macken 健康 ケア
健康TOP/健康関係の本/ダイエット/ビタミン/くすり/ハーブ/健康維持/ストレッチ/筋トレ

健康トップ

ダイエット

サプリ・ビタミン

血液をサラサラにしよう

くすり

ハーブ

健康維持

ストレッチ

筋トレ

健康関係の本

◇楽してダイエット

◇カルシウムとマグネシウムの関係

◇中性脂肪

◇コレステロール

◇クレアチン

◇ガルシニア

人気のサプリ、美容品

サントリー、サプリメント

ファンケル、スキンケア

DHC,サプリメント、美容品

モフモフP、おすすめサプリ

■美肌、美白、シミ防止■

クコの実、関連商品すべて

ハトムギ関連商品すべて

■目の栄養■


目の栄養★ブルーベリー

■スーパーフード■

ブラックシード(ニゲラサティバ) 最強の黒い種

 

ダイエット★人気ランキング

サプリメント★人気ランキング】 

◆定番


ウイダー★ホエイ
プロテイン
】 

コラーゲン


フルグラ】 

 

クリープの代わりに


チルミル】 

 

若返りセット【若返りビタミン★葉酸のサプリ

葉酸の多い食品 【焼き海苔】【レバー】【緑茶】【ごはんですよ】 【皮付きピーナッツ

長寿の酒【ワイン
つまみは【皮付きピーナッツ

過去の記事

2012index

2011index

2010

1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/

2009

1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12 /

2008年以前の日記

医療用の大麻、疾患別リスト

医療大麻は欧米先進国、カナダ、オーストラリアで解禁合法化中

since 2015/01

アクセスカウンター 

 

 

太らずキープするための健康とダイエット

 

ワクチン、予防接種、まとめ

 

インフルエンザの予防に効果がある方法

・日光浴、太陽光線を受ける、これでビタミンDができる。

・ふだんから運動などで抵抗力、免疫力を高めておく

・抵抗力をあげる食べ物を食べる。ネギ類、タマネギ、ニンニク、スパイス類、カレー、ネバネバ系の納豆、おくらなど、豆類、ナッツ類、野菜、フルーツ、キノコ類など。

・サプリメントでビタミンを補う。

・タバコは禁止

・酒は少量まで

・規則正しい生活

・十分な睡眠

・体を冷やさない。喉はとくに温かくする。マフラーなどで喉を温かくする。 寝るときは、首にタオルを巻くのも効果的。

 

 

インフルエンザ・ワクチンは効きません!

楽天ブックス【もうワクチンはやめなさい】より

関係者には常識です

 1.日本で接種が始まった当初から関係者にはわかっていました。効かないということが。

 2.効果がないので1994年には小中学生への集団接種も中止されてしまったほどです。

 3.効かないことは厚労省もわかっています。「流行対策がない」との批判を避けたいだけです。

 4.インフルエンザ・ワクチンは血液中にしか抗体を作れず、のどや鼻には抗体ができません。ウイルスはのどや鼻から入るから感染はまったく防げないのです。当然「家族や周囲の人や乳幼児にうつさない」ということも不可能です。

 5.インフルエンザ・ワクチンはもともと流行を予測して作られているだけ。そのうえに、インフルエンザ・ウイルスは日々猛スピードで形を変えるので効果は期待できません。

 6.インフルエンザ・ワクチンは、製法上、弱い抗体しか作れません。殺したウイルスの、さらにその一部だけを使って作るので、体内で増えず、ウイルスの一部に対する抗体しかできません。

 7.高齢者の肺炎や乳幼児の脳症はインフルエンザとは無関係です。「かかっても重症化を防ぐ」も嘘。そのようなデータは全くありません。

 8.「打っておいたほうがいい」どころか副作用があるから怖いのです。死亡者も出ています。打たないほうが安全だし安心です。そもそもワクチンは病原菌なのだし薬事法上は劇薬です。接種にはもっと慎重であるべきです。

 9.効かないことを知っている医師も多いのですが、患者離れが怖いから言えないのです。

 10.インフルエンザ・ワクチンは儲かるからなくならないのです。皆さんも、マスコミやお友達の言うことを真に受けずに、この本で真実を知ってください。

 本書には次のようなことも書かれています。

 手洗い・うがいはじつはインフルエンザには効果がありません。ウイルスはのどや鼻の粘膜についたとたんに感染してしまうからです。対処法は日頃から健康に気をつけるだけ。
 自然にインフルエンザに感染したほうが、ワクチンとは比べ物にならないほどの強い抗体が作られます。多くの人が知らず知らずインフルエンザにかかっているのです。丈夫な体でいれば症状も軽くすみます。
 インフルエンザは2,3日寝ていれば自然に治る「かぜの一種」にすぎません。恐ろしい病気ではないのです。
 インフルエンザにかかっても熱を下げてはいけません。熱は体がウイルスと闘っている証です。
 解熱剤タミフル脳症の原因と疑われています。大人も打つのはやめましょう。
 2007年春の若者のはしか流行は、誰もがはしかワクチンを打つようになったせいで起きた皮肉な現象です。はしかのウイルスに接触する機会が減ったので、ワクチンで作られた抗体が強化される機会もなく、弱くなってしまうのです。ワクチンには「絶対」も「安心」もありません......。

母里啓子

楽天ブックス【もうワクチンはやめなさい】より

 

 

インフルエンザの予防接種、ワクチンで13人が死亡、ワクチンから水銀が検出、、

インフルエンザの予防接種で13人が死亡・死者数は増加中/イタリア

Flu vaccine kills 13 in Italy; death toll rises

2013年12月1日【Natural News】http://www.naturalnews.com/047841_flu_vaccine_death_toll_Italy.html#ixzz3KvJa5sdN

(NaturalNews)  イタリアで、ノバルティス社の製造したインフルエンザのワクチンを受けた人たちが死亡しており、死者数は現在13人にまで上っています(The Age:News.comおよびWAtoday.com.au より[1] [2] [3])。

「スイスの製薬企業ノバルティスが製造したインフルエンザの予防接種を受けた後に亡くなった方の数が13人に増えました」

亡くなった方は「ワクチン接種ご48時間以内に」死亡しており、イタリアの健康関連当局は、死者を出したと思われるワクチンのバッチに対し、局所的な禁止を命じています。

これはインフルエンザ予防接種は、同ワクチンの危険性を示す証拠が山積みにされ、毒性のある水銀が含まれているという事実があるにもかかわらず、100%安全であるという誤った見識を政府が持っているために起こったものといえるでしょう。世界中のメディアも通常、ワクチンの副作用や死亡については無視するのが一般的です。

今回の13人の死者に関するニュースについても、政府の公式な健康担当局は、次のように義務的に否定しています。

「イタリア医薬品庁(AIFA)は、パニックにならないよう警告を発し、またワクチンによって死亡したという証明がいまだになされていないことを強調しました」

ナチュラルニュースの実験室では、インフルエンザワクチンに水銀が含まれていることを確認

ナチュラルニュースの法医学的食品実験室(Natural News Forensic Food Labs)で、誘導結合プラズマ質量分析法(ICP-MS)を用いてインフルエンザの予防接種の分析を行いましたが、その分析官は、予防接種内に米国環境保護庁(EPA)が認めている飲料水内に含まれる水銀の量の2.5万倍の濃度の水銀が含まれていることを発見しました。[4]

http://ameblo.jp/wake-up-japan/entry-11960635842.html
より

 

インフルエンザや子宮頸ガンの予防接種を受けた人たちが死亡し続ける原因は?

多くのワクチンに水銀やアルミニウムが含まれてはいますが、これらの金属が一般的にワクチンに含まれている量を考えると、予防接種後48時間以内に人を死亡させる原因とは考えにくいものです。

インフルエンザ予防接種によって人が死亡しているというのであれば、可能性としてはワクチンの製造過程における品質管理が深刻なレベルで失敗したと考える方が妥当でしょう。

つまり、毒性のある金属が普通では考えられないような高濃度で混入した、あるいは致死性のあるウィルス株が適切に不活性化されずに使用された(それによって被害者を感染させた)可能性があります。

元メルク社勤務のウィルス学者であったMaurice Hilleman医学博士は、ワクチンにはしばしば、「偽装されたガンのウィルス」が含まれておりガンの原因となっていると何年も前に指摘しています。

1960年代〜70年代にかけて、アメリカで実施されたポリオワクチンの一大促進運動の間に、発ガン性のあるウィルスが含まれた予防接種を受けたアメリカ人の数は9,800万人に上ります。

疾病対策予防センター(CDC)はこの事実については公に認めていましたが、2013年には同センターのウェブサイトから削除されています。医学に関する歴史的事実を公衆から隠そうという目的でです。

ワクチン製造企業は、アメリカ国内では刑事免責が完全に、かつ法的に認められています。つまり、ワクチンによって被害を受けた国民が、民事裁判でワクチン製造企業を告訴することが認められないということです。

アメリカの最高裁判所では2011年、ワクチン製造企業に認められた法的な刑事免責は最高裁判所そのものよりも優先されるという判決を下しています。

実質的には、ワクチン製造企業に認められた前例のない法的保護がアメリカ合衆国憲法でさえ無効化させてしまったということです。

 

http://ameblo.jp/wake-up-japan/entry-11960635842.html

より

 

 

インフルエンザ・ワクチンは効かない

 

ピコ通信/第16号 より

 

 インフルエンザ・ワクチンは他のワクチンと違って、基本的にまったく効きません。

脳障害、脊髄障害というような害作用があるだけです。

今大阪大学の若手 研究者とともに、文献を調べ直して、まったく効かないという結論の本を出す予定です。

運動によって義務接種はやめさせましたが、体制科学なので簡単には抑 らえれません。

 アメリカでは、統計に子どもの副作用が出ていませんが、アメリカの医者に開いたところ、子どもの予防接種のガイドラインにインフルエンザが入っていませ ん。

危なくてできないというのです。

60歳以上の老人には、反応が鈍いため副作用が出にくいのでやっています。

 アメリカで、インフルエンザの患者にアスピリンを与えたらライ症候群という脳障害を起こすことが7、8年前にわかって、今はインフルエンザで脳炎を起こす人はいなくなりました。

日本では1,000人くらい死んでいますけれども、その情報を知らされていないからです。

解熱剤もよくありません。

 70歳以上の人はスペイン風邪の免疫記憶があるように、人間はあとになっても最初にかかった型の免 疫しかつくらないので、いくら新しいワクチンを接種しても効かないのです。

これを私は「初恋の想い出現象」と言っています。94年、WHOのヨーロッパの ワクチン研究センターが効果を調べた調査でも、ほとんど効いていません。また、インフルエンザの死亡率は直線的に低下していて、サルフア剤、抗生物質、ワ クチン、どれも死亡率低下には関係がありません。住環境や栄着がよくなったのが低下の要因です。
 インフルエンザにはまずかからないようにする、

かかったら徹底的に暖かくして治す。

国にどうこうしろというより、自分で対処すればよいのです。

1999年

 

 

子宮頸がんワクチンの副作用の内容

通常、抗原は単球、マクロフェージで内で分解され、抗体産生の免疫学的記憶のみが残ると考えられる。抗原が存在し続けるこ とは無いはずである。ガーダシルの場合、アジュバントの燐酸アルミニウムに吸着されたHPV-L1抗原は単球(免疫細胞)に取り込まれ、リンパ節に流れ込 み、脳に移動し、そこで免疫炎症反応をおこし、副反応をおこすと考えられている。

血管にHPV-L1抗原が存在することは、非常に不思議である。HPV-L1抗原(スパイク)は子宮頸部粘膜でなくて血管に非常に親和性がある?HPVウイルスそのものが血管にある?
そうならば、ガーダシルにより抗HPV-L1抗体が大量に過剰に作られるので、血管(内皮)に抗HPV-L1抗体が結合し、そこにリンパ球などの免疫炎症 (破壊)細胞が集まり、血管が炎症で破壊される。下のFigure-7,8を見れば血管炎が起こっていることは明らかである。

これだけでも、ガーダシルは非常に危険なものだということが言える。

ワクチン接種後の脳神経症状は急性散在性脳脊髄炎でおこるとばかり思っていたが、血管炎による脳梗塞も起こっているということを考えねばならない。そして、持続する激しい頭痛は神経痛によるものと考えていたが、血管炎によるものなのかもしれない。

http://satouclk.jp/cat11/

多摩市は、医療機関から国に届けられた副作用の報告を検討しました。
2つのワクチンのうち先に承認されたものの場合、接種回数全体の「0.02%」にあたる「984件」で、副作用があったと報告されています。
その中で重篤なケースは、意識消失や呼吸困難、心肺停止など、88件ありました。

http://www.nhk.or.jp/shutoken/ohayo/report/20130410.html

 

ワクチンである「サーバリックス 」と「ガーダシル」の2種類のワクチンについて、その副作用が インフルエンザワクチンに比べて、サーバリックスは38倍 そのうち重篤な副反応は52 倍、ガーダシルは26倍 そのうち重篤な副反応は24倍と大変 に大きいものである事を認めている。

副作用の内容は様々なようである。「歩行が出来なくなり、車いすに頼るようになった」「肋骨や骨盤、腕、足、耳の中などに痛みが出て、トンカチで殴 られているような激痛に襲われ ようになった」「数字が数えられなくなり、自分の名前も分からなくなった」「睡眠障害がひどくなり毎日が修羅場だ」といった、重度の被害が 被害者連絡会の下にはすでに200件以上寄せられている。

接種によって不妊症になるのではないかと心配されている子宮頸ガンワクチンであるが、そのワクチンには2種類あり、2009年に 発売されたのが「サーバリックス」ワクチンで、11年発売が「ガーダシル」ワクチンである。接種者数はサーバーリックスが253万人、 ガーダシルが31万人と前者が圧倒的に多い。

http://www.y-asakawa.com/Message2013-1/13-message33.htm

 

若さを保つ毎日の体操

■目・・・・・・目だけ動かして左右上下を3秒ずつ見る、顔は動かさない・両手の親指を左右前後に動かして目で追いかける。

・・・・・遠くと近くをすばやく焦点合わせ

■肩と肩甲骨・・・・・両手を背中側で組んで真直ぐ伸ばし胸を広げる。

■水分・・・・日本茶などを1日2杯以上飲む

■骨盤体操・・・・肩幅で立ちフラフープのように、ぐるぐると回す。10回ずつ左右交互に適当回数。

■足・・・・・つま先で20歩歩く・大股で20歩歩く・後ろ向きに歩く

■腕・・・・・・椅子にすわった状態から机に肘だけで体を支え7秒静止する。

■体幹・・・・・・四つん這いから,右手と左足をまっすぐ伸ばす。左右交互に。

■色・・・・・ピンクなど明るい色に接する

■深呼吸・・・・・・深呼吸はインナーマスルを鍛えるのとリンパの流れを促進します

健康関係☆売れ筋ランキング

健康食品 】【 ダイエット

コンタクト用品】【 健康用品

福祉・介護用品 】【 医薬品

スキンケア 】【 メイクアップ

メイク雑貨 】【 男性用化粧品

香水 】【 ネイル

ボディケア 】【 ヘアケア

バス用品 】【 美容器具

入浴剤】【口臭予防

体臭予防

楽天ブックス【もうワクチンはやめなさい