macken 健康 ケア
健康TOP/健康関係の本/ダイエット/ビタミン/くすり/ハーブ/健康維持/ストレッチ/筋トレ

健康トップ

ダイエット

サプリ・ビタミン

血液をサラサラにしよう

くすり

ハーブ

健康維持

ストレッチ

筋トレ

健康関係の本

◇楽してダイエット

◇カルシウムとマグネシウムの関係

◇中性脂肪

◇コレステロール

◇クレアチン

◇ガルシニア

人気のサプリ、美容品

サントリー、サプリメント

ファンケル、スキンケア

DHC,サプリメント、美容品

モフモフP、おすすめサプリ

■美肌、美白、シミ防止■

クコの実、関連商品すべて

ハトムギ関連商品すべて

■代謝アップ、ダイエット、血液サラサラ、ぼけ防止、美肌

【オメガ3、サプリ】 

■目の栄養■


目の栄養★ブルーベリー

■スーパーフード■

ブラックシード(ニゲラサティバ) 最強の黒い種

 

ダイエット★人気ランキング

サプリメント★人気ランキング】 

◆定番


ウイダー★ホエイ
プロテイン
】 

コラーゲン


フルグラ】 

 

クリープの代わりに


チルミル】 

 

若返りセット【若返りビタミン★葉酸のサプリ

葉酸の多い食品 【焼き海苔】【レバー】【緑茶】【ごはんですよ】 【皮付きピーナッツ

長寿の酒【ワイン
つまみは【皮付きピーナッツ

過去の記事

2012index

2011index

2010

1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/

2009

1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12 /

2008年以前の日記

医療用の大麻、疾患別リスト

医療大麻は欧米先進国、カナダ、オーストラリアで解禁合法化中

since 2015/06

 

アクセスカウンター 

 

太らずキープするための健康とダイエット

・綺麗な水をたくさん飲む。体内を浄化する。体内の電気的なバランスを整える。乾燥から防ぐことで循環系と呼吸系を円滑にする。

・数秒間両手の親指をくっつけ、それぞれの親指をもう一方の手の平に軽く押し付け、クリスタルを設置し活性化します。あなたのハートに愛を感じ、その光が手から出て食べ物、飲み物に流れるイメージをします。 食品に感謝して、自分の最善の為に役立つようお願いし、あなた方が食するあらゆるものに光を与えている植物と動物に感謝の念を捧げましょう。

若さを保つ毎日の体操

■目・・・・・・目だけ動かして左右上下を3秒ずつ見る、顔は動かさない・両手の親指を左右前後に動かして目で追いかける・遠くと近くをすばやく焦点合わせ
■肩と肩甲骨・・・・・両手を背中側で組んで真直ぐ伸ばし胸を広げる。■水分・・・・日本茶を1日2杯以上飲む 
■骨盤体操・・・・肩幅で立ちフラフープのように、ぐるぐると回す。10回ずつ左右交互に適当回数。 
■足・歩く・・・・・つま先で20歩・大股で20歩・後ろ向きで20歩 ■腕・・・・・・椅子にすわった状態から机に肘だけで体を支え7秒静止する。
■体幹・・・・・・四つん這いから,右手と左足をまっすぐ伸ばす。左右交互に。 ■色・・・・・ピンクなど明るい色に接する
■鎖骨からマッサージ・・リンパの出口を緩めてから足のマッサージ ■深呼吸・・・・・・深呼吸はインナーマスルを鍛えるのとリンパの流れを促進する。

マイ定番・健康食品

わたしの毎日かかさず食べてるマイ定番フードを紹介します。

これらを適当に組み合わせて毎日食べてると元気いっぱいでいられますよ。

・野菜ジュース、ヨーグルト・・抵抗力アップ、アンチエージング、発酵食品は整腸作用。

・乾燥わかめ、食べる煮干し・・・ミネラルとカルシウム

・納豆・・・ネバネバで血液サラサラ、発酵系は整腸作用。

・ソーセージ・・・タンパク質は魚系中心で。

・ナッツ類、フルグラ・・・ビタミンで抵抗力高めます。アーモンドは血液サラサラ。

・ゴマ、ニンニク、ショウガ、ハチミツ・・血液サラサラ、抵抗力アップ、アンチエージング

太らずキープするための健康とダイエット

2015年その2

長風呂はダイエットに効果がない、肌がカサカサになる

ダイエットのために、お風呂に長く入ると

肌から、保湿成分の油分がお湯に溶けてしまい

お肌がカサカサになります。

水は、お風呂に入る前に飲むこと。

水分を飲まずにお風呂に長く入ると、熱中症になりやすく危険。

長風呂はダイエットに効果がない、肌がカサカサになる。

お風呂で眠るのは、意識がない状態になるので、溺れてしまい命にかかわることになる。

眠くなったらすぐに出ること。

 

食事、食材、避けたい組み合わせ

これは知らんかった

 

●ビオチンの吸収が阻害される
・納豆と生卵(卵白)
納豆に限りませんがビオチンを多く含む、大豆、牛乳、レバー、卵黄、ヨーグルト、鮭、にしん、トマトなどと生の卵白を一緒に食べると、生卵の卵白に含まれる「アビジン」が「ビオチン」の吸収を妨げます。
ビオチンは皮膚の機能性を高める働きがあります。
⇒卵白を加熱することで、ビオチン吸収の阻害を抑えられます。

●ビタミンCが破壊される
・大根と人参(人参に含まれる酵素「アスコルビナーゼ」が、大根に含まれるビタミンCを破壊)
・トマトときゅうり(きゅうりに含まれる酵素「アスコルビナーゼ」が、トマトに含まれるビタミンCを破壊)
⇒酢やレモンを加えることで、アスコルビナーゼを抑えられます。

●必須アミノ酸「リジン」が破壊される
・大根としらす干し
しらす干しに含まれる、必須アミノ酸「リジン」を、大根に含まれる「リジンインヒビター」が阻害し、体内への吸収を妨げる
⇒「リジンインヒビター」は加熱すると働きを抑えられますので、リジンを多く含む、かつお節、かつお、たらこ、ぶり、しらす、大豆加工品などと一緒に食べる際は、加熱調理した大根と食べるとリジンの吸収阻害がおさえられます。

・納豆とマグロ(生、赤身)
納豆(大豆)に含まれる「トリプシンインヒビター」がマグロに含まれる「リジン」の吸収を妨げる
⇒大豆は加熱すると「トリプシンインヒビター」の働きは抑えられます。納豆は生食になるかと思いますので、リジンを多く含む上記食品を別で摂取すると良いかと思います。

●カルシウムの吸収を妨げる
・ごまと豆腐
枝豆やごまに含まれる「フィチン」が豆腐に含まれるカルシウムの吸収を妨げる
⇒フィチンは玄米やごまなど穀類の外皮に含まれています。牛乳や乳製品に含まれている「カゼイン」は、鉄の吸収を高めフィチン酸の影響を弱くする作用がありますので「フィチン」を多く含む食品を食べる際は、カゼインを含む乳製品を摂取するか、別でカルシウムを摂取するのが良いかと思います。

・ねぎとわかめ
ねぎなどに含まれる「リン」が、わかめの「カルシウム」の吸収を妨げる
⇒リンを過剰に摂取することで、カルシウムの吸収を阻害するだけではなく、骨のカルシウムが溶出し、骨密度が低くなってしまう可能性があります。
リンを多く含む食品を摂取した場合は、カルシウムを多く摂るように心がけましょう。
尚、カルシウムはえび、煮干し、海藻など幅広い食材から摂取できるのが望ましいです。

●鉄分、カルシウムの吸収を妨げる
・ベーコンとほうれん草
ベーコンに食品添加物として含まれる「リン酸塩」が、ほうれん草に含まれる鉄分とカルシウムの吸収を阻害。
⇒「リン酸塩」を摂取しないようにするか、別の食品で鉄分、カルシウムを補給しましょう。

●鉄分の吸収を妨げる
・ゆで卵とほうれん草
ゆで卵に含まれる硫化水素が、ほうれん草の鉄分の吸収を妨げます。
卵焼き、目玉焼きやスクランブルドエッグは、調理の間に硫化水素が空気中に拡散されますが、ゆで卵は硫化水素が残りやすいのです。

・納豆とほうれん草
納豆に含まれる「フィチン酸」が、ほうれん草に含まれる「鉄」の吸収を阻害。
⇒フィチン酸は玄米やごまなど穀類の外皮に多く含まれています。牛乳や乳製品に含まれている「カゼイン」は、鉄の吸収を高めフィチン酸の影響を弱くする作用がありますので「フィチン酸」を多く含む食品を食べる際は、カゼインを含む乳製品と一緒に摂取するか、別で鉄分を摂取するのが良いかと思います。
ちなみに、胚芽内になる酵素「フィターゼ」は、フィチン酸を分解する働きもあります。発芽玄米はフィターゼが活性化しています。

●アルコールとニラ、レバー
ニラやレバーに豊富に含まれる「パントテン酸」。ビタミンCと併用で皮膚機能を高める作用もあるとされていますが、「パントテン酸」はアルコール分解にも使われるため、アルコールと一緒に摂取すると、「パントテン酸」の栄養吸収が妨げられます。
⇒カフェイン摂取でも「パントテン酸」が消費されますので、カフェイン、アルコールをよく摂取する人は、大目に「パントテン酸」を摂取できると望ましいです。

●アルコールと豚肉
豚肉などに含まれる「ビタミンB1」はアルコール代謝で消費されてしまいます。アルコールをよく摂取する人は、大目に「ビタミンB1」を摂取できると望ましいです。

出典

 

シラスと大根おろし、それだけではリジンが吸収されない、ポン酢をいれるとよい

 

リジン(リシン)はタンパク質の形成や免疫力の向上など健康維持に必須の栄養素です。
育毛的にも高い評価を受けているので 不足することは特に避けたいものです。

ところが大根おろしには、リジンの吸収を阻害します。

なので、そのままいっしょに食べると効果がありません。

そこで、ポン酢をかければ、大根おろしの酵素の働きを消すのでリジンは吸収されます。

 

インフルエンザワクチンには許容量の25000倍の水銀が含まれている

インフルエンドワクチンがまったく効かないどころか有毒であるとは、よく聞くが、また新たな記事がでてきた。

これは本当だろうか?
本当だとするとえらいこっちゃ。。

・・・・・・・・・・・・
http://mizu8882.blog.fc2.com/blog-entry-1179.html
より

インフルエンザワクチンには許容量の25000倍の水銀が含まれている

Flu vaccine contains 25,000 times more mercury than is legally allowed in drinking water
October 26, 2015By Ethan Huff

年中行事のインフルエンザ予防注射の列に並ぶ前に、知っておくべきことがある。

最近のNatural News 食 品研究所での試験の結果、妊婦、幼児、老人、などほとんどすべての人に勧められているインフルエンザワクチンの中に非常に 高いレベルの神経毒物質である水銀が含有されていることが発見された。

英国の製薬巨大企業である、グラクソ・スミス・クライン(GSK)が製造した1バッチの薬瓶には、51ppmの水銀が含有されて いることが分析の結果判明したが、これは環境保護庁(EPA)の水道水に関する規定上限値の25000倍である。

この衝撃的な発見は最新の高精度質量分析技術によって行われ た。
数百万の人たちが毎年インフルエンザワクチンの接種を受けるがこの危険な事実を全く知らされていない。

・・・・・・・・・・・

https://alignlife.com/articles/flu-vaccine-contains-25000-times-more-mercury-than-is-legally-allowed-in-drinking-water
より原文

Health Secrets) Before you line up for your annual flu shot, there is something you should know. Recent lab tests at the Natural News forensic food lab have found that seasonal flu vaccines, which are pushed on virtually everyone these days, including young babies, pregnant women and the elderly, contain outrageously high levels of neurotoxic mercury. Vials of batch flu vaccine produced by British pharmaceutical giant GlaxoSmithKline (GSK) were found to contain upwards of 51 parts per million of mercury, or 25,000 times the legal maximum for drinking water established by the Environmental Protection Agency (EPA).

This shocking discovery was made using advanced mass spectrometry technology with incredible accuracy, filling the gap left by the nation’s regulatory agencies that have failed to conduct this type of safety testing themselves. Millions of people are injected with flu vaccines annually, and most of them are completely unaware that one of the most toxic metals known to man is being implanted directly into their muscle tissue unabated.

“Mercury is one of the most poisonous substances known to mankind,” explained Dr. David Brownstein, a board-certified family physician and holistic medicine specialist, on his blog. “For over twenty years, I have been testing nearly every patient seen in my office for heavy metal contamination. … I have found that over 80% of my patients, both healthy and sick, have mercury toxicity.”

Pregnant women, young children and elderly encouraged to line up for mercury injections

Presenting this type of concrete data, which contradicts the official government position on vaccines, has sparked many venomous attacks from angry pro-vaxxers who insist that mercury is completely safe. Either that or they claim that mercury is no longer being added to vaccines, a detestable lie that continues to harm the most vulnerable among us, including innocent children.

You can see for yourself on the official drug insert for FluLaval, the flu vaccine evaluated by Natural News, that the vaccine does, indeed, contain mercury. The following quote is taken directly from RxList.com the so-called “Internet Drug Index,” proving that flu vaccines contained added mercury in the form of thimerosal:

“Thimerosal, a mercury derivative, is added as a preservative. Each 0.5-mL dose contains 50 mcg [micrograms] thimerosal ([less than] 25 mcg mercury). Each 0.5-mL dose may also contain residual amounts of ovalbumin ([less than or equal to] 0.3 mcg), formaldehyde ([less than or equal to] 25 mcg), and sodium deoxycholate ([less than] 50 mcg) from the manufacturing process.”

And yet, even with all these added contaminants, pregnant women, the elderly and young children are prodded to get jabbed every year by health authorities. Never mind that each of these ingredients is a known neurotoxin, not to mention the fact that formaldehyde is a known cause of cancer — just line right up and get your flu shots, because the government says they’re good for you!

The mercury double standard continues to ravage public health

The irony in all this is that the government now admits that mercury is toxic, at least when it comes from other sources. The Obama administration, is on a crusade to shut down all coal power plants, using the excuse that they blast heavy amounts of mercury into the atmosphere. And official government warnings tell pregnant women to avoid mercury from canned tuna.

But what about the mercury still being used in vaccines and dental fillings? Why is mercury exposure from these sources completely safe, according to the government, but mercury in food and smokestacks should be avoided?

日焼けをしたくなければ黒い服

日焼けをしたくなければ、暗い色の服を着るのが正解です。

色が濃いほど、光を遮断する力が強くなります。

透明の眼鏡より、黒いサングラスのほうが、 光を遮りやすいのと同じです。

明るい色ほど紫外線を通しやすく、暗い色ほど紫外線を防ぐ効果があります。

紫外線を防ぐのなら、茶や紺など、暗い色がおすすめです。

最も防ぐ効果が強いのは、黒です。

黒は、熱を吸収しやすいため暑苦しく感じますが、日焼け防止には一番です。

「日焼けをしたくなければ、明るい色より暗い色」と覚えておきましょう。

帽子も日傘も、明るい色より暗い色が効果的です。

こちらより

ソルビトール

ソルビトール (sorbitol) はグルコースを還元し、アルデヒド基をヒドロキシ基に変換して得られる糖アルコールの一種。ソルビット (sorbit) またはグルシトール (glucitol) ともいう。甘味があり、食品添加物などに用いられる。

バラ科ナナカマド属 (Sorbus) の植物から発見された糖アルコールのため、ソルビトールと命名された。

バラ科の植物は、光合成産物のデンプン篩管を通じて転流するときに、デンプンの加水分解で生じたグルコースをソルビトールに変換する。スターキングデリシャスなど、リンゴの品種の一部では、果実内に転流してきたソルビトールを、グルコースやフルクトースといった糖に変換する代謝系が果実の成熟に伴って停止しても、果実内へのソルビトールの転流は継続する。そのため、果実内の維管束周辺にソルビトールが蓄積していわゆるリンゴの「蜜」と呼ばれる半透明部分を形成し、果実の成熟の指標となる。

発がん性の危険は?

動物実験でラットに対して、子供のころからD-ソルビトールを10%と15%含むエサで4世代にわたって育てたが、異常は現れなかった。(渡辺雄二著:食品添加物の危険度がわかる事典より引用)

 

トランス脂肪酸の含有量の多いワースト5

米食品医薬品局(FDA)はトランス脂肪酸の原因となる油脂の使用を3年後までに全廃することを決めました。

トランス脂肪酸は、トランス型不飽和脂肪酸とも呼ばれ、人工的に水素を付加して硬化させた製品を製造する過程で発生します。身近なところでは、マー ガリンやショートニングに多く含まれます。アメリカではこれらの油脂をパン、ケーキ、ドーナツ、スナック菓子などに広く使っていた経緯があります。

トランス脂肪酸を一定量摂取するとLDLコレステロール(いわゆる悪玉コレステロール)が増加し、心疾患のリスクを高めるという認識が広がりました。それを受けて2003年以降はトランス脂肪酸を含む製品の使用を規制する国が増えています。

トランス脂肪酸の含有量の多いワースト5は以下の通り

ワースト1位はマリンフードの「ツキマルゴールド 8g」(6.5%)。同社は給食用の商品が多く、同商品も学校で使われているとみられる。

2位は 雪印の「バター仕立てのマーガリン140g」(6.0%)、

3位はイオンの「トップバリュ キャノーラソフト 紅花 160g」(5.3%)と「テーブルソフト べに花」(5.3%)で同順位、

5位は生協の「べに花ハーフ」(4.1%)だった。

 2〜5位は、「バター」「べに花」がキーワードとなっており、一見トランス脂肪酸が少なそうだが、実は多いという点が興味深い。これらワースト5は、パン3〜5枚ほど食べると基準値オーバーのレベル

 

トランス脂肪酸含有量3.0%以上】

・マリンフード「メンドーテルポーション 6g」(4.0%)
・同「ガーリックマーガリン 80g」(3.2%)
・雪印「ネオソフト コクのあるバター風味280g」(3.0%)
・同「テイスティソフト バターの風味 濃厚300g」(3.0%)
・同「ネオソフト キャノーラハーフ160g」(3.0%)
・同「ネオソフト ハーフ」(3.0%)
・同「ネオソフト べに花」(3.0%)
・同「ヘルシーリセッタ ソフト」(3.0%)
・生協「ケーキ用マーガリン」(3.0%)

 これらはパン5〜7枚程度で基準値オーバーとなる。

【トランス脂肪酸含有量1.0%以上3%未満】

ローソン「マーガリン ローソンセレクト」(1.9%)
・イオン「シュガートースト ソフトクリーム」(1.71%)
・雪印「まるでバターのような やわらかソフト(チューブタイプ)140g」(1.4%)
・ホテルオークラエンタープライズ「ホテルオークラ マーガリン180g」(1.0%)
・金谷ホテルベーカリー「金谷ホテルマーガリン」(1.0%)
・J-オイルミルズ「NEW! カルピスソフト」(1.0%)
・同「ラーマ バター好きのためのマーガリン」(1.0%)
・同「ラーマ バターの風味」(1.0%)
・同「ラーマ」(1.0%)
・同「ラーマソフト減塩」(1.0%)
・同「ラーマ プロ・アクティブ」(1.0%)
※J-オイルミルズは含有量をすべて「1%前後」と回答したので1.0%に統一した

 これらは、基準値に達するにはパン10〜20枚必要で、パンのみでオーバーすることはないだろう。ただし、他の食品とトータルでオーバーしないよう気をつけなければならない。そのためには、トランス脂肪酸の含有量の表示を義務づける必要がある。

【トランス脂肪酸含有量1.0%未満】

・丸和油脂「ホテルソフトファットスプレッド 380g」(0.9%)
・同「ホテルソフト(バター入り) 150g」(0.9%)
・マリンフード「ソフトマーガリン150g」(0.8%)
・雪印「ネオソフト」(0.8%)
・生協「バター入りマーガリン」(0.8%)
・同「コーンソフト バターの風味」(0.7%)
・イオン「トップバリュ テーブルソフト 320g」(0.7%)
・小岩井乳業「小岩井 マーガリン 醗酵バター入り 180g」(0.68%)
・リボン食品「低糖工房 有機のマーガリン160g」(0.6%)
・イオン「トップバリュ セレクト 発酵バター入りマーガリン160g」(0.6%)
・マリンフード「たらこスプレッド 150g」(0.6%)
・同「ガーリックマーガリン 160g」(0.6%)
・同「はちみつシュガーバターブレンド 160g」(0.6%)
・同「ホイップガーリックソフト120gシュリンクタイプ」(0.6%)
・同「ホイップガーリックソフト 120g カートンタイプ」(0.6%)
・同「私のフランス料理 150g」(0.6%)
・同「私の胡麻いっぱいスプレッド 160g」(0.6%)
・同「私のフレンチトースト 160g」(0.6%)
・同「キューブマーガリン 7g」(0.6%)
・雪印「まるでバターのようなマーガリン」(0.6%)
・同「ケーキ用マーガリン」(0.6%)
・創健社「べに花ハイプラス マーガリン180g」(0.5%)
・帝国ホテル「ホテルマーガリン」(0.5%)
・月島食品工業「パン屋さんのおいしいマーガリン」(0.5%)
・同「プラスマーガリン」(0.5%)
・マリンフード「ツキマルシルバー 8g」(0.5%)
・同「フレッシュマリンマーガリン 8g」(0.5%)
・同「フレッシュマリン植物性マーガリン 8g(小袋)」(0.5%)
・同「フレッシュマリンマーガリン 8g(小袋)」(0.5%)
・生協「コーンマーガリン(コーン油<遺伝子組換え原料不使>70%使用」(0.5%)
・キユーピー「いちご&マーガリン 約11g」(0.4%)
・同「はちみつ&マーガリン 約11g」(0.4%)
・同「ブルーベリー&マーガリン約11g」(0.4%)
・イオン「トップバリュ キャノーラソフト バター風味ソフト160g」(0.4%)
・創健社「発酵豆乳入りマーガリン160g」(0.4%)
・生協「コーンマーガリン」(0.4%)
・同「NEWソフト」(0.4%)
・同「コーンソフト バター入り」(0.4%)
・小岩井乳業「小岩井 マーガリン ヘルシータイプ180g」(0.34%)
・マリンフード「ツキマルシルバーホイップマーガリン 5g」(0.3%)
・イオン「トップバリュ キャノーラソフト カロリー1/2 180g」(0.23%)

http://biz-journal.jp/2015/07/post_10696_3.html

認知症の対策、2ステップ

認知症のうたがいがあるときは以下の手順

1. 脳外科でMRIで、脳のチェックをする。

水がたまるなどの外科的要因で認知症が起きていることもある。

それはMRIでチェックすればわかるので、そのときは、外科的治療で治る。

2. 神経内科で症状を遅らせる薬を処方してもらう

最近は、たくさんの薬があるので、 神経内科の先生と相談して薬を決めてもらいましょう。

染み抜き、魔法の液体の作り方

たいていのシミ抜きに使える液体の作り方

重曹(酸素系)と、漂白剤、中性洗剤を以下の割合で溶かします。

 

タオルの上にシミのついた衣服をのせて、

歯ブラシで軽くたたきます

タオルにシミがしみ出して行きます

 

水洗いNGのものには使わないこと。

 

 

■デミグラスソースなど、油の表皮がついたシミには、以下、中性洗剤と水を1対1で。

■インクには、消毒用アルコール

 

 

 

 

■口紅には、メイク落とし

 

 

 

アロマのダイエット効果3つ

 

●(1)食欲を正常に整える

ストレスが溜まると食欲が落ちたり、逆に過食に走ってしまうことがありますよね。精油の心地よい香りやトリートメントにはリラックス効果があり、気持ちを安定させて食欲を正常に戻してくれます。

精油の種類によっては、消化を促進させる効果や、内臓のはたらきを活性化させる効果、ホルモン分泌を調整する効果が期待できるものも。不調や気持ちに合わせて香りを選べば、ダイエット効果を格段に上げることができますね。

●(2)運動効果をUPさせる

最近では、運動前後のストレッチやヨガなどにもアロマテラピーが取り入れられています。心地よく落ち着いた気持ちになることで呼吸が深まり、集中力がUP。

運動前に利用すれば、集中力をUPさせて運動効果を増加させることができますし、運動後に筋肉の緊張をほぐす効果のあるアロマを利用することで、疲労回復を促進することが可能です。心地よい気分になれる上に、運動効果までUPするなんてお得ですよね。

●(3)睡眠の質を高める

睡眠前の緊張状態は、不眠や睡眠の質の低下につながります。「夜寝る前にリラックスできない」「なかなか寝付けない」そんな場合は、香りのリラックス効果を利用することも賢い方法の1つ。

 

★アロマテレピー

 

タバコと放射性物質

タバコってある意味、放射性物質をばらまいているのとよく似てる。

自分と他人のすべてに害を及ぼす。

タバコをやめれば次の地球にも乗っかっていけると思う。

タバコを吸う人が健康について語るほど説得力のないことはない。

 

なぜに朝のすがすがしい空気を吸わずにタバコの煙を吸いたがるのだろう。

そして、朝のすがすがしい空気にタバコの煙を混ぜてしまう。

タバコを吸うことも大気汚染のひとつの原因であるだろう。