macken 健康 ケア
健康TOP/健康関係の本/ダイエット/ビタミン/くすり/ハーブ/健康維持/ストレッチ/筋トレ

健康トップ

ダイエット

サプリ・ビタミン

血液をサラサラにしよう

くすり

ハーブ

健康維持

ストレッチ

筋トレ

健康関係の本

◇楽してダイエット

◇カルシウムとマグネシウムの関係

◇中性脂肪

◇コレステロール

◇クレアチン

◇ガルシニア

人気のサプリ、美容品

サントリー、サプリメント

ファンケル、スキンケア

DHC,サプリメント、美容品

モフモフP、おすすめサプリ

■美肌、美白、シミ防止■

クコの実、関連商品すべて

ハトムギ関連商品すべて

■代謝アップ、ダイエット、血液サラサラ、ぼけ防止、美肌

【オメガ3、サプリ】 

■目の栄養■


目の栄養★ブルーベリー

■スーパーフード■

ブラックシード(ニゲラサティバ) 最強の黒い種

 

ダイエット★人気ランキング

サプリメント★人気ランキング】 

◆定番


ウイダー★ホエイ
プロテイン
】 

コラーゲン


フルグラ】 

 

クリープの代わりに


チルミル】 

 

若返りセット【若返りビタミン★葉酸のサプリ

葉酸の多い食品 【焼き海苔】【レバー】【緑茶】【ごはんですよ】 【皮付きピーナッツ

長寿の酒【ワイン
つまみは【皮付きピーナッツ

過去の記事

2012index

2011index

2010

1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/

2009

1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12 /

2008年以前の日記

医療用の大麻、疾患別リスト

医療大麻は欧米先進国、カナダ、オーストラリアで解禁合法化中

since 2013/09

アクセスカウンター

ビタミン、サプリメント index

ビタミンA ノドがイガイガする、目がかゆくなる、目が乾燥しやすい、夜になると視力が落ちる
風邪を引きやすい
がんを予防したい
妊娠、授乳期である
ビタミンB1 からだがだるい、疲れているかんじ
おなかの調子がよくない、食欲がない
筋肉疲労
スポーツの後
神経痛、眼精疲労
ビタミンB2 口内炎、にきび、肌荒れ、皮膚炎、角膜炎、唇の荒れなどを防ぎます。
ビタミンB6 口内炎、にきび、肌荒れ、皮膚炎、角膜炎、唇の荒れなどを防ぎます。
ビタミンB12 脂肪、炭水化物、タンパク質が適切に使われるようにします。

ビタミンC

疲れを予防したい
体に抵抗力をつけたい
しみ、そばかすを予防したい
日焼けから守りたい
歯茎からよく出血する、鼻血がでる
動脈硬化を予防したい
病気中、病気後のひと
ストレスから身を守りたい
ビタミンD 骨の成長促進、カルシウムとリンの吸収促進
ビタミンE 肩凝り、冷え性など血行が悪い
血行をよくしたい
細胞の老化を防止したい
動脈硬化を予防したい
パンテトン酸 ビタミンB5・細胞の構築、正常な成長の維持、神経中枢系の発達を助けます。
葉酸 タンパク質を分解し、利用する補酵素として、ビタミンB12、Cと協力して働きます。
ビタミンK 血液の凝固に関係します。
ニコチン酸
DHA 脳を元気にして、血液をサラサラにする。血栓の予防。
コエンザイムQ10 コエンザイムQ10は活性酸素を取り除き(細胞の老化予防)、高血圧による心筋梗塞や脳梗塞から守る効果があります。
リコピン
ミネラル
マグネシウム いま、日本人に一番足りないのがマグネシウムです。動脈硬化、心筋梗塞の予防に。
カルシウム 歯や骨をつくるミネラルとしてよく知られていますが、摂取量は不足がちです。

亜鉛

亜鉛は他のどのミネラルより多種類の酵素の活性化に幅広く関与しており、生命の維持にどうしても必要なミネラルです。
カリウム 神経刺激の伝達、筋肉の収縮、細胞内の浸透圧の維持、細胞内の酸・塩基平衡(pH)の調節、酵素反応の調節
サプリメント
クロロフィル クロロフィルには、血液をサラサラにしコレステロール値をさげる効果、デトックス、抗酸化作用、動脈硬化の予防、免疫力アップが期待できます。消臭・脱臭や殺菌の効果、整腸作用、抗炎症作用も期待できる栄養成分です。
クレアチン
コラーゲン

サプリメント一般

 

■服用時はいつがいいか

食後が吸収されやすい。

・水溶性ビタミン(ビタミンC,B1,B6,B12,パントテン酸など)は、余分量が尿に排泄されるので、一度にたくさんとるよりも、何度かに分ける方がよい。

・脂溶性ビタミン(ビタミンA,E,Dなど)は、水で飲んでも溶けにくく吸収されにくいので、牛乳や食事のあとに飲むと良い。

■ダイエットによる食事制限とビタミンの関係

食事の量を減らすとビタミン不足になりやすい。

■所要量とは

欠乏症をおこさない最低量であり、この量だけでは足りません。

■保健量とは

病気の予防、治療のための量で、これだけは最低とりたいです。

■所要量を超えてビタミンをとってもだいじょうぶ?

ビタミンDは大量にとりすぎると肝臓に障害がおきる。
ビタミンEは過剰症の心配はない。
その他のビタミンでは一般生活において過剰症になることはまれ