macken 健康 ケア
健康TOP/健康関係の本/ダイエット/ビタミン/くすり/ハーブ/健康維持/ストレッチ/筋トレ

健康トップ

ダイエット

サプリ・ビタミン

血液をサラサラにしよう

くすり

ハーブ

健康維持

ストレッチ

筋トレ

健康関係の本

◇楽してダイエット

◇カルシウムとマグネシウムの関係

◇中性脂肪

◇コレステロール

◇クレアチン

◇ガルシニア

人気のサプリ、美容品

サントリー、サプリメント

ファンケル、スキンケア

DHC,サプリメント、美容品

モフモフP、おすすめサプリ

■美肌、美白、シミ防止■

クコの実、関連商品すべて

ハトムギ関連商品すべて

■代謝アップ、ダイエット、血液サラサラ、ぼけ防止、美肌

【オメガ3、サプリ】 

■目の栄養■


目の栄養★ブルーベリー

■スーパーフード■

ブラックシード(ニゲラサティバ) 最強の黒い種

 

ダイエット★人気ランキング

サプリメント★人気ランキング】 

◆定番


ウイダー★ホエイ
プロテイン
】 

コラーゲン


フルグラ】 

 

クリープの代わりに


チルミル】 

 

若返りセット【若返りビタミン★葉酸のサプリ

葉酸の多い食品 【焼き海苔】【レバー】【緑茶】【ごはんですよ】 【皮付きピーナッツ

長寿の酒【ワイン
つまみは【皮付きピーナッツ

過去の記事

2012index

2011index

2010

1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/

2009

1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12 /

2008年以前の日記

医療用の大麻、疾患別リスト

医療大麻は欧米先進国、カナダ、オーストラリアで解禁合法化中

since 2016/05

アクセスカウンター 

 

 

太らずキープするための健康とダイエット

・綺麗な水をたくさん飲む。体内を浄化する。体内の電気的なバランスを整える。乾燥から防ぐことで循環系と呼吸系を円滑にする。

・数秒間両手の親指をくっつけ、それぞれの親指をもう一方の手の平に軽く押し付け、クリスタルを設置し活性化します。あなたのハートに愛を感じ、その光が手から出て食べ物、飲み物に流れるイメージをします。 食品に感謝して、自分の最善の為に役立つようお願いし、あなた方が食するあらゆるものに光を与えている植物と動物に感謝の念を捧げましょう。

若さを保つ毎日の体操

■目・・・・・・目だけ動かして左右上下を3秒ずつ見る、顔は動かさない・両手の親指を左右前後に動かして目で追いかける・遠くと近くをすばやく焦点合わせ
■肩と肩甲骨・・・・・両手を背中側で組んで真直ぐ伸ばし胸を広げる。■水分・・・・日本茶を1日2杯以上飲む 
■骨盤体操・・・・肩幅で立ちフラフープのように、ぐるぐると回す。10回ずつ左右交互に適当回数。 
■足・歩く・・・・・つま先で20歩・大股で20歩・後ろ向きで20歩 ■腕・・・・・・椅子にすわった状態から机に肘だけで体を支え7秒静止する。
■体幹・・・・・・四つん這いから,右手と左足をまっすぐ伸ばす。左右交互に。 ■色・・・・・ピンクなど明るい色に接する
■鎖骨からマッサージ・・リンパの出口を緩めてから足のマッサージ ■深呼吸・・・・・・深呼吸はインナーマスルを鍛えるのとリンパの流れを促進する。

マイ定番・健康食品

わたしの毎日かかさず食べてるマイ定番フードを紹介します。

これらを適当に組み合わせて毎日食べてると元気いっぱいでいられますよ。

・野菜ジュース、ヨーグルト・・抵抗力アップ、アンチエージング、発酵食品は整腸作用。

・乾燥わかめ、食べる煮干し・・・ミネラルとカルシウム

・納豆・・・ネバネバで血液サラサラ、発酵系は整腸作用。

・ソーセージ・・・タンパク質は魚系中心で。

・ナッツ類、フルグラ・・・ビタミンで抵抗力高めます。アーモンドは血液サラサラ。

・ゴマ、ニンニク、ショウガ、ハチミツ・・血液サラサラ、抵抗力アップ、アンチエージング

太らずキープするための健康とダイエット

2016年5月

女性の5大不調は「こり・目の疲れ・冷え・疲れ・アレルギー」「季節の変わり目に不調を感じる」31.7%「不調は自然のもので治したい」80.8%

 

体調管理は“自然派”が主流に。「体の不調は自然のもので治したい」80.8%

「体質改善・強化のために何かしている」57.0%

以上抜粋↓こちら↓

http://www.sankeibiz.jp/business/news/160517/prl1605171116060-n1.htm

 

 

ホウレン草やレタスなど青菜類とカシスが緑内障の予防によいらしい

厚生労働省の調査(2008年)では、失明した人のうち、緑内障の割合が20.9%にのぼり、日本緑内障学会の大規模疫学調査「多治見スタディ」によれば、推定患者数は400万人、40歳以上の20人に1人が発症。『緑内障の最新治療』(時事通信社)の著者で、彩の国東大宮メディカルセンター眼科部長の平松類氏によれば、日本人の失明原因の1位は緑内障だという。

 そんな緑内障ではあるが、最近では、最近では予防に効果があるとされる食品が明らかになってきている。

 今年1月、米ハーバード大学医学部とブリガム&ウィメンズ病院の共同研究チームが興味深い研究結果を発表した。ホウレン草やレタスなど青菜類を毎日食べると、緑内障になるリスクが減るというのである。研究を主導したブリガム&ウィメンズ病院のジェヒ・カン医師がいう。

「青菜類を最も多く食べていたグループでは、最も少なかったグループに比べ、緑内障リスクが20〜30%低減していました。緑内障患者は視神経への血流が悪くなっていますが、青菜類には血流を良くするとされる硝酸が多く含まれているので、それでリスクが下がったのだと考えられます」

 日本でも緑内障予防に関する様々な研究が行なわれているが、中でも注目されているのが最近、健康食品として話題の果物のカシスだ。前出・平松氏はこう語る。

「札幌医科大学の緑内障患者に対する臨床試験で、2年間にわたって毎日カシスを摂取した人とそうでない人では緑内障による視野障害の進行に2倍の差があったという結果が出ています。カシスに含まれるカシスアントシアニンという抗酸化物質は神経へのダメージを抑え、血流を改善することから、進行の抑制だけでなく予防にも効果があると考えられる」

http://news.biglobe.ne.jp/trend/0515/sgk_160515_2907317881.html

★楽天で価格チェック【カシスのサプリ】