黒い種

 

ダイエット★人気ランキング

サプリメント★人気ランキング】 

◆定番


ウイダー★ホエイ
プロテイン
】 

コラーゲン


フルグラ】 

 

クリープの代わりに


チルミル】 

 

若返りセット【若返りビタミン★葉酸のサプリ

葉酸の多い食品 【焼き海苔】【レバー】【緑茶】【ごはんですよ】 【皮付きピーナッツ

長寿の酒【ワイン
つまみは【皮付きピーナッツ

過去の記事

2012index

2011index

2010

1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/

2009

1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12 /

2008年以前の日記

医療用の大麻、疾患別リスト

医療大麻は欧米先進国、カナダ、オーストラリアで解禁合法化中

<<毎日の体操>>

■目・・・目だけ動かして左右上下を3秒ずつ見る、顔は動かさない・両手の親指を左右前後に動かして目で追いかける。・遠くと近くをすばやく見る

■肩と肩甲骨
・両手を背中側で組んで真直ぐ後ろに伸ばし胸を広げる。
・四つん這いになり、右手を右耳にあてて肘を背中側に上げていく。肩甲骨の周囲のストレッチ。

■骨盤
・上半身と下半身をひねりながら軽くジャンプ20回。
・膝を両手で押さえて足を閉じるのと、足を開くのと10回ずつ。

■足
・足の指のグーパー体操10回ずつ。
・つま先で20歩歩く
・大股で20歩歩く

■腕・ ・・・椅子にすわった状態から机に肘だけで体を支え7秒静止する。

■体幹・・・ 四つん這いから,右手と左足をまっすぐ伸ばす。左右交互に。

■体全体のバランス・・・・おでこを壁につけて、膝を少し曲げて立ち、体を左右にゆすりほぐす。

■顔のたるみ防止・・・大きく開いて、あー、いー、うー、べー(舌を出す)

■肩のインナーマスル・・・輪ゴム体操・一日10回

<<週1〜2回の筋トレ>>

■足・ふともも、大腰筋・もも上げ・スライド・スクワット・・・膝を体の中心軸より前に出さないこと・つまさき立ち

ダイエットと健康日記

2011年11月

コーヒーを適度に飲む中高年はアルツハイマー病の発症リスクが極めて低いことが、15日発表されたフィンランドとスウェーデンの合同チームの研究で明らかとなった。

 研究を率いたフィンランド・クオピオ大学(University of Kuopio)およびスウェーデン・カロリンスカ研究所(Karolinska Institute)教授のMiia Kivipelto氏によると、コーヒーを1日3−5杯飲む中高年は、高齢になった時に認知症やアルツハイマー病を発症するリスクが60−65%低いという。

 研究チームは、フィンランドで20年以上にわたり1409人を対象に、聞き取り調査を繰り返し実施した。まず50代の被験者にコーヒーを飲む習慣について質問し、その後1998年に65−79歳になった被験者の記憶機能を調べた。その結果、98年までに被験者のうち61人が認知症を、48人がアルツハイマー病を発症していた。

 同教授は、コーヒーにはアルツハイマー病に有効とされる抗酸化剤が多量に含まれていると指摘している。ただし、認知症の発症を遅らせたり回避するのに効果がある正確なコーヒーの摂取量は、不明だという。

 一方、前日発表された、コーヒーを多量に摂取すると幻覚症状を起こしやすいとする研究結果について、同教授は「過剰に摂取するべきでないということだろう」と述べた。(c)AFP

http://www.afpbb.com/article/life-culture/health/2558680/3690031

 

逆立ちをすると老化のスピードが遅くなる

逆立ちをすれば、下半身の鬱血を取り、全身の血液の流れをスムーズにすることができます。加えて、重力の影響で下に垂れ下がっていく内臓を、正常な位置に戻すことができるのです」

運動をしている人以外はたいてい、身体のどこかしらに血行不良を抱えているのだとか。老廃物を除去し、栄養やホルモンを運んでくれる血液。それが滞るということは、病気や不定愁訴の原因になってしまうそう。そこで効果的なのが逆立ちというわけです。

「逆立ちの効用をざっと挙げると

■脳内血行が良くなり頭がすっきり回転が早くなる。
■脳梗塞、脳溢血の予防になる。
■体内の血液循環が完全に行われ、汚血のつまりを解消。
■体の末端まで栄養が行き渡り、その結果、万病の予防になる。
■特に女性の生理痛には欠かせない体操。

(ただし、60歳以上の脳溢血予備軍が急に行うと症状が悪化するので、プロの指導が必要です)」

潜在能力開発の第一人者で脳の世界的権威であるウイン・ウェンガー氏の言葉「天才と凡人の違いは脳内血行にあり、天才は凡人よりも少しだけ脳の血行が良いだけだ」

「ハラ・アーサナを2分位行ってから サルバンガ・アーサナに移ると良いだろう。これらを毎日5分やると体調が劇的に良くなるので是非おすすめしたい」

 

・ハラ・アーサナ

 

・サルバンガ・アーサナ