グランツーリスモSPORT、予約特典付き

グランツーリスモ6・中古、新品】 

INTRODUCTION

購入直後から最初のレースまで

GT6の良い点と改善要望

オススメのクルマ

CAREER MODE

入門

エンジョイカップ

国内Bクラス

国内 B級ライセンス

フレッシュマンカップ

クラブマンカップ

シティトライアル

・・

ミッションレース

コーヒーブレイク

GTオールスターズ

国内A級ライセンス

国内Aクラス

クラブマンカップ

ナイトマスターズ

ゴルナーグラート

GTナショナルチャンピオン

シュワルツ・ヴァルド

イタリアン フェスティバル

レーシング E

・・

ミッションレース

コーヒーブレイク

国際B級ライセンス

4WDチャレンジ

国際Bクラス

ツアー ジャパン

ツアー ヨーロッパ

GTオールスター

ダート

・・

ミッションレース

10minレース

コーヒーブレイク

国際A級ライセンス

国際Aクラス

15minレース

ドリームカーチャンピオンシップ

リアルサーキット

スーパーGT GT300

スーパーGT GT500

ワールドTC 550

ワールドTC600

グループGT3 チャンピオンシップ

GTワールドチャンピオンシップ

NASCAR

ライクザウインドゥ

・・

ミッションレース

ワンメイク

コーヒーブレイク

15ミニッツレース

レッドブル2014

スーパーライセンス

スーパークラス

ウィロースプリング 20mile

ルマン24

シルバーストーン10 LAP

アスカリ 10 LAP

スパフランコルシャン 24min

ニュルブルクリンク24min

アプリコットヒル

鈴鹿、10ラップ

ブランズハッチ、15ラップ

ミッションレース

スペシャルイベント

グッドウッド FOS-1

グッドウッド FOS-2

グッドウッドFOS-3

グッドウッドFOS-4, Fos-5

・月面ミッション

レッドブル・カート

X2014 ジュニア

シエラ タイムラリー

レッドブルチャレンジ

セナ トリビュート

シーズナルイベント

シーズナルイベント,index

セッティング

セッティング概要

車種別セッティング

路面別セッティング

サーキット 一覧

オリジナル、トラックエディタ

オリジナルコース攻略

マッピンク地図

その他

トロフィ

ビジョンGT

ディーラー

スバル

ガレージ(GT5)

ビジョン・グランツーリスモ

攻略☆動画




本体・周辺機器

ハンコンのすすめ

サラウンドのすすめ

ロジクールのハンドル

最新★サラウンド

since 2013/12

アクセスカウンター 

 

グランツーリスモ6☆スペシャルイベント, グッドウッド FOS, 1

スペシャルイベント, グッドウッド FOS, 1-1

アルピーヌ A110 1600S '73.

このグッドウッドというコースはGT6になって初めて収録されたコースです。

最初はこのコース自体を知るのが先です。

道幅はせまく両側は芝生なのですが、このイベントでは芝生にでるとアウトです。

途中、レンガの壁に挟まれた狭いところがありますが、

ここらは光と影のコントラストでコースがわかりにくいです。

何度か走って体で覚えるしかないでしょう。

このイベントでは壁に少しなら接触してもOKのようです。

このクルマ、アルピーヌ A110 1600S '73.は、バネが柔らかくてロールが大きい。

乱暴に乗るとコーナーの切り返しなどで、おつり(揺り戻し)が来ます (ー∇ー;)

アクセル、ブレーキ、ハンドル操作はゆったりとがいいです。

最終コーナー左はノーブレーキでいけます。

その手前の右コーナーは、まだ見切れてないのですが、もう少し速く走れそうです。

トラクション・コントロールは、0です。

 

アルピーヌ A110 1600S '73.

総排気量:1605cc; 最高出力:140ps(147ps)/6000rpm(6500rpm); 最大トルク:---kgfm(16kgfm)/---rpm(5000rpm); 駆動形式:RR; 全長:3850mm; 全幅:1520mm; 全高:1130mm; 車両重量:715kg

 

GT6,スペシャルイベント,グッドウッド FOS 1-2, X-BOW R'12,ゴールド

このX-BOWというのは、むき出しのカートの兄貴分みたいなクルマです。

車体が軽いせいか、かなりクイックなハンドリングで、最初ちょっと慣れるまで時間がかかりました。

アクセル、ブレーキ、ハンドルを雑に扱うとすぐスピンします。

最初の右ですが、ここにツッコミすぎると急ブレーキ、急ハンドルになってコースアウトになりますので、ここは要注意。

画面では2速推奨マークがでますが、2速だとトラクションがかかりすぎて扱いにくいので3速で走っています。

3速の方が、その後のスピードの乗りもよいです。

その後の長い直線の後の左コーナーが次の難関です。コースがちょっと右に曲がってから左に直角っぽくなっています。

ここは、まだラインを読めてないのですが、とりあえずスローイン・ファストアウトを心がけました。

そして直線があり、そのつぎのS字に向かって両側にレンガの壁が迫っているので気を使います。

S字を抜けると広くなり少しだけ直線。

そして、また壁と壁の間の右カーブ、ここは、広いところから狭くなるので意外と難しく感じます。

壁への少しの接触はOKでした (ー∇ー;)

そこからゴールまではノーブレーキでいけます。

 

 

KTM X-BOW(クロスボウ)

そのアグレッシブなスタイルとスポーツ性能をもって、X-BOW はKTM史上初の4輪車であるに留まらず、ライトウェイトスポーツカーに革新をもたらした1台と言えよう。それは何よりもその設計コンセプトにある。 KTM 初の4輪自動車として Audi(アウディ)や Dallara(ダラーラ)の技術支援を受けながら先端素材やテクノロジー、そして50年もの歴史の中で培ったノウハウが惜しみなく注がれている。

 その結果生まれたのが、公道を走る車でありながら生粋のレーシングテクノロジーを併せ持つ X-BOW なのである。X-BOW には F1 で採用されるカーボンファイバーモノコック構造を取り入れており、軽量化を達成しつつも充分な安全性が確保されている。

 軽量な車重とAudi 2.0リッターTFSIエンジン(177kw/240hp)により、KTM X-BOW は既存のスーパースポーツカーを凌ぐ新たな地平を切り開いた。約790kgの車重は 0〜100km 加速を3.9秒で可能にし、コンパクトカー並みの燃費性能と排ガス基準をも達成している。

 X-BOW は単なるレーシングマシンではない。寧ろ純粋に走りを堪能したいドライバーのために X-BOW はある。余計な電子制御や快適装備などを一切廃した X-BOW はドライバーにピュアな走りを提供することだろう。

 

スペシャルイベント,グッドウッド FOS 1-3,ディーノ 246, ゴールド

このクルマはリヤが滑りやすいことぐらいを注意すればゴールドは取りやすい。
1-2のほうが難しかった。

 

なんなくゴールド

プレゼントカーはロケットでした。 

 


グランツーリスモSPORT、予約特典付き


グランツーリスモ6・中古、新品】 

GT6 グランツーリスモ6 TOP