グランツーリスモSPORT、予約特典付き

グランツーリスモ6・中古、新品】 

INTRODUCTION

購入直後から最初のレースまで

GT6の良い点と改善要望

オススメのクルマ

CAREER MODE

入門

エンジョイカップ

国内Bクラス

国内 B級ライセンス

フレッシュマンカップ

クラブマンカップ

シティトライアル

・・

ミッションレース

コーヒーブレイク

GTオールスターズ

国内A級ライセンス

国内Aクラス

クラブマンカップ

ナイトマスターズ

ゴルナーグラート

GTナショナルチャンピオン

シュワルツ・ヴァルド

イタリアン フェスティバル

レーシング E

・・

ミッションレース

コーヒーブレイク

国際B級ライセンス

4WDチャレンジ

国際Bクラス

ツアー ジャパン

ツアー ヨーロッパ

GTオールスター

ダート

・・

ミッションレース

10minレース

コーヒーブレイク

国際A級ライセンス

国際Aクラス

15minレース

ドリームカーチャンピオンシップ

リアルサーキット

スーパーGT GT300

スーパーGT GT500

ワールドTC 550

ワールドTC600

グループGT3 チャンピオンシップ

GTワールドチャンピオンシップ

NASCAR

ライクザウインドゥ

・・

ミッションレース

ワンメイク

コーヒーブレイク

15ミニッツレース

レッドブル2014

スーパーライセンス

スーパークラス

ウィロースプリング 20mile

ルマン24

シルバーストーン10 LAP

アスカリ 10 LAP

スパフランコルシャン 24min

ニュルブルクリンク24min

アプリコットヒル

鈴鹿、10ラップ

ブランズハッチ、15ラップ

ミッションレース

スペシャルイベント

グッドウッド FOS-1

グッドウッド FOS-2

グッドウッドFOS-3

グッドウッドFOS-4, Fos-5

・月面ミッション

レッドブル・カート

X2014 ジュニア

シエラ タイムラリー

レッドブルチャレンジ

セナ トリビュート

シーズナルイベント

シーズナルイベント,index

セッティング

セッティング概要

車種別セッティング

路面別セッティング

サーキット 一覧

オリジナル、トラックエディタ

オリジナルコース攻略

マッピンク地図

その他

トロフィ

ビジョンGT

ディーラー

スバル

ガレージ(GT5)

ビジョン・グランツーリスモ

攻略☆動画




本体・周辺機器

ハンコンのすすめ

サラウンドのすすめ

ロジクールのハンドル

最新★サラウンド

since 2013/12

アクセスカウンター 

 

グランツーリスモ6,攻略,

GT6,攻略,国際Bライセンス,全5試験,ゴールド

以下、すべてトラクション・コントロールはゼロです。

IB-1
パイロン

ここは、アクセルをできるだけゆるめないことです。
もちろんブレーキは使いません。
クルマの方向を変えるとき
すこしだけアクセルをゆるめて
その瞬間にハンドルをできるだ少しだけ動かします。
パイロンの手前でアクセルオフです。

IB-2
S字
ここは、S字の最初の左をつっこみすぎないことです。
リプレイ見ていて気づいたのですが、S字の出口の右コーナーはRがゆるやかなんですね。
それに気づかず、この走行は、ブレーキを踏みすぎていて、ハンドルも左に切りすぎています。
出口がゆるいというイメージで走ればさらにタイムアップ可能と思います。

IB-3
複合コーナー

この車は、オーバースピードでつっこむとリヤがめっちゃすべります。
特に最後の峠の向こうの右コーナーは下りですのでスピンやコースアウトしやすいです。

最初の左はアウトから入るとどうもオーバースピードになるのでセンターから入ってみました。
そこからインベタのあと、
つぎの右は気持ちはインベタで、すこしクリッピングポイントを奥にとるかんじ。
出口の右のパイロンの横を通過するイメージ。
いまだに正解のラインがわかってませんがゴールドは取れました。

IB-4
ここは、ラインはアウトインアウトで簡単なんですが、
スピードが求められます。
自分のゴーストと比較しながら走り改善していきました。
全体的に言える事は、できるだけアクセルをゆるめないことです。
いつも少しはアクセルを開いているようにします。
そのためには、右足でアクセルを開いたまま左足でブレーキを踏むというテクニックも有効でした。
最後の右コーナーはクリッピングポイントの向こう側が下りになっていて
アウトに膨らみやすいのでセンターインアウトみたいなイメージで走りました。

 

IB-5
ダート

ダートは好きなので楽しいです。
コースはトスカーナですのでGT5で走り込んでいる人には簡単なライセンスとも思います。

盛大にドリフトして遊んでいたら、そんなに簡単にゴールドは取れないです。
やはりタイムを言うのであればグリップに近い走りがよいです。
なのでちょっとスライド量を調整してゴールド取りました。
路面の砂利がない部分を走るとタイムがいいです。
砂利や草地は滑るのでタイムロスになります。

アクセルOFFからのドリフト中心で走ってます。

 

 

 

 

ちなみにダートの練習ならWRCシリーズが楽しくてオススメです。

WRC 3, FIA World Rally Championship (2013) 

・テクニカルなダートならアクロポリス、アルゼンチン、イタリア、メキシコなど

・高速なダートならフィンランド

・雪のスウェーデン、モナコ

・アスファルトならドイツ、フランスなど

ラリーはあらゆる路面があって変化に富んでいます。

たとえばフィンランドは高速、爽快なラリーです。

 

アクロポリスはとてもテクニカル↓

 


グランツーリスモSPORT、予約特典付き


グランツーリスモ6・中古、新品】 

GT6 グランツーリスモ6 TOP