macken 健康 ケア
健康TOP/健康関係の本/ダイエット/ビタミン/くすり/ハーブ/健康維持/ストレッチ/筋トレ

健康トップ

ダイエット

サプリ・ビタミン

血液をサラサラにしよう

くすり

ハーブ

健康維持

ストレッチ

筋トレ

健康関係の本

◇楽してダイエット

◇カルシウムとマグネシウムの関係

◇中性脂肪

◇コレステロール

◇クレアチン

◇ガルシニア

人気のサプリ、美容品

サントリー、サプリメント

ファンケル、スキンケア

DHC,サプリメント、美容品

モフモフP、おすすめサプリ

■美肌、美白、シミ防止■

クコの実、関連商品すべて

ハトムギ関連商品すべて

■代謝アップ、ダイエット、血液サラサラ、ぼけ防止、美肌

【オメガ3、サプリ】 

■目の栄養■


目の栄養★ブルーベリー

■スーパーフード■

ブラックシード(ニゲラサティバ) 最強の黒い種

 

ダイエット★人気ランキング

サプリメント★人気ランキング】 

◆定番


ウイダー★ホエイ
プロテイン
】 

コラーゲン


フルグラ】 

 

クリープの代わりに


チルミル】 

 

若返りセット【若返りビタミン★葉酸のサプリ

葉酸の多い食品 【焼き海苔】【レバー】【緑茶】【ごはんですよ】 【皮付きピーナッツ

長寿の酒【ワイン
つまみは【皮付きピーナッツ

過去の記事

2012index

2011index

2010

1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/

2009

1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12 /

2008年以前の日記

医療用の大麻、疾患別リスト

医療大麻は欧米先進国、カナダ、オーストラリアで解禁合法化中

LINK

消費者庁「健康や栄養に関する表示の制度 」

 

since 2017/04

アクセスカウンター

 

 

 

 

太らずキープするための健康とダイエット

・綺麗な水をたくさん飲む。体内を浄化する。体内の電気的なバランスを整える。乾燥から防ぐことで循環系と呼吸系を円滑にする。

・数秒間両手の親指をくっつけ、それぞれの親指をもう一方の手の平に軽く押し付け、クリスタルを設置し活性化します。あなたのハートに愛を感じ、その光が手から出て食べ物、飲み物に流れるイメージをします。 食品に感謝して、自分の最善の為に役立つようお願いし、あなた方が食するあらゆるものに光を与えている植物と動物に感謝の念を捧げましょう。

若さを保つ毎日の体操

■目・・・・・・目だけ動かして左右上下を3秒ずつ見る、顔は動かさない・両手の親指を左右前後に動かして目で追いかける・遠くと近くをすばやく焦点合わせ
■肩と肩甲骨・・・・・両手を背中側で組んで真直ぐ伸ばし胸を広げる。■水分・・・・日本茶を1日2杯以上飲む 
■骨盤体操・・・・肩幅で立ちフラフープのように、ぐるぐると回す。10回ずつ左右交互に適当回数。 
■足・歩く・・・・・つま先で20歩・大股で20歩・後ろ向きで20歩 ■腕・・・・・・椅子にすわった状態から机に肘だけで体を支え7秒静止する。
■体幹・・・・・・四つん這いから,右手と左足をまっすぐ伸ばす。左右交互に。 ■色・・・・・ピンクなど明るい色に接する
■鎖骨からマッサージ・・リンパの出口を緩めてから足のマッサージ ■深呼吸・・・・・・深呼吸はインナーマスルを鍛えるのとリンパの流れを促進する。

マイ定番・健康食品

わたしの毎日かかさず食べてるマイ定番フードを紹介します。

これらを適当に組み合わせて毎日食べてると元気いっぱいでいられますよ。

・野菜ジュース、ヨーグルト・・抵抗力アップ、アンチエージング、発酵食品は整腸作用。

・乾燥わかめ、食べる煮干し・・・ミネラルとカルシウム

・納豆・・・ネバネバで血液サラサラ、発酵系は整腸作用。

・ソーセージ・・・タンパク質は魚系中心で。

・ナッツ類、フルグラ・・・ビタミンで抵抗力高めます。アーモンドは血液サラサラ。

・ゴマ、ニンニク、ショウガ、ハチミツ・・血液サラサラ、抵抗力アップ、アンチエージング

太らずキープするための健康とダイエット 2017年4月

 

先進9カ国はすでに「医療大麻」を認可

http://healthpress.jp/2017/01/post-2796.htmlより

 日本で大麻(マリファナ)は、嗜好用はもちろん、医療用であっても、輸入も所持も使用も禁止されている。世間的にも、麻薬や覚醒剤と同じで「ダメ絶対!」の扱いを受けている。

 しかし世界に目を向けると、大麻(マリファナ)に関しては、麻薬や覚醒剤とは一線を画す新たな潮流が生まれている。
大麻「解禁」が今の世界の潮流?

 今春、カナダでは、なんと「娯楽用の大麻」が全面解禁される。つまり、嗜好品としてマリファナを合法で吸えるのだ。また、アメリカでも大麻の合法化は加速化しており、すでにコロラド州など8州と首都ワシントンD.C.で、嗜好用大麻が解禁されている。

 こうした地域は、大麻好きには魅力的だ。ツーリスト相手の大麻観光が繁盛するし、さまざまな大麻グッズも売れる。アメリカなどはまさに今、<大麻ビジネス>に沸いているところだ。

 この波に便乗して、「大麻を吸えるレコード」まで登場した。「Slightly Stoopid(ちょっとおバカ)」というカリフォルニア出身のロックバンドが、『Dabbington』という大麻をテーマとした曲のリリースに合わせて、製作したものだ。

 大麻の喫煙を目的とした特殊なレコードなので、市場に出回るかはナゾだが、話題性は十分だ。

 これまでも、オランダをはじめ大麻合法国は少なからずあった。しかし、カナダやアメリカといった大国のムーブメントは、影響力が大きい。ここに至るまでの各国の事情はそれぞれあるものの、共通しているのは、医療大麻がすでに認められてきていたことだ。

 「医療効果はあるらしい」という世論があり、流通や商品としての取り扱いの下地があった上で、嗜好用大麻にも一定の理解が得られてきた模様だ。

 ただし、アメリカのドナルド・トランプ新大統領は、強硬な大麻反対論者であるアラバマ州のジェフ・セッションズ上院議員を司法長官に指名した。オバマ大統領も、大麻をアルコールと同様に扱うべきだと発言。

 対するセッションズは、今年4月に行われた上院のドラッグに関する公聴会で「(オバマの)最大の失敗の一つが手ぬるい大麻政策であることは明らかだ」と批判した。

 セッションズ上院議員が大麻関連の法規制を強化すれば、アメリカの大麻ビジネスはどうなるのか? 娯楽用大麻だけでなく医療用大麻にも規制が及ぶ可能性は否定できない。

 そのためトランプ大統領就任式では、大麻の合法化を擁護する団体が、2万ドル(約230万円)相当の大麻(2キロ弱)を使ったジョイント(大麻たばこ)を配布するデモンストレーションを行っている。
医療大麻は今や世界の常識

 医療大麻と一口にいっても、厳密には多くの種類がある。大麻に含まれる「植物性カンナビノイド」と呼ばれる成分が、治療効果を発揮するのだが、カンナビノイドは全100種類以上の成分の総称で、これらを症状別に処方するためだ。

 医薬品としては、イギリスの製薬会社の「サティベックス(Sativex)」が代表的だ。大麻抽出成分をそのまま含有することに成功し、副作用が少ないとして、現在、世界シェアを席巻している。

 先進10カ国(G10)の中で、サティベックスの販売(輸入)が許可されていないのは日本だけ。その他の9カ国は、2005〜2013年の間に、次々と販売認可されている。つまり、G10の中で医療大麻が認可されていないのは日本だけなのだ。

 このほか、ハーブ療法として医療現場で使われる場合もあり、研究段階も含めると、G10の10カ国の内、8カ国がハーブ療法に前向きに取り組んでいる。臨床現場では、医者が出す処方箋をもとに、薬局でハーブを購入する方法が多いようだ。

 先進国が次々と認める医療大麻は、痛みや痙攣、炎症を抑える効果が強く、240種類もの疾患に効果があるといわれている。広く知られているのは、がん性疼痛、糖尿病、うつ病、心的外傷後ストレス障害(PTSD)、自己免疫疾患、アルツハイマー、心臓疾患、腎臓疾患などだ。

 カンナビノイドの研究を目的とした日本臨床カンナビノイド学会の新垣実理事長(新垣形成外科病院理事長)は、「日本にはカンナビノイドが有効な患者がたくさんいます。患者には救われる権利があり、法律がその権利を妨げることはできません」と語る(SYNODOS:2016.01.26 )。

 

 

健食素材など「中間加工原材料」は“製造地”を表示

原料原産地表示で基準案 健食素材など「中間加工原材料」は“製造地”を表示

 消費者庁は先月27日、国内で製造されたすべての加工食品を原料原産地表示の義務付け対象とする「食品表示基準の一部を改正する内閣府令(案)」を公表、意見募集を開始した。

 改正基準案は昨年11月にまとまった有識者検討会の報告書を踏まえたもの。製品に占める重量割合が上位 1 位の原材料が義務表示対象となる。

www.kenko-media.com/health_idst/011265.html

ソニーのデジタル、コンタクトレンズは録画もできる

 

 

 

 

スマートコンタクトレンズ「Google Glass」

 

 

グーグルは2014年1月、糖尿病患者向けのスマートコンタクトレンズを発表した(日本語版記事)。小型マイクロチップによって涙から血糖値を測定できるものだ。

このスマートコンタクトレンズや「Google Glass」プロジェクトを率いていた人物(ババク・パルヴィズ)が7月中旬にグーグルを退社してアマゾンに移ったものの、スマートコンタクトレンズは現実のものになりそうだ。

『Financial Times』紙の報道によると、グーグルは、世界最大の製薬会社のひとつであるスイスのノバルティスと提携する。ノバルティスは、眼科領域に特化した傘下の企業アルコンを通じて、スマートコンタクトレンズのライセンス、開発、および商用化を行うという。アルコンは現在、「Dailies」「Air Optix」「Fresh Look」といったコンタクトレンズをつくっている。

グーグルとノバルティスには、スマートコンタクトレンズのアイデアが複数ある。ひとつめは、先述の血糖値監視レンズ。そしてふたつめは、近くを見るときと遠くを見るときの焦点切り替えが難しい人のための「オートフォーカス」レンズだ。ノバルティスによれば、この問題を抱えている人は17億人いる。ノバルティスのジョセフ・ジメネスCEOいわく「ヴィジョンケア界の聖杯」だ。

http://wired.jp/2014/07/18/google-and-novartis-hope-to-launch-smart-contact-lens-in-five-years/

ソニーのデジタル、コンタクトレンズは録画もできる