macken 健康 ケア
健康TOP/健康関係の本/ダイエット/ビタミン/くすり/ハーブ/健康維持/ストレッチ/筋トレ

健康トップ

ダイエット

サプリ・ビタミン

血液をサラサラにしよう

くすり

ハーブ

健康維持

ストレッチ

筋トレ

健康関係の本

◇楽してダイエット

◇カルシウムとマグネシウムの関係

◇中性脂肪

◇コレステロール

◇クレアチン

◇ガルシニア

人気のサプリ、美容品

サントリー、サプリメント

ファンケル、スキンケア

DHC,サプリメント、美容品

モフモフP、おすすめサプリ

■美肌、美白、シミ防止■

クコの実、関連商品すべて

ハトムギ関連商品すべて

■代謝アップ、ダイエット、血液サラサラ、ぼけ防止、美肌

【オメガ3、サプリ】 

■目の栄養■


目の栄養★ブルーベリー

■スーパーフード■

ブラックシード(ニゲラサティバ) 最強の黒い種

 

ダイエット★人気ランキング

サプリメント★人気ランキング】 

◆定番


ウイダー★ホエイ
プロテイン
】 

コラーゲン


フルグラ】 

 

クリープの代わりに


チルミル】 

 

若返りセット【若返りビタミン★葉酸のサプリ

葉酸の多い食品 【焼き海苔】【レバー】【緑茶】【ごはんですよ】 【皮付きピーナッツ

長寿の酒【ワイン
つまみは【皮付きピーナッツ

過去の記事

2012index

2011index

2010

1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/

2009

1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12 /

2008年以前の日記

医療用の大麻、疾患別リスト

医療大麻は欧米先進国、カナダ、オーストラリアで解禁合法化中

since 2013年7月

アクセスカウンター  

太らずキープするための健康とダイエット

・綺麗な水をたくさん飲む。体内を浄化する。体内の電気的なバランスを整える。乾燥から防ぐことで循環系と呼吸系を円滑にする。

・数秒間両手の親指をくっつけ、それぞれの親指をもう一方の手の平に軽く押し付け、クリスタルを設置し活性化します。あなたのハートに愛を感じ、その光が手から出て食べ物、飲み物に流れるイメージをします。 食品に感謝して、自分の最善の為に役立つようお願いし、あなた方が食するあらゆるものに光を与えている植物と動物に感謝の念を捧げましょう。

若さを保つ毎日の体操

■目・・・・・・目だけ動かして左右上下を3秒ずつ見る、顔は動かさない・両手の親指を左右前後に動かして目で追いかける・遠くと近くをすばやく焦点合わせ
■肩と肩甲骨・・・・・両手を背中側で組んで真直ぐ伸ばし胸を広げる。■水分・・・・日本茶を1日2杯以上飲む 
■骨盤体操・・・・肩幅で立ちフラフープのように、ぐるぐると回す。10回ずつ左右交互に適当回数。 
■足・歩く・・・・・つま先で20歩・大股で20歩・後ろ向きで20歩 ■腕・・・・・・椅子にすわった状態から机に肘だけで体を支え7秒静止する。
■体幹・・・・・・四つん這いから,右手と左足をまっすぐ伸ばす。左右交互に。 ■色・・・・・ピンクなど明るい色に接する
■鎖骨からマッサージ・・リンパの出口を緩めてから足のマッサージ ■深呼吸・・・・・・深呼吸はインナーマスルを鍛えるのとリンパの流れを促進する。

2013.7

カレー、シチューは、料理後、すぐ冷蔵庫に入れて食中毒をふせぐ

食中毒の原因のウィルシュ菌は、加熱してもなかなかゼロにならない。

しかも、20℃から55℃で繁殖する。

そこで、カレーやシチューなど、多めにつくる料理は、残りはすぐに冷蔵庫に入れること。

菌は酸素が嫌いなので、よくかき混ぜで空気に触れさせながら容器にいれて冷蔵庫に入れる。

「運動はストレスに強い脳を作る」という研究結果

 

米プリンストン大学の研究チームは、マウスを使って研究を行った。マウスは、自由に走り回るグループと、じっと動かない状態のグループの2つのグループに分けられた。

マウスの脳内の活動を調べたところ、走り回っていたマウスは、脳内に新しい神経細胞が形成されていることが判明した。その新しい神経細胞が「ストレスから脳活動を守る」働きをするという。

 

・運動しているマウスにストレスを与える → ストレスを抑える神経細胞が形成
研究チームは、ストレスに対する反応をみるため、走り回っていたグループのマウスを冷たい水に入れた。すると、感情的な反応に関わる脳の部位「海馬」にお いて、活発な神経細胞が形成されるという「ストレスへの反応」が見られた。しかし、その後すぐに活発な神経細胞の活動を抑制する働きをする別の神経細胞が 作られ、ストレスが抑えられたという。

つまり、運動をしていたマウスは、脳内の神経細胞がストレスによって活発になっても、その「興奮状態」を抑制する別の神経細胞が作られるため、スト レスを抑えることができるのだ。この脳内におけるストレスへの反応は、人間にも当てはめられるだろうと研究チームは主張している。
 
・研究者「運動はストレスに強い脳を作る」
研究チームいわく「運動をすると、不安やストレスを受けても、脳の通常の働きが阻害されにくくなる」とのこと。

【参考】http://rocketnews24.com/2013/07/09/347695/

 

目の下のクマ、予防と対策

目の下のクマは、単純に睡眠不足や疲れがたまっているときは、十分に休めば治ります。

そうでない場合の
目の下のクマの原因は、血行不良ではないでしょうか??
女性は血管が細いので血行不良になりやすいです。
原因は、血液がドロドロになっていることが多いです。
単純に体から水分が減るとドロドロになりやすいのです。

顔の血管は細いので血が止まりやすく、血が止まっているところが黒く見えます。


・血液がドロドロになりやすい人

肉が大好き 、、、脂肪が血管に詰まりやすい

ダイエット中の女性、・・・栄養バランスが崩れる

コンビニ食の多い人、 ・・・栄養バランスが崩れる

お菓子を多く食べる人、・・・脂肪が血管に詰まりやすい 

お酒をよく飲む人、・・アルコールが水分を奪う

好き嫌いの多い人、・・・栄養バランスが崩れる

運動をしない人、・・・老廃物が血液に残る

家でゴロゴロしてる人、、・・・老廃物が血液に残る

タバコをよく吸う人、、・・・血栓ができやすい

ストレスの多い人、・・・栄養バランスが崩れる

閉経後の女性、・・・栄養バランスが崩れる

高齢者・・・水分不足になりやすい



・対策

非常に簡単な解決方法は水分をたくさんとることです。
水はほんとうに大切です。
夏場はとくにたくさんとらないと体がひからびます。
肌から水分がなくなると、かさかさになり老けて見られます。

寝ているだけで500ccの水がなくなります。
ですので寝る前に水をとり、起きたらすぐ水を飲みます。
お茶でも牛乳でもジュースでも水分ならなんでもいいのです。

水分をどんどんとって、どんどん出す。
これで体の老廃物も体の外にでていきます。

もうひとつは血液をサラサラにする食べ物をとりましょう。
納豆、ネギ、タマネギ、ニンニク、オクラ、ゴマ、青魚
サプリメントなら、DHA、ビタミンEがよいです。
お肌の健康には、ビタミンが必須ですから
野菜と果物をたくさんとりましょう。
サプリメントのマルチビタミンもよいです。

料理に使う油は、オリーブオイルか、ごま油がおすすめです。
避けたいのは肉の脂肪、フライドポテト、油を使った料理、お菓子です。
脂肪は血管内部にこびりついて血管を詰まらせます。また血をどろどろにします。

適度な運動をすることもよいです。
自宅でできるストレッチで十分です。

それと体を温めてください。
冷やすと血行がわるくなりますので温めましょう。

食を変えれば三ヶ月で体は生まれ変わります。
三ヶ月ですべての細胞が入れ替わるからです。
がんばってください。

血液をサラサラにする食べ物-->こちら

 

お酒でがんのリスクが414倍!?

http://www9.nhk.or.jp/gatten/archives/P20130410.html

より(一部抜粋)

以前、ガッテンでは「食道がん」を取り上げ、
飲むと顔が赤くなるタイプの人がお酒を飲み過ぎると、食道がんの危険度が77倍になることをお伝えしました。
ところが、それよりもさらに危険なタイプがあることがわかったのです。 そのリスク、なんと414倍!
日本でこのタイプに該当する人は、およそ400万人いると考えられています。
お酒と賢くおつきあいするためにも知っておきたい、アルコールとがんの最新情報をお伝えします。

 

食道がんを招く原因としてあげられるのが、アセトアルデヒドという物質です。
アセトアルデヒドは、アルコールが肝臓で分解されてできます。悪酔いの原因になることが知られていますが、実は発がん性物質でもあります。

アセトアルデヒドは、血管を通って全身に行き渡るものの、健康な人であれば、酵素の働きによって細胞は守られます。
ところが、食道はこの酵素の働きが弱いため、アセトアルデヒドの集中攻撃を受けやすいのです。

遺伝的に肝臓でのアセトアルデヒドの分解が苦手なタイプの人がいます。
普通に飲める人が1日1合(日本酒換算)飲み続けた場合の食道がんのリスクを1とすると、このタイプの人が1日3合以上のお酒を飲み続けたときのリスクは77倍に。
アセトアルデヒドには顔の毛細血管を広げる働きもあるため、77倍タイプの人は、飲むとすぐ顔が赤くなるのが特徴です。

では、414倍タイプの人はどんな人かというと……実は、顔が赤くならないのです。
一体どういうことなのでしょう?

このタイプ、アルコールとアセトアルデヒド両方の分解が苦手だったんです。

肝臓でアルコールがなかなか分解されないと、そのまま血液中を流れ、唾液として口の中にしみ出してきます。
すると、口の中に潜む口内細菌によってアセトアルデヒドが作られ、どんどん食道に送られてしまいます。
一方、肝臓でも、アセトアルデヒドは少量ずつ長時間にわたり作られています。顔はそれほど赤くならないものの、体内にアセトアルデヒドがずっと残り続けてしまうのです。

これまで、酒に強い・弱いは、アセトアルデヒドの分解が得意かどうかだけで判断されてきましたが、アルコール自体の分解が得意かどうかもあわせて考える必要があります。

顔色が変わらない、ずっと陽気、次の日も酒くさい、そして、酒を飲み始めたころは赤くなったが今はならない、という人は、414倍タイプの可能性があります。

胸がしみる感じや、ものを飲み込むときの違和感は、食道がんの早期の症状である場合も。気になる場合は、病院へ行くことをおすすめします。
中年以降で酒とタバコの量が多い人は、上記の症状がなくても注意が必要です。

 

 

 

サプリメント

 

若さを保つ毎日の体操

■目・・・・・・目だけ動かして左右上下を3秒ずつ見る、顔は動かさない・両手の親指を左右前後に動かして目で追いかける。

・・・・・遠くと近くをすばやく焦点合わせ

■肩と肩甲骨・・・・・両手を背中側で組んで真直ぐ伸ばし胸を広げる。

■水分・・・・日本茶などを1日2杯以上飲む

■骨盤体操・・・・肩幅で立ちフラフープのように、ぐるぐると回す。10回ずつ左右交互に適当回数。

■足・・・・・つま先で20歩歩く・大股で20歩歩く・後ろ向きに歩く

■腕・・・・・・椅子にすわった状態から机に肘だけで体を支え7秒静止する。

■体幹・・・・・・四つん這いから,右手と左足をまっすぐ伸ばす。左右交互に。

■色・・・・・ピンクなど明るい色に接する

■深呼吸・・・・・・深呼吸はインナーマスルを鍛えるのとリンパの流れを促進します