テニスストリートTOP

基本技術・練習

ストローク
ボレー
サーブ
リターン
スマッシュ
練習ドリル

戦略

テニスの戦略
メンタルタフネス
試合の朝に見るページ
引き出し

テニスのための体作り

体作りindex
ストレッチ
毎日の筋トレ
テニスの食事
熱中症の予防
サプリメント
プロテイン
半月板損傷回復
テニスエルボー
インナーマスル
トレーニング器具

テニスグッズ

ラケット
ガット
シューズ
コンプレッション・インナー
ボール
サングラス
テニスの本
アンクルウェイト
その他テニス用品

グッズ購入履歴

etc

Profile
テニスプレーヤー
テニス・リンク集
・TIPS

BackNumber

2013年
2012年
2011 年
2010年
2009年のテニス01/02/03/04/05/06/07/08/09/10/11/12
2008年以前

おすすめ

プロテイン


プロテイン, ウイダー
プロテイン,ザバス】 

テニス肘、ドクターエルボー

ボレー

・手首のV字をキープする。

・横向き

・前でさばく

 

基本編

ボレ、ローボレー、ハーフボレー、ハイボレー、ドロップショット

応用

 

サーブアンドボレーでの1stボレー。またはサービスライン付近でのボレー,

ハイバックボレー

ドライブボレー

ダブルスでのドロップボレー

●ネットに詰めてからのボレーは、踏み込みながら、鋭角、または相手のバックにきめる。

●攻めのボレー

チャンスボールに対しては攻めのボレーで決める。

攻めのボレーは足を踏み込む。インパクトの位置は、一歩踏み込んだぐらいの位置。

インパクトの位置をかなり前方にイメージして、そこにラケットを一直線に移動する。自然と足がついていき、結果的に踏み込んだボレーが完成する。

このときラケットを引いてしまうと振り遅れてしまい、ボールはアウトする。

●守りのボレー

ネットに出たけど強烈なボールが返ってきた。こういうときは、とりあえず守りのボレーでひとまず形勢を立て直す。

守りのボレーは踏み込めないので、ブロックすることだけを考える。

しっかり脇を締めて、インパクトでグリップを握りしめる。相手のボールの勢いに負けないようにする。できればフォロースルーをつけて方向を安定させる。

●テイクバックしないこと

ボレーの極意はテイクバックしないことにつきるだろう。

テイクバックする癖が付くと、インパクトの場所がズレやすくなる。
またインパクトのずれを手首の力で調整しようとするので、手首に怪我をしやすくなる。

●クロスにアングルボレーするときは、ラケットを垂直にする。

●逆クロスへのボレーはラケットを水平に寝かせる。

●ゆるいボールが来た時の注意点は、しっかりと足を使って踏み込むこと。

★おすすめテニス通販↓↓自分的にはこれらの店がオススメ↓↓
アドwebショップ激安品がゴロゴロしてます。ラケットのコメントも充実

KPIテニス 価格だけならここが一番安いかも。いろいろキャペーンあり

アートスポーツ「ジャンル賞受賞店」ラケット選びの解説が充実。 TENNIS24100種以上のガット、ラケット+ガット+張り代、送料無料
テニスマックスコメントは一番充実。試打ラケ無料、TOALSON半額 ショッブ一番newモデルが30%OFFから、ガットも激安 エディラケット人気ランク。1円オークション、50%OFFラケットなど

中古はこちら→【中古テニスマーケット